So-net無料ブログ作成

2008/8/24(日) 川奈ビーチダイビング Vol.1 [ダイビング 東伊豆]

2008/8/24(日) 川奈ビーチダイビング 1本目です。

予想通り、朝から大雨です。気温も上がりません。
海の方も前日とはうって変わって、透明度ががた落ち。
幸い、満ち潮で波もあまり無いので助かりました。
こういう日はマクロモードに徹します。

最初の一枚はこれ、間違い探し?です。
Photo1 オキナヒメジygの群 Parupeneus spilurus
_080824_091630.jpg

さて、みなさん、間違いは見つかりましたか?

よ~く見てくださいね。1匹だけ、”インドヒメジ”[photo2]が混じっていますよ。写真の右、やや上側です。
伊豆で見るときは、ほとんどといっていいほど他の魚の群に一匹だけ混じっているのを見ます。今回は同じヒメジですが、結構他の魚に混じっていることも多いですよね。
そういえば、伊豆で成魚は見たことがないな。
Photo2 インドヒメジ
Parupeneus barberinoides
_080824_091630-indohimeji.jpg
外が雨で暗い上に透明度も悪いので、海中はかなり暗いです。ライトの明かりがハッキリ見えます。
こういうときは、やはりエビ・カニが活発です。普段ならライトを当てるとすぐに引っ込んでしまうカニも、今はあまり引っ込みませんよね。

これは”ベニイシガニ”[Photo3]ですが、引っ込まないというより、普段は表に出てきていないということでしょう。
こうして見ると、岩を支えているようにみえます。かなりの力持ちです。
地震対策に一匹いかがでしょうか?

同じ甲殻類でも、こちらはだいたい表に出ています。”オルトマンワラエビ”[Photo4]です。
最近、岩場に居るのを良く見かけましたが、こいつは定位置にいますね。
こいつを見るといつも思うのですが、一度はムギワラエビを見てみたいです。

岩の下に広めの空間があります。ライトを当てると天井の方で何か動きましたよ。どうやらハゼのようですね。

ベンケイハゼ系は分かりにくいので、後で写真で確認したところ”コクテンベンケイハゼ”[Photo5]です。
こいつも普段はすぐに隠れるのですが、やや暗いところの場合、初めのライトは必ずしも完全な逃げの対象にはならないようで、やや奥で様子見をするようです。きっと「太陽が差し込んだのでは」とでも考えているのでしょう。
それならばライトをユックリ動かすか、当てたままにしていれば逃げないのでは?実際そういう傾向が見られる気がします。せっかちはいけないって事ですかね。

いつものグビジンイソギンチャクに居る”アカホシカクレエビ”[Photo6]です。相変らず全身を惜しげもなく晒しています。
それにしてもかなり大きくなった気がします。それに伴いスイングも大きくなっているような・・・。やっぱり成長しているのでしょうか?

続いては”コブダイ”の幼魚[Photo7]です。やや大きくなった感じです。
毎回見ているのが同じ個体とは限らないので一概には言えませんが、同時期にハッチアウトしているのなら成長も似たようなものでしょう(このへんは適当です)。
Photo3 ベニイシガニ
Charybdis acuta
_080824_093418-beniisigani.jpg
Photo4 オルトマンワラエビ
Chirostylus ortmanni
_080824_093541-orutomanwaraebi.jpg
Photo5 コクテンベンケイハゼ
Priolepis sp.
_080824_093831-kokutenbenkeihaze.jpg
Photo6 アカホシカクレエビ
Periclimenes sp.2
_080824_094201-akahosikakureebi.jpg
Photo7 コブダイyg
Semicossyphus reticulatus
_080824_094408-kobudai.jpg
岩の奥のほうにへばりついている黄色いのが目に付きました。”キイロイボウミウシ”[Photo8]です。
別に珍しいものではないのですが、最近はご無沙汰でした(見ようとしていないだけだと思いますが)。黄色ってやっぱり目立ちますよね。
ちょっと小さめで、大きい奴ほど不細工には感じなかったので、つい撮っちゃいました。

キクメイシの上に居るのは、”アカスジウミタケハゼ”[Photo9]のようです。
ウミショウブハゼ属も分かりにくいやつらで、ちゃんと撮らないと区別が大変です。
この間はガラスハゼとも混じっちゃって(ムチヤギについていたので・・・)大混乱でした。
写真の白い部分が少なかったせいだと思いますが、全体が赤みを帯びちゃいました。今更ながら、オートホワイトバランスはこういうときは難しいですね。といって、毎回ホワイトバランスをとるのも面倒だし・・・。今のようにストロボやLED・HDを使うのなら太陽光(6500℃)で固定も有りかな?

