So-net無料ブログ作成

2008/8/9(土) 伊豆海洋公園2ビーチダイビングVol.1 [ダイビング 東伊豆]

2008/8/9(土)は、伊豆海洋公園で2ビーチダイビングです。

お盆の休暇時期になり、さすがに帰省ラッシュが始まったようです。
その割には、前年までのやや混んだ土曜日並みの混雑と言うのが、やはり不景気を物語っているのでしょうか。
行きはいつもより1時間ほど余分に時間がかかりましたが、この時期としてはまあまあでしょう。

IOPは混雑しているのですが、思ったほどステージに人が居ません。
どうやら家族サービスのグループや家族サービス込みでダイビングに来ている人が多いようです。
天気は思い切り良好、海も静かなもので、これで透明度が良ければ言うことありませんね。

ではスタートの前に、今回の一枚から、
Photo1 ベニカエルアンコウ Antennarius nummifer
_080809_111438.jpg
実は、写真としては失敗作なんです。
相変らず、カメラのセッティングに頭を悩ませ、色々トライしている最中、マクロの近距離でストロボを焚き、露出オーバーしています。
逆にちょっと変わった雰囲気で良いかなって・・・。

透明度はかなり良いです。これで条件が揃いました。今日は楽しく潜れそうですね。

中層を泳いでいる”イサキyg”[Photo2]達が良く見えます。楽しそうに泳いでいる彼らですが、こういうときは中々近寄らせてくれません。結果、写真が遠くからになってしまいます。ま、それ以前に望遠系マクロレンズですから、離れないと全体が撮れないんですけどね。

この時点で、透明度が良いっていうのが少し分かってもらえたと思います。(さすがに冬場のような抜けはありませんよ)

そして、こちらのダイバーな人々[Photo3]
この距離の人たちが、これだけ写っていますから、やっぱり結構見えていると言えるでしょう。
みんな下を見ていますね。これからちょっと深めに行こうってところです。ゆっくりゆっくり、気をつけて潜降開始ですよ。
この写真の左下隅、ヒデのnewカメラです。10m防水ですからもしものときも安全ですね。

本日は大物は出払っているようです。ちまちまと小物を探すことにします。
最近”オルトマンワラエビ”[Photo4]がこういう穴の中に居るのを見かけます。居ちゃいけないって訳じゃないですが、こいつらはもっとこう開けた場所に居るってイメージが強いので、ちょっと違和感がありますね。
蜘蛛嫌いの人には非常に不人気なのですが、甲殻類で足が8本、確かに・・・。

ちょっと覗いた穴の中で何かが動きました。どうやらハゼのようですよ。
一応”ベンケイハゼ”[Photo5]と言うことにしておきます。正面からしか撮れなかったので、今一つ自信がありません。
なんせ、ライトを当てると引っ込むし、中々横から撮らせてくれないし、カメラがつっかえるし、さらにはライトがうまく当たらないし・・・。愚痴ばかりが出てきちゃいます。
でも比較的すぐに出てきてくれているようなので、次回又挑戦してみましょうかね。

”サメジマオトメウミウシ”[Photo6]です。
前回も同じ場所で見た記憶が有ります。でも一月も前ですよね?きっと別の個体でしょう。
実はこの大きさが今の課題なんですよね。近づきすぎると内臓ストロボが当たらないので、外付けを利用します。
今回は比較的うまくいったと思っていたのですが、これならF値をもう少し上げて被写界深度を稼げたはずですよね。折角の確認のチャンスを無駄にしました。

カイメンの奥で動くものがあります[Photo7]。水中ではエビが確認できましたが、種類までは・・・。
後で確認すると、どうやら”サラサエビ”ですね。もっと違う種類(ザラカイメンカクレエビとか)を期待したのですが、そう簡単には当たらないようです。そうは言われても、こいつにとっては「そんなの関係ねぇ」ですよね。残念でした。

帰りに”ハナタツ”[Photo8]を撮影しました。実は、今日最初はこいつを撮ったんですが、ある事情で非常に暗い画像になってしまいました。詳細は本文の最後で少し触れていますのでここでは割愛。
それにしてもこいつらはクネクネと体を捩ってうまく隠れます。カメラからはいつも後姿ばかりです。結構開けた場所に居るんですけどね。
あれ、そう言えば、今話題のシロは見当たりませんね。今日は休業のようです。

タナゴとランデブーしているのは”アカヒメジ”[Photo9]ですね。こいつは流れ者でしょうか?それとも根付きでしょうか?
南日本から南方に広く分布する種ですから、この時期は伊豆でもたまに見られますね。でも他に仲間が見当たらないと言うことは、やや南の方から黒潮に乗ってきたと考えるのが妥当ですよね。
それにしても、タナゴと群れるのは、やはりちょっと無理がありますよね。

エキジットに向かい進んでいると、空(?)から何やら舞い降りてくるものが・・・。
誰かに蹴り上げられたのでしょうか?”ミヤコウミウシ”[Photo10]ですね。一度大瀬崎のナイトで見た覚えがありますが、昼に見るのは初めてです。
ちょっと大型なので可愛いと言う感覚は少ないかもしれませんが、地味に綺麗です。でも良く見ると、色は地味ですが、造詣的には結構派手ですよね。

