So-net無料ブログ作成

20070929 土肥 [ダイビング 西伊豆]

20007/09/29(土) 土肥
曇り空、風強し。写真は、この日の夕食「こあじ鮨」。

安良里の”八起”にて、カサゴ汁セット、2,000円也。

で、今日の海の写真はこいつ、

ヤツシハゼハゴロモハゼsp”、
クサハゼに似ているが、体や鰭の配色に違いが・・・。
1ショット目は持ちこたえてくれたが、2ショット目には退散。

それでは、ここからがこの日の日記、
1本目は沈船Ⅱから

エントリー直後、こんな浅瀬に”セミホウボウ”が、

でも、この大きさになるとちょっと可愛げが・・・

ロープ沿いに沈船に向かうと、次に居たのがこいつ

”ハリセンボン”。最近は伊豆でも当たり前になってきちゃったね。

で、イカの産卵礁がわりの木には、この時期定番、
数的にはまだちょっと寂しいけど・・・、ムレハタタテダイ。
葉っぱに隠れている”マハタyg”の方が数が多いんじゃ???
ここ数年、年々、マハタとコブダイが急激に増えているような・・・

沈船はネンブツダイの群に混じり、”サクラダイ”が数匹。
濃い赤の、オスらしき奴と、オレンジ系の雌・・・、
が、良く見ると、背中に黒点?つまり雌雄中間体。ここは多いよね。

さらには、キンギョハナダイがアタック、これは威嚇それとも・・・。

沈船を離れ、ケーソンへ。
ここには、今年ずっとこいつが居てくれる。

”ビシャモンエビ”

こっちは正面ショット。
ケーソンの深い側のムチヤギについているが、こちら側は特に泥が舞いやすい。
一度上がると・・・。奴にとってはこれが狙い目なのか?

土肥と言えば、泥地=ハゼの棲家。
この時期、いろんな奴らが・・・
まずは、今日の一枚の”ヤツシハゼsp”
図太いのか、図太くないのか?初めの一枚は微動だにせず。
次の一枚では素早いこと・・・

こいつも撤収はかなり敏速?

”ヒレナガハゼ”、今まさに撤収中。

次はこいつ、水深20m程でよく見る。比較的図太く、撮りやすい。

”ユカタハゼ”。だが、こいつはさらに別格。
20cm程に近づいて、バシャバシャとっても「カエルの面にションベン」状態。
お前、長生きできないかも・・・

それから、こいつ。
そこら中でピョンピョンと、泥の上を飛び跳ねるように逃げ回る。
サビハゼとはちょっと違った風貌。

どうやら”ヒメハゼ”のよう。こんなにたくさん居たっけ?

ほら、ここにも”マハタyg”発見。やっぱり増えてる・・・

最後は、ステージ脇に居ると言う、カエルウオを探して・・・
探して、探して・・・、結局居たのはこいつ

”イソギンポ”。ステージ脇、水深は-30cm。
マスクに水が入ってくるよ~。

2本目は、のんびり浅瀬を通り崎の壁まで。
途中、ネジリンボウなんかも居るはず。
が、見つけたのはこいつ、

”コケギンポ”。相変わらずのツッパリ風貌。

こいつは、全身を出して、海水浴?

そろそろ、撤退の気配。あ、というまに、自分の巣穴へ。

今日の壁の収穫はいま一つ。
定番のオルトマンワラエビに、やけにノコギリヨウジが目立つ。
小さな穴の中で、チョロチョロ動き回る奴が、
体長1cm程、とても今の僕の目では捉えきれず、

で、良く見てみると、”イソカサゴ”の超ミニサイズ。
な~んだといやそれまでなんだけど、やっぱり小さいのは可愛い。

そして、こいつ、”クリアクリーナーシュリンプ”
ここで、この日参加していた人たちにお詫びを・・・
こいつはソリハシコモンエビの親戚でした、ちょっと勘違い。
オニカサゴに邪魔されて、写真撮ってないぞ。
だれか写真宜しく~!!!!!!!!

帰りの道すがら、ラッパウニをひっくり返しながら・・・
やった、発見、でも、小さ!

これでも立派?に”ゼブラガニ”

そして、本日の最後はこいつ、
ステージを登ろうとしたときのこと、はしごの裏に・・・
これこそカエルウオ???

ではなく、結局”イソギンポ”でした。
カエルウオは何処へ・・・



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

SAKANAKANE

土肥、素晴らしいですねぇ。ヤツシハゼもヒレナガハゼもユカタハゼも見た事無いんで、1度に見れたりしたら、狂喜しちゃいそうです。
これは、是非1度行かねば!
by SAKANAKANE (2007-10-03 01:36) 

ryo

SAKANAKANEさん、いつもnice,コメントありがとうございます。

土肥、良いですよ。
と言っても、実は土肥が楽しくなったのは比較的最近なんです。
初めのころは、泥は舞うは、視界は悪いは、魚はいないは・・・で、むしろ嫌いなポイントNo1だったかも。
ところが、最近、マクロ中心であまり移動しないパターンになると、居るは居るは、他ではあまり見ない奴らが。
水深20mの沈船には、アカオビハナダイやサクラダイが。
その先の泥地には、イッテンアカタチやアミウツボ、
後は泥地好きのハゼの宝庫、
イトヒキハゼ,ヒレナガハゼ,ユカタハゼ,カスリハゼ,ヤツシハゼsp等々。
泥さえ巻き上げなきゃ、かなり楽しめます。
土肥未経験でしたら、一度試してみてください。
その時はぜひ感想を!!
by ryo (2007-10-03 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。