So-net無料ブログ作成

20071124 IOP [ダイビング 東伊豆]

2007/11/24(土) 伊豆海洋公園ビーチダイビング

今シーズンは長い?まだウェットで潜っている人が大勢!!
かく言う私もまだウェット(ただし、ツーピース)。
実はドライは現在修理中。今月末には復帰予定。
来月になればドライの季節に・・・。

本日のIOPはこんな様子。

天気良好。風も無し。環境的には十分ウェットで潜れる陽気。
海も、ほとんど波無し。水温19度と絶好調。

さらには透明度も・・・。

とりあえず、さわりはこんな写真で。
これ以上は本文でIOP-BLUEを堪能して下さい。

まずは今日の1本目から

エントリー直後、やった~、この透明度!!
と言いつつ、まずはお約束の底ざらえ。
なんたって最初の写真はこいつ

”ケブカヒメヨコバサミ”。
見ての通りヤドカリです。
悲しい性か、どうしても首が下を向いちゃって・・・。

でも、本日の特記事項はBLUE。
なんせ、透明度がすごい。やっぱり今日の本命はこっちでしょう。
最初の一枚でも分かるように、このIOP-BLUEをとくとご覧あれ。

キビナゴの群が泳ぎ回る。

さらに激しく・・・。

そして近づき・・・。

ついにこんなところまで。

ここでハンター参上。

銀色の体に緑のライン。

これこそ、IOPを根城とする”IOPワカシ族”
どけどけ、ワカシ様のお通りだ~い!!!
と、どいちゃうと目的が達成できないんですけど・・・。

上ばっか見てると首が痛くなるので、また、いつもの様に壁にへばりつくと・・・
いましたよ、

”イロカエルアンコウ”。
こんなとこにベタッとへばり付いてて、一瞬、ベニかな?と疑惑が・・・。
でも、エスカ+第一背鰭棘の形+肌の荒れ具合等々、やっぱりイロと言うことに。

すぐ隣のカイメンにはこいつ

スケロク?ではなく”セホシウミタケハゼ”だと思いますよ。
こいつらはあまり動かないので撮影は楽な方・・・のはずなんだけど、
こいつ、結構動くぞ・・・。おい、ちょっとジッとしてろよな。

続いて、前回確認できなかったこいつ。

華麗(?)な変身を遂げた、黄クマこと”クマドリカエルアンコウ(白)改め(黄)”。
思ったほど大きくはなっていないが、色は見事に黄変、って言うか黄ばんだ?
透明度が良すぎて、僕のボートコート同様日焼けしたのか?ってぐらい。
ちなみに、以前はこんなんでした。

周辺を探していると、トラギスがこいつと追いかけっこ。

”セホシサンカクハゼ”。と言うか一方的に追い払われているようだが。
土肥では水深5m程にコロニーが。
しかしここ(IOP)では砂地が深いせいか、水深15~20mに。
全体にハゼ系などは深めに生息?

1の根クマノミ周辺のカミソリは行方不明。
岩の裂け目には、この時期多い(単に目に付くだけ?)のがこいつら

”スジコウイカ”。
こいつって旨いのか?

帰路も相変わらずの綺麗な海。魚も人も、これこの通り。

太陽の光が筋になって降ってくる。

空で言えば天使の椅子状態?
何かいいことあるかも!!!

上へ行ったり下へ行ったり、ちょっと忙しいですが、今度はこんなの

まだ小さな”イソギンポ”。

続いて大きなこいつ

”メバル”のどアップ。

今度は小さく、

”ウスイロサンゴヤドカリ”。って、かなりマイナーな世界に突入。

エキジット周辺で見つけたのがこいつ。

”イナズマベラ”。雷じゃなくて稲妻。ちょっと色が違うでしょ。
で、こいつ速いんだよね・・・。(苦しい言い訳・・・)

2本目は砂地へ。
若干透明度が落ちたものの、それでも十分綺麗な海。
なのに、やっぱり、結局岩の下を覗きこむんだよね。
あれ、こいつちょっと・・・

もっと違う種類かとも思ったんだが、”オニカサゴyg”ではないかと・・・。

で、今回こいつらが・・・。

”オオアカハラ”。かなりマイナーなヤドカリの仲間。
通常、水深1~5mに生息と言われている。
ここでは、2匹も同時に発見。しかも、岩を覗くたびに遭遇。
こいつって、こんなに頻繁に見るものだっけ?

