So-net無料ブログ作成

2009/6/17 サンシャイン国際水族館 [水族館]

前回の葛西臨海水族園を含め、だいたい図鑑の整理も終わり、今月一杯のタダ券を有効利用すべく行ってきました[電車]

水族館シリーズ第3弾「サンシャイン国際水族館」

ここはとにかく大き目の水槽が多いですね。
おかげで奥のほうの魚は撮れません[もうやだ~(悲しい顔)]

入り口の「サンゴ礁」水槽
001sanngosyo.jpg

チョイ奥の「深海」水槽
002sinkai.jpg

その奥の「世界の大型淡水魚」水槽
003tansui.jpg

上の回の「オーストラリアの海」水槽
005au.jpg

こんな奴らがいました


まずは「大海」水槽。この水槽で一番大きいが、この「ホシエイ」。
にしても、育ちすぎの「コバンザメ」はかなり迷惑そう・・・。
007hosi.jpg

次に「深海」水槽。色々珍しいのはいたのですが、特にこの「メダイ」が目に付きました。
008medai.jpg

「東京湾」の水槽にいた「マアナゴ」の軍団。よ~くみると、一番手前にナマズ系のひげが・・・。
009ma_090617_115639.jpg

水生動物もいます。
最初は、唯一淡水に棲むアシカ「バイカルアシカ」
010baikal_090617_145121.jpg

そして、人気者の「ラッコ」
011rakko_090617_124007.jpg

両性類は、カエルにサンショウウオ。爬虫類のヘビにカメ。
ここでは「コモリガエル」を載せてみます。”うす”[むかっ(怒り)]
012komori_090617_125938.jpg

魚が少ないとお叱りを受けそうなので、汽水域に棲むこいつ「ヨツメウオ」。
水面に眼を半分出して泳ぐ為、上から見ると眼が4つあるように見えるそうです。
013yotumeuo_090617_133937.jpg

そして、愛嬌のあす「イエローヘッドジョーフィッシュ」。かなり積極的な奴でした。
agad_yellowhead-jf_090617_141549.jpg

最後に、数種類、哺乳類や鳥類もいます。
代表として、「マーラ」。動きが無い[パンチ]。寝てるのかと思った[眠い(睡眠)]
nzmi_mara_090617_150800.jpg

詳細はHPの水族館のページにあります。興味のある方はどうぞ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。