So-net無料ブログ作成

2008/9/27(土) 海洋公園ダイビングVol.2 [ダイビング 東伊豆]

2008/9/27(土)海洋公園ダイビング2本目です。

気温は21℃ということでしたが、休憩中はずっと太陽が顔を出し、日に当たっていたので全然寒くありませんでした。
最近、IOPのネコ勢力も書き換わり、かなり若返りが進んだようで、今は3匹のネコが居座っているようです。
そのうち、こいつがボスではないかと思われます。
Photo1 ボス?
_080927_111018.jpg
見ていると、こいつが一番警戒心が強いようです。

海のほうですが、2本目も波はあり、むしろ大きくなったような気がします。
でも潮が満ちてきたので、波に押し返されながらもエントリーはし易くなっていました。

相変らず揺れはあるので一気に砂地へと向い、数日前までは居たと言うイロケロを散策しましたが、見つかりませんでした。
ポストの奥の漁礁をちょっと見て、ジョーのところへ行きましたが、今年のジョーは臆病であまり大きくならないようです。まるでピントが定まらず、ボケボケになっちゃったので没です。

Photo1 イトベラ[Suezichthys gracilis]
_080927_123734-itobera.jpg
結局、そばを泳いでいたこいつにピントが合っちゃいました。
砂地に居るごく普通種のベラです。見ての通り地味です。
ほとんど狙って撮ることはない種類ですね。
そのせいで、まともな写真が無いというパターンの魚です。駄目じゃん!!!

Photo2 コロダイyg[Diagramma pictum]の居る風景
_080927_123453.jpg
目印になる岩(石?)がポツンとあるところに、まとわりついていました。
この系統(コショウダイ系)は幼魚と成魚が似ておらず、幼魚が尻振りをするのが特徴??
そういえば、ここは以前にアジアコショウダイの超ygを見つけたところですね。
この岩は、コショウダイ系に縁があるのでしょうか?

しばらくウロウロして駆け上がりの下の方を覗き込んだりしたのですが、あまりめぼしいものは見当たらず、マアジやハタンポの群が少々といったところです。
う~ん、今回は不作ですね。これでも撮ってみますか。

Photo3 サラサエビ[Rhinchocinetes uritai]の居る風景
_080927_124822.jpg
本当にどうってことの無い、超々普通種のサラサエビですが、たまに撮影欲をかきたてる場所に居ることがあります。
でも、結局サラサエビはサラサエビなんですけどね・・・。

Photo4 ポスト
_080927_124829.jpg
確か半年ほど前に新調されたはずの小型ポストです。
先月辺りはもう少しまともだった様に思うのですが、今回真上から撮ったこの写真、かなり来てますね。
え、真上から撮っちゃいけないって、やっぱりこれはタブーですか。

Photo5 ヨコシマカニダマシ[Petrolisthes militalis]の居る風景
_080927_125146.jpg
IOPでは良く見かける奴ではありますが、これだけ全身を現した奴は初めてです。
オオアカハラ(水深5m以浅といわれる)との棲み分けについては、ここではあまりあてにならず、水深20mでもオオアカハラが居ました。今回は沖の漁礁の岩の間、水深はやはり20m程です。
でも口の周辺に青い線がないのがハッキリ分かるので、ヨコシマカニダマシと確認できます。

Photo6 アイゴyg[Siganus fuscescens]
_080927_125222.jpg
ここIOPはすぐに水深が深くなるせいか、普段浅場に居る生物が水深20m以深で見られることが間々あります。
アイゴといえば、浅場で群れているのが普通ですし、幼魚にいたっては水面近くを群で泳ぎ回る姿が一般的だとおもうのですが・・・。
こいつも前述のヨコシマカニダマシとほぼ同じ場所、つまり水深20mの漁礁の岩の間に居ました。
甲殻類に比べれば、泳ぐのですから移動は楽だと思いますが、なぜ1匹だけこんなところに??
もしかして、また別種の可能性とかあるんでしょうか?

Photo7 ウツボ[Gymnothorax kidako]&ハコフグ[]の居る風景
_080927_125710.jpg
駆け上がりの上辺りでヒョイと岩の間を覗くと、ハコフグを下から狙っているようにワカウツボが・・・。
しかしハコフグは平然と、むしろウツボに近寄っていきます。
基本的にウツボにとってハコフグは攻撃対象(又は餌)にはならないようですね。

Photo8 オハグロベラ[Pteragogus flagellifer]の居る風景
_080927_125746.jpg
他に何も居なくてもこいつだけは見つける自信があります。っていうほど普通に見る奴です。
でも、この大きさだと結構南方からのお客さんだったりするときもあるようです。
こいつに関しては配色的にほぼ間違いなく普通のオハグロベラですが、近似種はかなり似たようなものが数種類居て、見過ごしていることも多いのではと思います。

Photo9 カザリイソギンチャクエビ[Periclimenes ornatus]の居る風景
_080927_125900.jpg
この時期だと、サンゴイソギンチャクを見るとかなりの確率で見つかります。
すぐに引っ込んじゃうし、体の大部分が透明でなおかつ見事な保護色で、あまりうまく写らないんですよね。
今回みたいに揺れているときは、半分諦めて遠くから撮る程度で・・・。
アップすると見事にぶれてます。

この後、ツユベラの幼魚なども居ましたが、ちょっと大きめで逃げ回るのが速いこと・・・。
追う気力が起こらず遠くから撮ってパスしちゃいました。

最後はお待ちかね、今日の昼食です。
毎回、このお店の脇を入って行くのですが、いつも通り過ぎるだけで一度は入ってみようと相談していたお店です。

くろ吉
_080927_141453.jpg
店内が非常に落ち着く雰囲気です。
時間が無いときに入ると、ノンビリしすぎちゃう恐れがありますね。
_080927_143859.jpg _080927_143820.jpg
限定、1日10食のどんぶりはこちら
イカとアジのタタキ丼です。
こちらの小海老のかき揚げ丼も美味そうです。
次回はこっちを食べて見たいですね。


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 5

紀

あー!ここ美味しそうだなーと思ってました。素敵なご飯です。
ところでコショウダイですが、先日お料理に出てきて(今シーズンらしいんですけど)妹に、「この幼魚はくねくねしてて縞々でね!!」と、解説してしまいました(笑)。白身のおいしいお魚でした、よ。
by 紀 (2008-09-30 13:18) 

ryo

>紀さん

結構有名らしいですよ。うちの連中は、いつも美味しいお店を捜し歩いています。
他に、ハンバーグや肉料理、カレーなどもありました。
今回の2品は当たりです。

幼魚解説、さすがダイバーですね。
コショウダイ系はマレーシアの夜市で売っていました。
http://razuma.hp.infoseek.co.jp/fish/travel/malaysia/sabah/lankayan/lankayan-020808b.htm
まだ食べたことは無い・・・と思います。

by ryo (2008-09-30 15:58) 

utage

くろ吉ってどこにあるのですか?
ぜひ行ってみたくなりました。
by utage (2008-10-05 08:25) 

ryo

>utageさん

国道135号線を下っていき。IOPに入る交差点の角です。
かんぽの宿の入り口のところです。
http://www.geocities.jp/kurokichi_ito/index.html
なによりIOPから近いので重宝しています。
(餌が遅れると暴れだすのが一人居るもので・・・)

by ryo (2008-10-05 21:19) 

ryo

>takemoviesさん,taniyanさん

ご訪問,nice、ありがとうございます。
by ryo (2008-10-05 21:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。