So-net無料ブログ作成

2010/03/18(木) 新江ノ島水族館、再び [旅行]

先週(2010/3/11)訪れたばかりの「新江ノ島水族館」でしたが、
実はもう一枚、今月一杯の招待状が[チケット]

もちろん無駄にすることなく、行きます[パンチ]

が、今回は魚を撮りまくるわけではなく、前回の不足分と不明な魚の確認の為[目]
よって、電車[電車]での移動となります。

ルートはいくつかあるのですが、、折角ですからあいつに乗って行きます。
ヒントはこの写真。
_0340.jpg
もう分かりますよね?
分からない?よーく見てください。
右側の線路脇に家の玄関があるのが分かるはずです[がく~(落胆した顔)]

そうです「江ノ電」こと「江ノ島電鉄」。
民家の軒すれすれ、それどころか、家の玄関や道路に直接面したところに線路がある、かなりユニークな鉄道です。
遠い昔に乗ったことがあるようないないような・・・。
とにかく記憶にある中では始めて乗ることになります。楽しみ[わーい(嬉しい顔)]

まずは湘南新宿ラインで”鎌倉”へ。
_0001.jpg

ここから「江ノ電」へ乗り換えます。一応の目的地、”江ノ島”駅へは約30分です。
_0005.jpg
鎌倉駅からのスタート地点はこんな感じ。
_0010.jpg

あ、電車がやって来ました。
_0011.jpg _0012.jpg _0013.jpg
_0014.jpg _0015.jpg _0016.jpg
前(61)と後ろ(205)で車両が違います。
_0020.jpg
これが、今回乗る車両です。
_0025.jpg

一番前に陣取り、さあ、出発です。
_0030.jpg

早速、線路脇に直接出てくる階段が有ります。
_0040.jpg

最初の駅は”和田塚”。右側には柵が有りますが、左側は家の勝手口?
_0050.jpg _0060.jpg

2つ目は”由比ヶ浜”。
_0070.jpg _0080.jpg

3つ目は”長谷”。ここですれ違う電車は(1052)です。
_0090.jpg

長谷駅を出てしばらくはやや幅があり、昔の普通の鉄道風景。
_0100.jpg _0110.jpg

トンネルが見えてきました。向こう側に赤い橋が架かるのが見えます。
_0120.jpg _0130.jpg

”極楽寺”の駅です。「極楽寺坂超え行けば、長谷観音の堂近く~」
_0140.jpg _0150.jpg

ここは車両区ですかね、ここにも違った車両がいます。
_0160.jpg _0170.jpg

”稲村ヶ崎”の駅が見えてきました。向こうの車両(2053-2003)は近代的?
_0180.jpg

線路の脇の道路と境目がありません。
_0190.jpg _0200.jpg

正面に海が見えてきました。右に大きくカーブします。
_0210.jpg

相変らず、道との境がハッキリしないまま、”七里ヶ浜”の駅です。
_0220.jpg _0230.jpg

ここはもっとすごいことになっていますね。真ん中あたりに見える踏み板は、民家への通路です。
_0240.jpg

また海沿いに出ます。お、線路が複線になっています。
_0260.jpg _0270.jpg

実はすれ違いの為の場所だったんですね。
_0280.jpg

ああ、正面から列車がやって来ました。
_0281.jpg _0282.jpg _0283.jpg
_0284.jpg _0285.jpg _0286.jpg
_0288.jpg

”鎌倉高校前”の駅です。目の前が海ですよ。
_0290.jpg _0300.jpg

江ノ島も見えてきました。
_0310.jpg

ここで海から離れます。スゴイ景色になって来ましたね。
民家の洗濯物がすぐそこに。歩行者通路が線路に下りてきています。
_0320.jpg _0330.jpg

線路脇に倉庫のドアがありますよ。
そして”腰越”の駅。ホームの延長が出来ずに、先頭車両のドアが開きません。
_0350.jpg _0370.jpg

・・・、ここが一番すごいところですね。
_0380.jpg
完全に路面電車と化しています。
_0390.jpg
この商店街では、これが当たり前の風景のようです。
_0400.jpg _0410.jpg _0420.jpg
_0430.jpg _0440.jpg _0450.jpg
左上を注目、「電車接近」「後方注意」の電光掲示。
_0460.jpg
交差点(撮影の名所だそうです)を突っ切りると、
_0470.jpg _0480.jpg

ここは、洗車場。洗車機は無く、人がモップで洗うそうです。(1551)が洗車待ち?
_0490.jpg

駅が見えてきました。”江ノ島”の駅です。
_0500.jpg _0510.jpg _0520.jpg

「雷電号」が止まっています。ところで、雷電号って?
_0530.jpg
どうやら、「京都の京福電鉄(通称“雷電”)と姉妹提携」に関係あるようですね。

この先、”湘南海岸公園”,”鵠沼”,”柳小路”,”石上”,終点”藤沢”と続くのですが、今回は新江ノ島水族館に行くのが目的ですからここで下車。
_0540.jpg

江ノ島の駅では4匹のスズメ?が迎えてくれました。
_0560.jpg

実は”江ノ島”駅は水族館からは少しはなれたところにあります。
駅前商店街を抜けると、川がありこれを渡ります。
_0570.jpg

正面の方には江ノ島が見えています。
_0580.jpg

橋を渡るとその先には、中国のお寺?ではなく、小田急電鉄江ノ島線の”片瀬江ノ島”駅。
個人ごとですが、はっきり言って、あまりいい趣味とは・・・。
_0600.jpg

ここでちょっと変なものを見かけました。
正面から入ってきた車、なにやら屋根の上にカメラのような物が沢山。
_0610.jpg
直感的に、例の〇ー〇〇の奴ではと思い撮ったのですが、はたして・・・。

こちらの駅はもうすぐ海岸です。正面が江ノ島。
_0630.jpg

道路を渡って右へ行くと。片瀬海岸に沿って、
_0640.jpg _0650.jpg
見えてきましたね。
_0660.jpg

今回は、撮り損ねた写真の追加と、不明魚の名称確認が目的です。
まず、こいつは”オオクチイシナギ”の若魚。
szki_okutiisinagi_100311_112904eno.jpg
そして、この鰓孔が縦になっているのは”スギ”だそうです。
確かに図鑑に写真がありました。でも、こんなの見落としちゃうよ。
sugi_sugi_100311_152445eno.jpg
sugi_sugi_100318_143525eno.jpg
それから、このカニは””。手の長い方が雄で、短い方が雌なのだそうです。
同じ種類だったんですね。
kani_enko_100318_133416eno.jpg kani_enko_100318_133203eno.jpg

他にもハゼを確認したかったのですが、ハゼについては勝手に混じっている種類もあってはっきり分からないそうです。うーん、じっくり調べるしかないか・・・。

で、早いのですが、さっさと切り上げて帰路へ。
_0670.jpg
_0680.jpg
_0690.jpg

帰りは、片瀬江ノ島駅発新宿行きの急行に乗って座って帰ってきました。
_0700.jpg
残りの江ノ電に乗れなかったのは、ちょっと心残りですが、こっちの方が楽チン(年です)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。