エキジットまで来ました。今のIOPはかなり手前からコンクリでスロープが作られています。
普段なら浅瀬の岩場に産卵に訪れる”クサフグ”[Photo11]ですが、こんなところをウロウロしています。
さすがにここで産卵するのはやめた方がいいと思いますが、彼らにとっては自分達のテリトリーに勝手に人間が入ってきているってことですから、いい迷惑ですね。きっと。
ある意味ごめんなさいですね。
Photo2 イサキygの群
Parapristipoma trilineatum
_080809_110800.jpg
Photo3 ダイバーな人々
_080809_110906.jpg
Photo4 オルトマンワラエビ
Chirostylus ortmanni
_080809_111253.jpg
Photo5 ベンケイハゼ
Priolepis cincta
_080809_111618.jpg
Photo6 サメジマオトメウミウシ
Dermatobranchus striatellus
_080809_112155.jpg
Photo7 サラサエビ
Dermatobranchus striatellus
_080809_112621.jpg
Photo8 ハナタツ
Hippocampus sindonis
_080809_113713.jpg
Photo9 アカヒメジ
Mulloidichthys vanicolensis
_080809_113858.jpg
Photo10 ミヤコウミウシ
Dendrodoris denisoni
_080809_114239.jpg
Photo11 クサフグ
Takifugu niphobles
_080809_114608.jpg


最後に、今日の言訳です。
最初に写真を撮ったのは、”ハナタツ”でした。しかし、その写真はありません。
何故かと言うと、ここしばらくのカメラ設定の悩みがまだ続いているからです。
ストロボと、絞り優先の兼ね合いが中々うまく摑めません。
外付けのYS25を強制的に発光させても、この場合は大きなF値では露出不足でした。
逆に、最初の写真のようにマクロで近いときにはオーバー。
まだまだセッティングにトライが必要のようです。
一つ言えている事は、水中では、かなり近いときは大きなF値が使えても、少し離れると一気に減衰するって事ですね。
現場で調整する難しさを痛感しています。陸上ならだいたい感でセット出来るんですよね~。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

和-nagomi

ryoさん、こんばんは。753です (^▽^)/
やっぱりお上手です!このベニカエルアンコウ、アートしてる雰囲気ですヨ!
ワタシはカメラまかせでライトも何も無しで撮ってるだけですからね。。。

あとウミウシ系は大好きですので「ミヤコウミウシ」nice!です!
多分ワタシ、見たこと無いなぁ。

I.O.P、道が混んでいてもポイントに人が少ないのでしたら。。。行ってみようかしらん?(※カレンダーを見ながら)
先日の川奈のあと、I.O.Pはもう少し後回しにして、去年久しぶりに行ってとても楽しかった「田子」を狙っていたのですが。。。

なぁーやぁーんーじゃーうぅーなぁーっ!!! ( ̄▽ ̄;
by 和-nagomi (2008-08-11 23:32) 

ryo

>753さん、こんばんは。

そして、ありがとうございます。
この写真ちょっと良いですよね!!!(怪我の巧妙です)
僕も結構気に入ってたりして・・・。

ミヤコウミウシは僕もまだ2度目、しかも昼間は初めてですから、大きい割にはあまり見ないんですよね。
色の割にはイメージが華やかで、好きなウミウシです。SF物の宇宙船を連想させるようなところも好きな理由かもしれません。

たまたま今回のIOPは家族連れが多かったようで、人口の割にはダイバーが少なかったように思います。
ただ、エントリーやステージの拡大が、そう錯覚させているだけかも知れないですけどね。
個人的には空いていると感じました。8月中はこんな感じなのかも知れませんね。
by ryo (2008-08-12 00:20) 

SAKANAKANE

確かに、この時期にしては、良い透明度のようですね。
ベンケイハゼ、ちゃんと撮れましたね~。羨ましいです。
白いハナタツが出ているんですか!?知りませんでした。
アカヒメジとか見つけると、嬉しくなっちゃいますよね。
ミヤコウミウシ、私は大瀬の明るい浅場で見たコトが有りましたが、部分的には結構キレイなんですが、大きいせいか全体的には、どちらかと言うとグロい印象になっちゃうんですよね。
カメラ、色々と難しいんですね。
by SAKANAKANE (2008-08-16 03:25) 

ryo

>SAKANAKANEさん

去年も8月が良かったんですよね。
ベンケイハゼはたまたま穴を覗いたら、サッと動いたので分かりました。次回以降が楽しみです。
ハナタツはちょこちょこ出ているようですが、白いのは目立つし人気で、人が集まるとすぐどこかへ逃げちゃうようです。
以前マンリョウウミウシに続いてミヤコウミウシを見たとき、ミヤコって綺麗だなと思いました。今回は、宇宙船の様でかっこいいかもと思いました。もろ大きなナメクジっぽいところはありますが・・・。
カメラのセッティングは毎回考えているのですが、その場に行くと忘れちゃうんですよね。あまり時間を掛けられないのも一因ですが、撮ることに夢中で他の事忘れちゃうんですね、反省です。
by ryo (2008-08-18 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。