So-net無料ブログ作成

20070930 八幡野 [ダイビング 東伊豆]

20007/09/30(日) 八幡野

今日は朝からあいにくの雨!
海も荒れ気味で、IOP・富戸・八幡野もすべて潜水注意!
気温も22~3℃と、11月上旬の寒い日!
しかも、野郎ばかりのムサイ一日!

でも、これだけ続くと、神様はちゃんと帳尻あわせを?
まず初めは、女の子の特別参加。
これで、ダークな世界に明るい花が。

2番目は、海に入ってからのプレゼント。
み、見える、ここしばらくで最高の透明度?
ついに海が回復し始めた・・・。

さて、それでは、今日の1本目から行きましょう。

エントリー直後、早速やってくれました。
毎年、いろんなところで幼魚の知らせを聞くツバメウオ系。

”ミカヅキツバメウオ”。yg=youngと言うには、ちょっと成長しかけ。
このまま大きくなって、年を越しそうな雰囲気すら・・・。

続いてのアイドルはこいつ、

”イロカエルアンコウ”。
エスカを振り上げ・・・、ってほど振り上げてはいないか。

たくさん食べて、こんなに、大きく成長しましたってか。

さらに進むと、こんなペアと遭遇。

”カミソリウオ”。大小関係は魚では大きい方が雌?

じゃ、こっちが雄かな?でも、魚の性別って簡単に変わるから・・・

ここしばらく、ずっと透明度の悪い中、久し振りの視界良好。
しかも、朝一番で入ったので、まだ人もまばら。
きれいな海は、やっぱり気分が良いよね。

エキジットのときも、”ツバメウオ”は人気者。
たくさん人が群がっている。
そろそろ人がたくさん入って来たぞ、今日の八幡野はかなりの人出に?

休憩時間を短めに、
今日は人も多くなりそうなので、ちゃっちゃと潜って後でゆっくりすることに。
ここで、ちょっとした事件が、
え、これって、

拡大!!

分かった?こんなところが破損!
でも、水は入ってこなかったんで、大丈夫ってこと?
7年、300本以上は付き合ってくれたマスクに感謝。
次は、カメラバージョンの黒かな。

2本目もスタートは、”ツバメウオ”が歓迎。
うまく人が少な目の時間に入れたようだ。
上を見上げると、”アオリイカ”の団体が歓迎?の踊りを披露。

続いては、”マアジ”の群が第2幕を引継ぎ。
ずっとこういう海が続いてくれるといいね。

岩の脇のソフトコーラルには、おなじみの紫の奴

”スミゾメミノウミウシ”が。
こいつの頭ってうまく写らないんだよね。

再び、”イロカエルアンコウ”、”カミソリウオ”を見て、
先ほどはスルーしてしまったこいつを見に、

”ウデフリツノザヤウミウシ”。通称「ピカチュウ」。
こいつは、かなり元気が良い。活発に動き回り楽しませてくれた。

そして、こいつ、お尻を跳ね上げ、これは威嚇?

”イソギンチャクモエビ”。
小さくて、動き回るので、写真に撮るのが一苦労。

岩の隅間を覗くと、相変わらず、サラサエビのお供を従え、

”ミサキウバウオ”。最近、こいつばっかりやん。

いえいえ、こっちの隙間にはイセエビ。
写真を良く見ると、その上の壁に”オオアカハラ”が。
これってマイナーすぎて分からないよね。

最後にこいつを発見

”アメフラシ”。こいつが今日の天気の元凶か?

マスクも無事持ち、2本目も終了、お疲れ様。

さあ、ここから、まだ帳尻あわせが、
いつも行く簡保の温泉に到着。空いていると思ったら・・・、お休み???
あ、明日から民営化???
で、急遽「高原の湯」2連荘。これは「-」?

続いて、27日に西湘バイパス開通に伴い、小田原厚木無料開放が終了。
これも「-」になるのかな??

