So-net無料ブログ作成

2010/03/11(木) 新江ノ島水族館 [水族館]

招待券が手に入ったので、ついに神奈川遠征、新江ノ島水族館へ。

気合を入れて写真を撮る為に、いつもと異なり車でGO[車(RV)]
朝早く家を出て、環八から第三京浜へは順調順調。
が、国道1号で渋滞にはまり、結局開館の10時には間に合わず、約1時間遅れ[ふらふら]

それでも駐車場はガラガラ(片瀬海岸地価駐を利用)で、地上階段前に駐車。
階段を上がると、そこはもう水族館の真ん前。
以前の水族館の記憶が無いのでなんとも言えないが、やっぱり「新」だね。
_100311_094709eno.jpg

魚についての詳しい内容はHPの水族館ページに譲ります(現在作成中)。

ということで、正面左下の入り口へ。
中へ入ると、壁面でイルカやカメがお出迎え。右手に階段を登って2Fへ。
通路を歩いて行くと正面に水族館の入り口が見えてくる。
_0002.jpg _0007.jpg _0009.jpg

中へ入ると、右手には”ウミガメ”のはず・・・だったのだが、水温低下のためお休み。
で、最初の水槽は”出会いの海”。このゾーンは江ノ島周辺、相模の海をイメージ。
定期的に波が押し寄せ、飛沫が上がる。
ここには、ムギイワシやコボラ、イダテンギンポ等がいる・・・はず。
_0011.jpg
メジナは確認。

隣は、奥の大水槽と部分的に繋がっているようだが、ごく浅瀬に居る比較的小さな魚が中心。
ネンブツダイやクロホシイシモチ、そしてゴンズイが群泳。ベラにフグにキスにメバル、常連だね。
_0012.jpg
変り種はヒゲダイとコショウダイ、そしてヘダイあたり。にしても、なぜサザナミフグが?
_0012_higedai_100318_120449eno.jpg _0012_kosyodai_100311_100355eno.jpg _0012_sazanami_100318_115616eno.jpg

後ろ側には、奥にある大水槽のジオラマ(?)
_0013.jpg
水槽内にいるように記念撮影が可能。

通路は、大水槽の上方にある大窓へと進む。
_0015.jpg
イサキの群れは、この窓周辺を周回するのが好きらしい。
奥の方にマイワシやマサバの大群が見え、クエが悠々と泳ぐのが見える。
_0012_100311_102213eno.jpg _0012_100311_103913eno.jpg
下の方にシノノメサカタザメがグルグル回っているのも見える。
ホシエイはここの窓に向かって来るのがお気に入りかな?
_0012_100311_103857eno.jpg _0012_100311_103045eno.jpg

通路正面にある水槽は”海の森”。海藻の生える岩場。
_0017.jpg
メバルに代表されるカサゴ系やタナゴ,コブダイといった、ちょっと地味系。
黒いのはクロメバル。このフグはヒガンフグかな。
_0017_100311_104321eno.jpg _0017_100311_111553eno.jpg

ここからは、通路に沿って陸から海への変化を表現?
最初はまず川。時間で水位が変わり、川の中の変化を再現。
ここにはアブラハヤやウグイといったコイ科、トウヨシノボリ等のハゼ、そしてテナガエビなど。
_0020.jpg
上はヌマムツ、下はオイカワ。このハゼはボウズハゼだろう。
_0020_100311_151215eno.jpg _0020_100311_104801eno.jpg

海への注ぎ口、河口から浜へ。
トビハゼ、アシシロハゼ、マハゼなど、ハゼ類が多い。へばりついているのはアベハゼとムシロガイ?
_0022.jpg _0022_abe.JPG

やや深くなってアマモ場。
キヌバリやハオコゼ、ウミスズメ等。オオカズナギという魚もいた。
右の写真は、ブーメランアタック(餌を求めて猛ダッシュ)を得意とする”クジメ”。
_0024.jpg _0024_kujime.jpg

更に深くなってソフトコーラルが茂る岩礁域。
サクラダイやソウシハギ、オキゴンベ等。
右の写真はホンソメクリーニングを受けるアオハタ?って、相模の海に居るのか??
_0026.jpg _0026_ao.jpg

深場(といっても20m前後?)では、イシダイやイシガキダイ、カワハギ等。
_0028.jpg _0028_isi.jpg

大水槽脇の中層窓。ウツボやスズキ、ヒラスズキ、イシナギなどが寄ってくる。
_0035.jpg
マサバの群やカンパチなども。
_0036.jpg _0037.jpg

通路脇にある大水槽の丸窓。
水槽側からは洞窟のようになっているらしく、小さめの魚が隠れるように入ってくる。
写真を撮るにはむしろ撮り易く、大水槽ではちょっと撮れない写真もここならうまくGET。
_0040.jpg
クリーニング中のクエや、休憩中のスギ。スギの周りはオヤビッチャがウロウロ。
シノノメサカタザメのやや小さい個体が入ってくることも。
_0041.jpg _0042.jpg _0043.jpg

