So-net無料ブログ作成

2008/7/12(土) IOPダイビング1本目 [ダイビング 東伊豆]

2008/7/12(土)はIOPで2ビーチダイビング。

先週は金曜が透明度回復で期待されたにもかかわらず、土曜は撃沈しました。
今週も金曜は透明度アップ、はたして週末やいかに、という展開。
で、結果は、多少ゴミは目立つものの、かなり回復していることは確かです。
このまま回復して行ってほしいものですね。

気温は30度越え、天気はどピーカン、海はベタベタ、道路はガラガラと絶好のシチュエーション。
エントリー口も改修され、EN-EXが広くなり大幅改善です。
080712-01.jpg
さあ、本格シーズンの幕開けですよ。

外は真夏の太陽がギラギラと照りつけ、準備だけで汗だく。表層の水温は20度以上はあったと思いますが、エントリー直後の水の冷たさが気持ち良いです。ここで大事なのは透明度、水中を覗くと見えてはいるのですが、なにやらユラユラ。目がおかしくなったのか?ってそうではなく、水面下3mほどでサーモクラインが起こっているんですね。つまりすぐ下に冷たい潮が入っているって事です。透明度は期待できますよね。

現実は、見えてはいるものの浮遊物が多く白濁状態。それでも前回に比べれば格段の差ですけどね。これなら2の根まで行って楽しめるかもと移動を開始です。
中層ではマアジとイサキの群れがすれ違い[Photo2]、ネンブツダイやキンギョハナダイも沢山群れています。
1の根を超え、2の根方面に進むのですが、今回は冷たい潮が入っている割には、下の方が今一つ。白く霞がかかったような状態で、このまま進んでもあまり期待できそうに無いので、行くのを断念。クエ穴方面に引き返しました。

まずは最近人気のダンゴウオ君を探すことにします。といってもそう簡単には見つかってくれません。大体の場所は分かっているんですけどね。
赤い色は全然見つからず、やたらに青い色の奴らが見つかります。特にこのアオウミウシ[Photo3]。見事なほどそこらじゅうにボロボロと。こいつは特にでかかったので、ついつい撮ってしまいました。

そしてこっちの青いのは?サメジマオトメウミウシ[Photo4]ですね。オトメウミウシの仲間としては比較的一般的だそうですが、僕個人ではあまり見た記憶はありません。まあ、興味の問題と、大きさの問題がありますから、見ていないと言うより、見えていないというのが正解だと思います。
ちょっとここでカメラのセッティングを確認することに。まずは近づいて撮ると予想通りストロボが蹴られます。そこでライトで撮ると、やけに暗い。絞り優先でF8にしてストロボを強制にしていることが原因のようです。ストロボを未発光にするとちゃんと撮れます。プログラムモードにするかストロボを切る必要があるんですね。

次のミナミゴンベ[Photo5]は、その大きさから少し離れて撮るので、ストロボを強制発光に戻しました。結局、条件に合わせてその都度調整が必要ということですね。普段はプログラムのオートにしておき、必要に応じて絞り優先を使う方が良いようです。
それにしてもこのミナミゴンベはいつもこの辺に居ますよね。ここがテリトリーなんですね、きっと。

ダンゴ君はちょっと諦めて深場に行くと、カイメンの中でベニカエルアンコウ[Photo6]を発見。頭を先に突っ込んでさらに隠れようとしており、全然こちらを向けてくれません。かなりシャイなようです。

さらに深場では、例のムチカラマツにビシャモンエビ[Photo7]がいます。おや、以前は2匹居たのですが、今日はどうやら雄の方1匹だけみたいです。
今回は被写界深度が欲しいので絞り優先で行きます。ライトで撮るってことですが、ここで大失敗。この設定だとシャッタースピードが落ちるんですよね。つまり、こういう揺れる被写体の場合はストロボで撮った方がいいんです。こうなるとディフューザーを付けなかった事が後悔されます。あぁ、また堂々巡りに陥ってますよ。
結局、被写界深度を追い求めて手振れしてちゃ本末転倒ですよね。