岩の穴から顔を出しているのは、”コケギンポ”[Photo10]です。
かなり元気な個体で、近づくとむしろ威嚇に迫り出して来ます。それでも大きなカメラが近づくとさすがに後ずさりして引っ込み気味ですね。そりゃ、相手が遠くにいるのと、大きいのが近づいてきたのとじゃ雲泥の差が有りますから・・・。背鰭が見えないのがちょっと悔しいです。
Photo8 キイロイボウミウシ
Phyllidia ocellata
_080824_094655-kiiroibo_u.jpg
Photo9 アカスジウミタケハゼ
Pleurosicya micheli
_080824_095154-akasujiumitakehaze.jpg
Photo10 コケギンポ
Neoclinus bryope
_080824_095605.jpg

最後に、特別バージョン、イソカサゴ劇場をご覧下さい。
Photo11-14 イソカサゴ [Scorpaenodes littoralis]です。
安全停止でふと見ると、2匹のイソカサゴがにらめっこ。これが事の発端でした。
が、見ていると・・・。
「B:お前、むかつくんだよ!ガブ!!」
_080824_100230.jpg
「A:やったなこいつ、それならこうだ、ガバッ!!」
_080824_100252.jpg
「B:やったな、えい、えい、ガブ!!」
_080824_100259.jpg
「C:2人とももうやめろよ・・・、みっともない」
_080824_100302.jpg
出演:イソカサゴA,イソカサゴB,オハグロベラC
まだまだ雨が降り続いています。 全部着替えて少しユックリ休憩しましょう。 少しは小降りになってくれるといいんですけどね。  Vol.2へ続く・・・。

nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 10

risingmoon

ブログへご訪問ありがとうございました^^

TOPのスジハナの婚姻色にまず心を奪われ、イソカサゴ劇場にドラマを感じました~(≧▽≦)
イソカサゴやオハグロベラのケンカって面白くて私も見ていて飽きないです^^

それにしても毎週のように伊豆にお出かけされててスゴイ!
なにより勉強になります!

これからもゆっくりブログや写真をみさせてくださいませ^^
by risingmoon (2008-08-27 12:56) 

ふー

チューしてるんじゃないんだ!?喧嘩?
by ふー (2008-08-27 15:46) 

ryo

>risingmoonさん、こんにちは

本当だ、このスジハナダイ、婚姻色だったんですね?
お気に入りの写真ではあるのですが、あまり意識していませんでした。
いい加減で申し訳ありません<m(__)m>
ついでに、確認しに行っちゃいました。
これの大きな写真です。
http://ryo36229.hp.infoseek.co.jp/fish/4actinopterygii/2neopterygii/27suzuki/05hata/b16_sujihanadai2.htm

この日、イソカサゴ劇場を夢中で撮っていたら、置いていかれちゃいました。(後は安全停止から上がるだけだったんですけどね。)

遠くへは中々行けないので、伊豆ばかりです。記念ダイブもず~っと伊豆です。きっとこの次も伊豆だと思います。
毎回、HPの日記の変わりにブログを上げていますので、気が向いたらご訪問下さい。
by ryo (2008-08-27 16:25) 

ryo

>ふーさん

あれ、「ふー」さん、お久し振りです。
そうなんです、僕も初めデート中かと思ったのですが、まるで相手を飲み込んじゃいそうな勢いが・・・。
良くある光景なんだそうですよ。
by ryo (2008-08-27 16:28) 

くまこ

美味いの?ね、美味いの??
by くまこ (2008-08-27 19:32) 

ryo

>くまこさん

びみょ~!!
by ryo (2008-08-27 21:08) 

雨の弓

キイロイボウミウシ!
すごい黄色いびっくりしました^^
by 雨の弓 (2008-08-29 21:50) 

ryo

>雨の弓さん、こんにちは

こいつは普通種で何処にでもいるのですが、あまり相手にされない悲しい部類です。
この個体は小さいので、特に色が鮮やかでしたね。
しかも周りが黒い岩場に居たので目立ちました。
でも、食べた魚が吐き出すほどまずいそうです・・・。
by ryo (2008-08-30 15:15) 

SAKANAKANE

最初のインドヒメジは、すぐに分かりました。最初に見る迄は、ずっと憧れていました。
私も間違い探しシリーズは大好きで、よくやっています。
ベニイシガニは、見た覚えが無いです。
ムギワラエビは、かなり深いらしいですね。
コクテンベンケイハゼとはまた、羨ましい~。
ムチヤギについていたら、無条件にガラスハゼと思ってしまいますね。ひょっとしたら違うコトも有ったのかも・・・。
イソカサゴ劇場、面白いですね~。
私はまだ、実際に噛み付いている所は見たコトが有りません。
オハグロベラも、デバガメなのか、撮影の邪魔って言うか、イイ味出してますね。
by SAKANAKANE (2008-09-06 15:18) 

ryo

>SAKANAKANEさん

インドヒメジって本当に他のに混ざってますよね。流れ者ですから仕方ないのかもしれませんが、はじめて見た時、なんじゃこの配色はと驚きました。
甲殻類は夜行性が多いですから昼間は出てきませんよね。この日みたいに雨で海が暗いと少し活発になるんですよね。
ベンケイハゼ系も暗いのが幸いしたようで、あまり引っ込まずに撮れました。ライトをむやみに動かさないっていうのがちょっとしたコツのようですね。
イソカサゴ劇場は安全停止でボーっとしていたら目に入ったんです。しばらく夢中で撮っていたら、置いていかれました・・・。このオハグロベラも良いですよね。割って入ってきましたから。
by ryo (2008-09-06 18:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。