ここからの下りスロープ脇には、食を支える魚介類が展示。
初めはアジ水槽。ブリにカンパチにマアジ、ギンガメアジ。そしてワンポイントにキュウセン?
_0045.jpg _0047.jpg

次はスズキ水槽。スズキとヒラスズキ。水槽の中にはスダレとお猪口?
_0050.jpg _0052.jpg

続いてイワシ水槽。マイワシに混じってカタクチイワシ。
_0055.jpg _0057.jpg

タイ水槽。マダイに混じってチダイが1匹。あとはイシダイ、イシガキダイとハイブリッド。
_0058.jpg _0059.jpg

カワハギ水槽。カワハギとウマヅラハギ。イサキやメジナの姿も。
_0060.jpg _0062.jpg

何故かここに淡水魚の水槽。ホンモロコ、オイカワ、モクズガニ、スジエビ等。
_0065.jpg _0067.jpg

最後はメジナとゴンズイとなっているが、居るのはメジナだけ。
_0070.jpg _0072.jpg

そして最後に大水槽全体が見える大窓。これだけ大きいと写真は非常に撮りにくい・・・。
_0090.jpg

大水槽の後は、相模の海の深海。
深海といっても、ちょっと深めと、メチャ深めがある。
初めはチョイ深からスタート。
_0080.jpg
タカアシガニ(200~500m)とハリイバラガニ(600~1000m)。右のはトラザメ。
_0082.jpg _0084.jpg

こちらはもう少し浅め?
サギフエにツボダイ、エビスダイ、ハシキンメ。個人的には1匹だけ居たアカイサキがGood。
_0140.jpg

そして、超深海の世界。
中・深層の魚類、ホウライエソ、ワニトカゲギス、マメハダカ。さすがに標本。
_0100.jpg
こちらも標本。チョウチンアンコウにシギウナギ等。
_0130.jpg

そして、超低温と超高温が同居する不思議な世界。
水深1300m。片や4℃、そして熱水噴出地域は45℃。ここにも生物が・・・。
_0110.jpg
他にも、ヒカリキンメやグソクムシ、シビレエイなど展示。

ここまでが相模の海ゾーン。
次はちょっとファンタジー、クラゲゾーン。
入り口はタコクラゲ。
_0150.jpg
キタミズクラゲ、アトランティックシーネットル、ミズクラゲ等、ちょっと幻想的。
こちらはパシフィックシーネットル。
_0160.jpg
他にもアカクラゲや見えないような小さなクラゲ等、色々展示。
見ているだけなら綺麗で良いのだが・・・。

続いてのゾーンは日本各地の海?
初めは親潮が流れる冷たい海から。こちらは岩場の魚たち。
_0180.jpg
ホッケやオオカミウオといった、ちょっと暗めの魚たち。
_0182.jpg _0184.jpg

ミズダコの入った水槽。これも冷たい海の代表格。
そして、冷たい海の砂地にはこんなやつら。
_0190.jpg
フサギンポにエゾメバル、ゴマソイ、ナガガジ等。マツカワは砂に埋もれている。
_0192.jpg _0194.jpg _0196.jpg

冷たい海があるのだから、もちろん黒潮が流れる暖かい海も。
イソギンチャクにはクマノミが定番。
_0200.jpg

ヒメツバメウオやインコハゼ、スミゾメスズメダイ等、汽水域の魚も多い。
_0210.jpg
他にも、ヤエヤマノコギリハゼとマンジュウイシモチ。やや赤っぽいハスジマハゼ。
_0212.jpg _0214.jpg

砂地にはヒフキアイゴやコンゴウフグ。
_0220.jpg
そして、ツチホゼリやオキナワフグが。
_0222.jpg _0224.jpg

もちろんメインはサンゴ礁。色とりどりのハナダイ類やハゼ、イソギンポ類が。
_0230.jpg
ニシキテグリの仲間のスポットマンダリン。通称サロンパス、スミレナガハナダイ。
_0232.jpg _0234.jpg

こちらの小さな水槽たちは、その他の色々な魚たちを展示。
_0240.jpg _0242.jpg
_0244.jpg _0246.jpg

_0250.jpg _0252.jpg
_0254.jpg _0256.jpg

他にも、
サメ水槽。(ツマグロザメ、トラフザメ、ネムリブカ、ネコザメ)
_0280.jpg

皇室研究。
_0290.jpg _0292.jpg _0294.jpg

海獣、海鳥。
ペンギンとアザラシ、オットセイ。
_0300.jpg
イルカプール
_0310.jpg

最後はタッチングプール。
_0320.jpg

詳細はHPに作成中。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。