再び上の方に戻ってダンゴ君を捜索。居ましたよ、もっと奥の方だったんですね。しかも彼(彼女?)、向こう向いちゃってます[Photo8]。これまでにもかなりの人が見に来ているようで、かなり迷惑そうです。
でも、本来ならもっと早くにどこかに行ってしまうはずなのに、この時期にも見られるってことが人気の秘密ですから、もうしばらくは賑やかな生活が続くと思いますよ。

何とかダンゴ君にも会えたので、後姿でも良しとしてそろそろ戻りましょうか。あまりノンビリしていると空気がなくなっちゃいますからね。
1の根を超えると、さすがに少し水温が上がってきますよね。
おや、こんなところにムラソイ[Photo9]がへばり付いています。そういえばこいつ、いつもこの辺で見かけますよね。この辺りが縄張りなんですかね。
IOPは、結構こういう住み分けがハッキリしてますよね。確かに、この辺りは釣り船も入ってこないですから、長老が多いのかもしれません。(勝手に納得)

安全停止中の散策も楽しい時間ですが、今回はあまり収穫はありません。メイチダイ[Photo10]が1匹目の前を通り過ぎて行きました。こいつの筋は出し入れ自由なので、筋を出していないと一瞬なんだか分からないんです。でも、このくらいの大きさだと出たままなので分かりやすいですね。

おやおや、ここの岩もアオウミウシに占領されていますね。こっちでは格闘中[Photo11]?もちろん皆さんにはもう説明は要りませんよね。

新しくなったエキジットは、かなり手前からスロープが固められています。これなら随分楽に上がれますよね。
でも浅場の魚が見られないのはちょっと残念な気もします。巣を追われた奴らも多いのでは?
と、勝手なことを言い出して、人間って本当に我がままですよね。
Photo2 イサキとマアジ
080712-02.jpg
Photo3 アオウミウシ
Hypselodoris festiva
080712-03.jpg
Photo4 サメジマオトメウミウシ
Dermatobranchus striatellus
080712-04.jpg
Photo5 ミナミゴンベ
Cirrhitichthys aprinus
080712-05.jpg
Photo6 ベニカエルアンコウ
Antennarius nummifer
080712-06.jpg
Photo7 ビシャモンエビ
Miropandalus hardingi
080712-07.jpg
Photo8 ダンゴウオ
Lethotremus awae
080712-08.jpg
Photo9 ムラソイ
Sabastes pachycephalus
080712-09.jpg
Photo10 メイチダイ
Gymnocranius griseus
080712-10.jpg
Photo11 アオウミウシ
Hypselodoris festiva
080712-11.jpg

2本目はジョー狙いで、出来ればもう一度、ダンゴ君の正面ショットが欲しいですよね。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

やまちん

コメント拝読いたしました。ありがとうございます。
スロープが整備されて便利になったようですね。
わたしがIOPに行ったのは1990年10月が最後になってました・・・。
わたしはワイドから接写まで、単焦点レンズを使ってます。
ryoさんはズームに何を使われるのでしょうか?
参考にさせていただきまので、レポートを楽しみにしています!

by やまちん (2008-07-17 00:27) 

ryo

>やまちんさん、こんばんは。

1990年!かなりのベテランさんなんですね。
当時はまだ、あまり環境も整っておらず、色々な意味でアドベンチャーだったと聞いています。すごいですよね。

ところでデジイチですが、私の場合、
お金が無い
大きいと邪魔
何でも片っ端から撮りたい
その上で、一眼の感覚で撮りたい
ということから、OlympusのE-410をやや大きめのコンデジの様に使っています。
現在は単焦点の35mmマクロのみで撮っていますが、大きな魚などは撮りにくいので、標準のズーム(14-42mm)を持ち込みたいんです。
最短で28mm(レンズ先端から15cm)程度まで寄れ、テレ側で名刺大まで拡大できます。アポロ工央という会社でギリギリ小さいポートとマクロフィルター用のアダプターが出ているので、これを改良(アダプターを利用し蓋と兼用に)してマクロ側をカバーするつもりです。
by ryo (2008-07-17 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。