「+」は帰りの高速、F1富士開催のアオリで、混雑を覚悟していたが・・・
不思議と全然スムーズ。まるで渋滞無く海老名まで。
しかも、深夜でもないのに、東名高速料金半額?
最近、夕方から夜の東名高速上り料金が半額になっている場合が多いのだが・・・

こ、これだ、「料金社会実験」
日曜日及び祝日に限定した割引。
入口対象ICの料金所または出口対象ICの料金所のいずれかを日曜・祝日20時~22時の間に通過。
※2007年8月25日(土)からは、土曜日の20時~22時の間に入口対象ICの料金所または出口対象ICの料金所のいずれかを通過するETC車も対象。
東名では、入り口IC:「静岡」~「厚木」、出口IC「横浜町田」~「東京」

やっぱり神様は、ちゃんと見ていてくれるってことかな・・・。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

和-nagomi

ryoさん、こんばんは。753です m(_ _)m

日曜日ってF1やってた日ですよね?
すっごく寒く無かったですか?!(°Д°;≡°Д°;)
でもいろいろ見れたみたいでうらやましいです。
ガマン勝ちでしょうか? f^_^;)

ツバメウオ、見れたんですね!
それに か、カエルアンコウもこんなにくっきりっ!
カミソリウオ、ワタシ、このあいだのI.O.Pのときに
写真、手ぶれしちゃって上手く撮れなかったんですよ。。。

つかなんですかっ!
ぴ、ぴかぢゅーじゃないですカっ!!!(`□´)
次のワタシのターゲットですヨっ!

う、うらやましくなんか、ないやい (`3´)
(※すげぇジェラシーです)
by 和-nagomi (2007-10-01 18:53) 

ryo

753さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

その通り「F1」の日で、寒かったし、帰りの渋滞も心配だったんです。
でも、前日から伊豆に居たので、帰るのも勿体無いし・・・。
おかげで、久し振りにきれいな海に潜れました。

ツバメウオは結構大きく成長し、堂々とロープ脇を泳いでました。
まだ当分居てくれそうです。
昨年は川奈にナンヨウツバメウオ、2003年には富戸でミカヅキツバメウオのygが。今年2月の土肥にもツバメウオが居ましたよ。
参考までに、私のHPのデータです。
http://diving.tank.jp/sports/fish/4actinopterygii/2neopterygii/27suzuki/87manjyudai/87manjyudai.htm

このイロカエルアンコウ、かなり大物です。見易いし写真にも撮りやすかったです。
カミソリウオも砂地ではなく、ちょっと高い位置に居て、写真も比較的撮りやすかったですよ。

ピカチュウは、居るよって言われていたのに、初めのころは全然見れなかったんです。
大瀬では団体で居るって言うし、IOPではだいたい決まった辺りにたくさん居るって言うんですよね。
で、去年の冬、DRYで潜ったとき初めて見てから、たまに遭遇するようになりました。
不思議なもので、1度見られると、その後は結構見られるんですよね。
最近、いろんな場所で出てるって聞いてます。
透明度も上がってきたので、これからがチャンス。ぜひ海へ!!
by ryo (2007-10-01 22:57) 

SAKANAKANE

マスク、何とかもって良かったですね。
ミサキウバウオって、よくいるんですか。口元がカワイイですねぇ。
>不思議なもので、1度見られると、その後は結構見られるんですよね。
そういう事って、確かに有りますよね。
by SAKANAKANE (2007-10-03 01:41) 

ryo

ちょうどシリコンがある部分で、水は止まっていたようです。
でもこれで、カメラ仕様のブラックマスクに代えるきっかけが・・・。

ミサキウバウオ、確かにここんとこ続きましたね。でもこれで3度目ですから、決して多いともいえないのでは?きっとたまたまでしょう。
なんせ、穴を覗く習性が付いているもんで・・・。(決して怪しいおじさんではありません。)

一度見て、形や生息場所を認識すると見つかり易いってのもあるらしいですね。後は見たことがあるっていう安心感かな?
ダンゴウオやウミテングなんかは、ずっと見られなかったのに、最近になってかなり見るようになりましたからね。居るのに見えて無い、って言うのが多かったんじゃないかって、最近思えるようになりました。
by ryo (2007-10-03 10:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。