So-net無料ブログ作成

2008/10/11(土) 大瀬崎ダイビングVol.3Night [ダイビング 西伊豆]

2008/10/11(土) 大瀬崎ダイビング3本目はナイトです。

天気は午後から回復し太陽も顔を出し夕方には月も見えました。
が、その頃から段々風が強くなり湾内に細波が立ち始めました。
17:30からと早めの食事を終え、ナイトの準備を開始します。
エントリーは18:30からOKです。準備は出来ましたね。

Photo1 八墓村モード?
_081011_183545.jpg

Photo2 闇に向けて・・・(Photo by Junichi)
_081011_184040.jpg
さあ、暗闇の世界に向けて出発です。
ワクワク??ドキドキ???

ナイトでは光の当たる範囲しか見えませんし、魚の動きも遅くなっているので、集中して撮れるという利点があります。
しかも今日のように穏やかで透明度が良ければ自然と撮りまくり状態に・・・。

Photo1 ハコフグyg(-7m)
_081011_184438.jpg
初っ端はハコフグでした。別に撮る気はそれほど無かったのですが、まずは一発目と言うことで。
ここにしか光が当たらないので、ピントは合いやすいですよね。(本当に大丈夫???)

Photo2 オオスジイシモチyg(-8m)
_081011_184518.jpg
なんてことは無い普通種なのですが、夜見ると中々不思議な光り方で魅力的です。
それにしてもこいつら、砂底近くでフラフラしていますが、ここで寝ているようなのです。
こんなに無防備で良いのでしょうか?
一応、砂地に擬態と言う感じは分かるし、捕食者も寝ているのではと思うので成り立つとは思うのですが・・・。

Photo3 アオヤガラ(-10m)
_081011_184731.jpg
やや大きめの固体です。
ふと思ったのですが、こいつこれだけの大きさでも口は小さいですよね。
調べると、「長い吻で小動物を吸引捕食」???ストローで吸い込んでいる感じでしょうか?
今一つ、イメージが・・・。

Photo4 ウミヒゴイ(-10m,就寝モード)
_081011_185337.jpg
普段の白地に黄色い線とは異なり、赤主体に着替えています。
明かりを当てると派手に見えますが、水の中では赤が吸収されますし、夜は明かりが当たらないのが普通ですから好都合なのでしょう。
こいつはロープの陰に居ます。
大きい魚ほど夜は物陰に隠れているイメージがありますが、これって夜の捕食者が大物狙い(例:サメ等)だからでしょうかね。

Photo5 ヤドカリです(-15m)
_081011_185424.jpg
撮ってから”しまった”と思いました。
こいつら、調べるのが結構大変なんですよね。
実際、うまく当てはまるのが見つからず、分からずじまいです。
まだまだ、ヤドカリフリークには程遠い現状ですね。

Photo6 トラギス(-20m)
_081011_185828.jpg
ヤドカリから来ると、こいつらを見るとホッとします。分かり易いですからね。
夜間はいつもに増して化粧が濃い気がします。写真的にはありがたいですが・・・。
この物陰から辺りを窺うような表情が、つい写真を撮らせてしまいます。
どちらかと言うと犬に近いイメージですかね。

Photo7 キンチャクダイ(-20m)
_081011_185845.jpg
実は、別にキンチャクダイを撮ったわけではありません。
ウミシダが活発に動いており、エビの1匹でも写っていたらラッキー程度で撮ったショットです。
そううまくは行きませんね。

Photo8 カサゴ(-20m)
_081011_185951.jpg
こちらも一つ前と同じような狙いのショットです。
まだこちらの方が、カサゴとウミシダが絡んで似たような風景を作っていたのを撮った分だけまともですね。

Photo9 ロウソクエビ(-15m)
_081011_190202.jpg
今回の一番の収穫です。(マウスを乗せて出てくる画像は同じときの画像ですが、別に撮ったものです)
ムラサキスナギンチャクの側で、赤っぽいものが砂に潜ろうとしているのを見つけました。
ナイトではねらい目のシチュエーションです。
これは絶対エビだと直感し、入れ込んじゃいました。
その割には、あまりまともに写らなかったのが残念です。(結局これが実力ってことですね)

Photo10 タカサゴヒメジ(-15m)
_081011_190640.jpg
ヒメジ類は普段は白っぽいのが多いですが、夜間は全般的に赤くなりますね。
この大きさだと物陰ではなく、砂地に転がっているのをよく目にします。
全然関係ありませんが、こいつヒゲが片方ありません。不自由でしょうね。

Photo11 ウミケムシ(-15m)
_081011_190702.jpg
見るだけでも気持ち悪いので、あまり載せたくない奴です。
実は、こいつがすごい勢いで走ってきて、前出のタカサゴヒメジと交錯しそうになるのを目撃しカメラを構えたのですが、その瞬間ミキサーでかき混ぜられるように砂嵐が・・・。
ヒメジもこいつも舞い上がり、衝突は自然と避けられました。
あれは神の力か?(いえ、フィンの力です)。あぁ、シャッターチャンスが~~~。