さらには、

ここは水深20m。本来ならヨコシマカニダマシの領域のはずだが・・・。
でも、確かに”オオアカハラ”だよな・・・。
しかも、次から次に見つかるし、”オオアカハラ”の大安売り状態???

さっき1の根には居なかったが、こっちの奴は健在

”カミソリウオ”。
ペアで居たんだけど、写真のバランス上1匹はカット。ゴメンネ!!

砂地ではこいつ

”ホタテウミヘビ”。毎度!!

マアジの群発見。そしてこっちの群は

”ムツ”の群。

見上げると、キビナゴアタックは今回も。

行け~~

あっちだ!!

そろそろお開きの時間。
安全停止中の散策はお約束通りに。
ちょっと綺麗な貝殻を撮ったつもりが、他の住人が・・・。

”クロシマホンヤドカリ”。

エキジット寸前、前回もこいつを見た記憶が・・・。

”スズメダイモドキ”のような気がする。

そしてお疲れ様


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

和-nagomi

ryoさん、こんばんは。753です m(_ _)m
すごい、すごいじゃないですカっ!IOP BLUEッ!
ナチュラルライティングもばっちしですね (≧▽≦)b
とってもアーティスティックな青色です!
これだけ水がきれいだとワタシなら、魚を探すのももったいないって
思っちゃうかもしれません ( ̄▽ ̄;

黄クマんはまだ元気でしたか。
白いときと比較すると…「前の方が良くね?」って思っちゃいますケド f^_^;)
それとワタシ「イロカエル」と「ベニカエル」とか「オオモンカエル」とか
区別できません (>_<)
もうその辺はガイドさんだのみデス。。。Σ( ̄▽ ̄;

まだ水温の方はいい感じのようですね。本格的な冬が来る前にワタシも
もう一度、行きたいです (o>ロ<)o
by 和-nagomi (2007-11-26 21:25) 

ryo

>753さん。こんばんは。

いや~、東もやっと落ち着いてきましたね。
透明度も15m越え。
でも、西もかなり良さそうですね。
田子は20m越え?(ま、負けた・・・。って何競ってるんだ?)

黄クマは成長して不細工になり始めましたから、白クマ当時と比べるとちょっとかわいそうな気も・・・。

カエルアンコウって区別付きにくいですよね。
一応、エスカや第一背鰭棘の形で区別するんですが・・・。
ま、砂地を徘徊してたらまずカエルアンコウですが。
ソウシカエルアンコウ、見たこと無いんですよ。
田子にずっと居るそうで、来年まで居てくれないかな~。
by ryo (2007-11-26 23:14) 

SAKANAKANE

この土日は、伊豆は天候・海況共に恵まれましたよね。
キレイな海にホントに癒されました。私は大瀬に行ってきたんですが、記事にできるのは、いつの事になるのやらです。
ちなみに私は、へたった5㎜で、インナーもフードも無しです。
今日はまた、ヤドカリ系とは、思いっ切りマニアックな!私もこの辺りになると、全く分かりません。
キビナゴ、キラキラ感がしっかりと再現されていて、スバラシイです。
イロカエルアンコウは、ちょっと変わった感じがありますが、間違い無いでしょう。
クマドリ、本当に色が変わったんですね!?不思議ですよね。
イナズマベラは、珍しいですねぇ。
スズメダイモドキも、そうならスゴイですね。
マクロもワイドも充実でしたね。
↑ソウシ、田子にいるんですか!?私も見てみたい。
by SAKANAKANE (2007-11-28 01:42) 

ryo

>SAKANAKANEさん

本当にこの土日は、11月とは思えない陽気でしたね。
海の方はしっかり好調なので、本当に楽しめました。
大瀬の方もよかったみたいですね。
でも、SAKANAKANEさん、5mmワンピ?体調壊さないで下さいね。

ヤドカリ系マニアック。
この時期になると、こいつらが多くなるんですよね。
ま、確かに、魚が減りつつあることもあるんですが・・・。
覗き魔(岩の下です!!)としては、つい目に付いちゃって。

イナズマベラやスズメダイモドキといった流れ者も目に付きますよね。
そういえば、コガネキュウセンのygが居たのを思い出し、何で撮らなかったのかななんて、ちょっと後悔してます。

透明度抜群で、上見たり下見たり、忙しい日でした。
ユックリ写真撮ってっても置いていかれる心配もないし・・・。
後はもう少しワカシがうまく写ってくれてれば言うことなかったんですが・・・。

そろそろドライの季節ですね。
さすがに、次回はドライになると思います。
by ryo (2007-11-28 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。