So-net無料ブログ作成

2008/10/12(日) 大瀬崎ダイビングVol.4 [ダイビング 西伊豆]

2008/10/12(日) 大瀬崎ダイビング 2日目の1本目は早朝ダイブです。

予報通り北風が強くなり、気温も下がってきました。
当然、風にあおられ、湾内の波も激しくなってきています。
F1富士開催の余波も予想され、帰りの時間を早める為に1本目は早朝ダイブです。
まだ(海の中も水面も)荒れていないうちに入ってしまおうと言う意図もあります。
朝食前の7:00からエントリー開始です。

Photo1 すでにエントリー!!!
_081012_070106.jpg
速いですね、もうエントリーを始めている組も居ますよ。

Photo2 メバル(-7m)
_081012_071616.jpg
今日最初に遭遇したのは、海を見守るモニュメント???
確かに大瀬湾内には色々なモニュメントが沈められていますが、これほど完璧なものは・・・。
まるで瀬戸物で使った置物のように、台座の上に置かれて、いや、居座っています。
つい、「今日も一日良い日でありますように」と、願掛けをしたくなりました。
メバル君、見張り宜しく!!

Photo3 モデルは・・・(-10m)
_081012_071715.jpg
モデル(ムレハタタテダイ)を見つけて、エセ写真家が殺到しています。
モデルもどちらに逃げようか困っているようです。
水中では良く見られる光景ですが、そんなに焦って寄ってもだめ!ジックリ待たなきゃ。
と言いつつ、参戦している自分が居ます。まだまだ修行が足りませんね。

Photo4 びーなす
_081012_071924.jpg

こちらは本物のモニュメントです。
初め、「びーなすのところ」と言われても、何を言っているのかとんと分からずでした。
昨日も、あの「びーなすのところから・・・」。え、”びーなす”って何???って感じで。
今回、ちゃんと確認しました。昨日、これの写真撮ってるんですね。
全体を見ていない!!いかにマクロばかりしか見ていないか分かります。

Photo5 バイク
_081012_072042.jpg
とは言っても、さすがにこいつは形が分かりますね。
良い目印です。漁礁としては今一つですが・・・。

Photo6 ミジンベニハゼ(-20m)
_081012_073026.jpg
今日も会えました。相変らず1匹だけですけどね。
昨日も書きましたが、この先のミジン君の缶はウツボがとぐろを巻いていました。写真撮っときゃ良かったですね。
缶の中に避難していれば問題無いと思いますが、無事でいてほしいですね。

Photo7 マンボウ?
_081012_073605.jpg
遠くの方に見えています。これが見えるんですから透明度は良いってことです。
その割には、浅めの方は今一つ見えにくいのはやはり人災でしょう。
ネジリンボウの居住地は無残にも踏み荒らされていたようです。あ~ぁ。

Photo8 ウミシダ?(-20m)
_081012_073821.jpg
こいつって移動するんですよね。こんな場所まで登ってきています。
中に何か居たかもしれませんね。
こちらも移動中ですから、ジックリ確認する余裕がありませんでした。

Photo9 ヤマドリ(-15m)
_081012_074005.jpg
どちらかと言うと、もう少し岩がある場所で見かける奴ですね。
普通種ですが、青い点がきれいで結構シックです。
別に海が荒れているわけでもないので、何処かから飛んできたというわけでもなさそうですし、こんなところでポツンと何をしているんでしょう。

Photo10 タマガシラyg(-15m)
_081012_074415.jpg
先ほどからコスジイシモチなどに混じってチョロチョロしていました。
初めはスズメダイ系の幼魚か何かかと思いましたが、そういえば、こいつタマガシラですね。
透明度が良いので、近づくとすぐに逃げ出します。中々良い位置まで近寄らせてくれません。
でも良く見えるおかげで、これだけ離れていても写りましたね。

Photo11 泡
_081012_074649.jpg
透明度が良いと、こういう写真を撮ってみたくなります。
太陽が出ていればもう少し違った写真になるのですが、早朝ですから角度的に無理ですね。
でも、登っていく泡がこれだけ見えれば気持ちいいです。