Photo12 ガンガゼカクレエビ(-10m)
_081011_191619.jpg
ガンガゼが1匹砂地を徘徊しています。
その針の間には赤っぽいごみのようなものが沢山ついています。
これは、最近凝っていたガンガゼカクレエビの夜間モードでは!!!
早速大撮影会に入り撮りまくりましたが、ガンガゼも針もエビも動くこと・・・。
何とか数枚それらしき写真が撮れましたが、かなり難しい被写体ですね。

Photo13 テナガヒメガザミ(-10m)だと思います。
_081011_191734.jpg
ガンガゼを撮っているとき、ふとその傍らの石の上に動くものを発見しました。
大きさは1~2cmと小さく、カニである事は分かったのですが、ついガンガゼに気を取られ撮影がおろそかになってしまいました。
撮影時にはしっかり撮ったつもりだったのですが、後で見るとかなりのピンボケ。
しかも確認したところ、初物!!
もっと丁寧に撮っておけばよかった・・・orz。(後悔先に立たず)

Photo14 スナダコ(-8m)
_081011_192211.jpg
砂から眼だけを出した独特のポーズはスナダコの特徴ですね。
たまたま接写用のマクロフィルターを付けたままだったのでそのまま撮ってしまいました。
ちょっと変った写真になりましたね。

Photo15 トラギス2(-7m)
_081011_192346.jpg
今回2度目の登場です。
やはりこの眼が何か訴えかけるようで、つい撮ってしまいました。
この瓶がまた良い状況を作っていますよね。
何か寝ぼけ眼の様に見えるのは気分の問題でしょうか?

久々のナイトでしたが、かなりの好条件。楽しかったです。
明日は北東の風が強くなりそうで、湾内は荒れそうですね。でも外海は大丈夫かな?
明日は早朝から開始です。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

risingmoon

大瀬のナイト楽しそうですね!
で、でも夕ご飯食べてからのナイトは気合ですね!食べたら電池が切れて潜れない軟弱者です^^;

イシモチの仲間は夜見ると輝いてますよね!
そしてウミケムシ。。。w やっぱり大瀬にもたくさんいるんですね^^;
でもこやつは動きが早くて撮れたためしがありません。こんなはっきり撮るなんてすごいですね!
ガンガゼエビも夜は透けた赤になるなんて初めてしりました。
ナイトでもガンガゼチェック怠らないようにします^^

by risingmoon (2008-10-15 21:01) 

ryo

>risingmoonさん

大瀬はナイトも楽しいです。
砂地のビーチで海が荒れることも少ないので、初めてでも落ち着いて潜れますよね。
夕食に関しては、ナイトが18:30以降ですから上がってきてからだと遅すぎるのでこの時間に食べてくださいと言うことでした。

イシモチは昼は見向きもされないのですが、夜は中々見甲斐があります。
ウミケムシはたまたまです。すごい勢いで走ってきてヒメジとぶつかりそうになっていました。どうなるのかとカメラを構えたのですが、一緒に潜った人のヒトカキで全てがおじゃんに・・・。あのままだったらどうなったんだろう??
ガンガゼカクレエビについては以前から夜の方が見つけやすいと言われていたので、今回は特に注意してみていたら、散歩中のガンガゼに出くわしラッキーでした。本当に夜は赤くなるんですね。
by ryo (2008-10-16 21:29) 

SAKANAKANE

Photo2は、オオスジっぽいですね。
ナイトでキンチャクダイって見たコト無いです。珍しいのでは?
おおっ!コレが噂のロウソクエビですか。初めて見ました。ロウソク・ポーズは取っていたのでしょうか?
ガンガゼカクレエビは、ナイトが狙い目とは知りませんでした。次の機会には狙ってみます。
最後のトラギスは、夏場のコンクリートに寝そべってる犬のイメージですね。
by SAKANAKANE (2008-10-17 04:10) 

ryo

>SAKANAKANEさん

確かに黒点に位置や線の数からオオスジですね。この辺はあまり確認せずに惰性で書いちゃいました、申し訳ありません。
ロウソクエビは逃げて砂に潜ろうとはしていましたが、残念ながら踊りは見せてくれませんでした。ナイトはこのくらいの深さ(やや浅め)が楽しそうですね。
ガンガゼカクレエビの情報は僕も最近知ったもので、ナイトをやるなら是非確認しようと思っていました。見事に散歩中のガンガゼにあたってラッキーでした。つい撮りまくって、側に居たカニが疎かになったのが反省点です。こっちも初物だったのに~。
寝ぼけ眼のトラギス君は、写真心をくすぐりました。
by ryo (2008-10-17 17:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。