So-net無料ブログ作成

2007/09/15 安良里黄金崎 [ダイビング 西伊豆]

今回は西伊豆ツアー。初日は、安良里黄金崎。
天気予報は40%の確率で雨。
実際、東京を出て土肥までは、雨が強くなるばかり。
それでも、黄金崎神話(何故かここだけは晴れている?)を信じ、目的地到着。
はたして???
空から日の光が!!やはりここは黄金崎!!
予想通り(裏切り?)、見事な晴天、やった~~~!!!

今日の最初の写真はこれ、大きな”ハナタツ”
ハナタツ

2枚目は、今日の宿「心ばせの宿 とみや」 の夕食
ヒラメを中心に、イカ、テナガエビ等の刺身の船盛。キンメの煮付け。イセエビにカニ。さらにはタイしゃぶ。

実は、これが食べたくて雲見に行くって話も・・・
あまりの量に、毎回食べきれないほど、堪能しました・・・

ここからが本題、まずは1本目から・・・

台風11号の遠いうねりの影響か?やや波が入るが、エントリーには問題無し。
浅瀬はさすがに透明度が悪いが、砂地に降りれば若干はマシに。
驚いたのは、白砂で明るいイメージの黄金崎だが、今回は茶色のまだら模様。
やはりこれは、前回の台風9号の影響?かなりの土砂が流れ込んだようだ。

それでも、常連達は逞しく僕らを迎えてくれる
最初は、黄金と言ったらこいつ、”ネジリンボウ”

透明度が今一なのと、まだ人に慣れてない個体らしく、近寄れずにこんな写真に。

砂地の住人は、”トビヌメリ”

まだまだ小さな個体

こいつも常連、”マダイ”

特にこいつは、眉毛をつけてかなり偉そう?

ロープ伝いに砂地を進むと、ケイソンの金具周辺に”キンセンイシモチ”のコロニー

さらに進むと、こりゃなんじや?空き缶が岩にくくられて、黄色い奴がちょろちょろ
こいつも黄金じゃ代名詞、”ミジンベニハゼ”
ミジンベニハゼ
よく人馴れして、見事なモデルを務めてくれる

ほら、この通り、どアップもOK

ゴロタとの境へ戻り、やや深場を目指す
まだ小さな”クロホシイシモチ”が群を成し

”スズメダイ”が大挙して岩場に張り付く、どうやら産卵行動らしい

続いては、今日のトップ写真”ハナタツ”
かなり大きな個体で、動きも活発。
ソフトコーラルの間を頻繁に移動、って僕らから逃げてるだけか?

最後に、安全停止を兼ねて、岩場を丁寧に散策すれば、
居た居た、まだ小さな奴らだが、良く見ると結構何匹も。

分かるよね、ツッパリ君、”コケギンポ”だね。

2本目は、さらに透明度が下がり気味。
人もかなり入って、先ほどのハナタツ周辺は人だらけ。
しかも、かなりの人数が探しているにもかかわらず、どこにも見当たらず・・・
さすがに疲れて家にこもっちゃったのかも・・・、ちょっと反省、ゴメンネ!!

砂地の”ヒラメ”は激痩せの個体、動きも鈍く、かなりかったるそう。

お~い、大丈夫か、お前・・・

葉っぱの陰から頭を出すのは、小さな”トラギス”

お、こっちの”ネジリンボウ”は、かなり図太そう

みんなの被写体として楽しませてくれたね










nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

SAKANAKANE

私も、黄金崎に着いたら雨が上がって陽が・・・と言う事が1度ならず有りました。
タツは見事ですね~。
ミジンベニも大サービスですね。
コケギンポもカワイイですね。
ヒラメは本当に、大丈夫かって感じですね。
by SAKANAKANE (2007-09-21 02:17) 

ryo

久々の黄金崎でしたが、本当に不思議ですよね、ここの天気は。

いつもの白い砂を思っていたら、泥まみれなのには驚きましたが、
相変わらずここの魚は、人馴れしてるのが多く、楽しく撮らせてくれました。
このハナタツは本当に立派で撮りがいがありましたよ。
by ryo (2007-09-21 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。