Photo12 カワハギ
_081012_074705.jpg
今回、色んなところで見た風景です。長くフワフワした白い物をカワハギが啄んでいます。
あれ自体を食べているのか?それとも、ついている生物を食べているのか?
そういえば、クラゲがこういう攻撃(?)を受けているのをたまに見ます。
この状況から、あの白っぽい物は生物である可能性が高いと思うのですが、クラゲ?にはちょっと見えませんよね。
イメージ的には、ブダイが寝るときに作る膜のような感じですが・・・。

Photo13 カミソリウオ(-15m)
_081012_074755.jpg
これも今の湾内のアイドルの一つですね。
昨日も撮ったのであまり代わり映えしない写真で申し訳ありません。

Photo14 アオウミウシ(-15m)
_081012_074922.jpg
普通種っちゃ~、こいつ本当に普通種、何処にでも居るウミウシですよね。
今回は、たまたま小さい奴が海藻の先端に載っていたので、ちょっと撮って見ました。
と偉そうに言う割に、ピン甘・・・orz。

Photo15 ヨメゴチ(-12m)
_081012_075122.jpg
昨日もこの辺をウロウロしていました。
前回はアップを撮ったので、今回は全体を撮りたくて狙ったのですが、中々真横に回りこましてくれません。
後ろからのショットですが、長い尾鰭がオスであることを物語っています。
さすがにいくら透明度が良くても、これだけ離れると色は出ませんね。

Photo16 オオモンハタ(-8m)
_081012_075406.jpg
伊豆で最も良く見るハタですよね。
中には似たような種類も居るのですが、これだけ浅いところに普通に居るのはさすがにこいつだけでしょう。
普段は無視されるのですが、こいつはちょっとカラフルで目に留まったので撮って見ました。
まだ寝起きなのでしょうか?金色の斑紋がちょっと変わった雰囲気を出しています。

早朝の荒れていない海を目指したのですが、皆さん早起きですね。
もう既に人が沢山!!人災も起こり始めています。
透明度を追うならやはり冬場でしょうが、魚も減っちゃうからな~。
そころで、この風ですから2本目は食後に外海を計画しています。
きっと荒れては居ないでしょう。






nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

risingmoon

穏やかで透明度も絶好調ですね~!
やはりダイバーで混んでいましたか?
大瀬らしい生き物と景観に大瀬いきたい病がでてきそうです(;´Д`)

by risingmoon (2008-10-15 21:04) 

ryo

>risingmoonさん

この日は荒れていない湾内を見たくて早朝から入りましたが、既に人で一杯。皆さん行動的です。
前日とほとんど同じコースだったので、見られたものもほとんど一緒でした。
かなり深いところまで行くと、シマヒメヤマノカミのyg君やクルマダイも居たみたいですが、デコ覚悟ではちょっと厳しいですね。
これからが伊豆の一番いい時期かもしれないので、無理してでも行きたいですね。

by ryo (2008-10-16 21:35) 

SAKANAKANE

またまたご無沙汰してしまい、スイマセンでした。近い内に前の記事も読みに来ますね。
メバルのモニュメント、以前オキゴンベ・バージョンを見て、とてもカワイかったです。
ヤマドリって、ナゼか結構、アレ?って思うような所にいますよね。
ヨメゴチも、なかなかバッチリと撮るのは難しいですよね。
オオモンハタ、確かにチョットいつもとイメージが違ってますね。
by SAKANAKANE (2008-10-17 04:23) 

ryo

>SAKANAKANEさん

実は後1本分、書いている途中で上がっていないんです。すいません。
このメバル君、特におなかの辺りの曲線が本当に置物のようで、ちょっと目を疑っちゃいました。
前日と同じコースなので特に目新しいものは居ないのですが、透明度は良いですよね。少し景色を楽しんできました。
最後のオオモン君、まだ寝起きのようですね。ナイトモードが半分入っているのかもしれません。
by ryo (2008-10-17 20:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。