So-net無料ブログ作成

2010/05/04(火) フィリピンセブ島リロアンダイビング3日目 Vol.3-1 [ダイビング フィリピンセブ島]

5/4(火)、3日目はリロアンの対岸、ネグロス島で3ダイブ。
通称シブラン。ここはリロアン(珊瑚)とは違い砂地のポイント。
結構レアものが流れ着いていたりする話を聞きます[揺れるハート]

ここでは、地元の人間が入海料やらカメラの持ち込み料やらを要求してくるんです。
ダイビング船が来ると、すぐにやって来るはずなのですが・・・。
朝早いので、まだ活動していないらしく、しばらくしてやっとやって来ました。

さて、1本目は、”ドリームロック”ポイント。ちょっと流れているようです。
エントリーしたところで大事件発生[パンチ]
ハウジングの中に水・・・。ライトに続いてカメラも水没か???
幸い、まだカメラは生きているし、水が増える気配はないので、ガイドにカメラを見せると、アイコンタクトとジャスチャーで、この辺で待っていてくれるというので一旦浮上。
ボートに上がると、地元スタッフが大慌てでカメラを受け取ろうとするので、
”Stop. Don't touch. Water, into ・・・”と、もう訳のわからない英語で制止。
なんせ、タンク背負ったままで船まで上がっちゃいましたからね[がく~(落胆した顔)]
ここで一度タンクを下ろし、カメラを倒れないように荷物置き場へ置いて、カバンから予備のコンデジを取り出しました。
スタッフ達はもう一度驚きの表情、”Oh another one!"とか言ってたような気がします。
再度、タンクを背負ってエントリーし、無事皆に合流しました。

ということもあり、この1本は一眼ではなくコンデジです。
このポイントの海はこんな感じ、キハッソクが泳いでいますね。
3_4-001.jpg

砂地ですからね。やはり、ハゼが多いです。
ですがそれは後にして、サンゴの根に集まる魚たちを見てみます。
ここはテンジクダイ系が多いですね。
大き目のやや暗色の奴はアポゴン・モノスピラスです。
その向こうの眼の周りに青筋があるのはアオスジテンジクダイの群ですね。
根の下の方には、キンセンイシモチやヒトスジイシモチなども居ます。
3_4-002.jpg
 
他にはクロリボンスズメダイやミツボシクロスズメダイが混じっています。
下の方から出ている白い線はオトヒメエビのヒゲです。

上の方にはスカシテンジクダイの群です。
天辺にある黒いウミシダの周りに何か居るようです。
リロアンのイラクポイントに居たのと同じ、黒いニシキフフライウオですね。
こちらは1匹多い。3匹居ますよ。

ハゲヒラベラやイソギンチャクに居たオドリカクレエビは、このカメラではその動きについていけませんでした。よって写真は没です。
3_4-003.jpg
 
このオレンジと黒いのは、これだけ色が違っていても、どちらもライアテールドティーバックです。メギスの仲間です。
非常に攻撃的で、カメラに向かってきます。
口を見ると牙が生えているようです。この顔は性格を現していますね。
3_4-005.jpg
3_4-006.jpg
 
さて、それではお待ちかねハゼコーナーです。
最初に居たのはオトメハゼでした。全然まともに撮れません。
どちらかといえばここは砂利に近い粗めの砂で、ダテハゼ系が多いようです。
レッドマージンシュリンプゴビー。背鰭が赤く縁取られているのが特徴です。
3_4-007.jpg
メタリックパートナーゴビー。メタリックシュリンプゴビーとも呼ばれるようです。
茶色っぽい赤を基準にしてオレンジや青と色々な色が使われています。
名前の由来になった金属光沢っぽい輝きは、この写真からは今一つ伝わりませんね。うまく撮れず申し訳ありません。
3_4-008.jpg
アークフィン・シュリンプゴビー。2匹写しました。
背鰭の模様が特徴的なのですが、この写真からは確認できませんね。
3_4-009.jpg
3_4-010.jpg
 
ヒレナガネジリンボウ。伊豆でもおなじみの奴です。
黄金崎などとは違い、こちらでは、普通に警戒心が強いです。
3_4-012.jpg
 
ムラサメハゼ。ギンガハゼの仲間です。
以前はワイバー(y-bar)シュリンプゴビーと呼ばれていました。
背鰭の模様が横筋になっています。
黄色個体も多いですが、この黒いのが本来の色ですね。
3_4-011.jpg
 
ケショウハゼ。こちらではポピュラーですね。
この写真じゃ色は分かりにくいですが、雄は綺麗です。
下の2枚は一応ケショウハゼだと思うのですが、一番下の写真は尾鰭の模様などに違いがあり、ウスゲショウハゼとかかもしれません。
3_4-013.jpg
3_4-014.jpg 3_4-015.jpg
3_4-016.jpg
あとは、ハゼの親戚でクロユリハゼ属の一種などもいました。
 
3_4-017.jpgさて、一応ハゼはこのくらいで。

かなりボケていますが、黒地に白色の線。そして、このクネクネした動きは、コショウダイ系の幼魚ですね。
実は、伊豆でも良く見るコロダイの幼魚なのですが、この大きさは伊豆ではあまり見ない、というか目に入らず、かえって分かりませんでした。
 
ヒメタマガシラの幼魚やブラックバンデッドデモイゼルなどが泳いでいます。
この黄色くて小さいのはミヤコイシモチでしょうか?
3_4-018.jpg
黒いカエルアンコウが居たのですが、あまりに小さい。
ライトもないので、とてもこのコンデジでは撮れませんでした。
(実は、帰国後、この判断は間違いだったことが判明。説明は後日・・・。)
 
ガンガゼが2匹でラブラブ散歩をしています。どちらが男の子でしょう?
3_4-019.jpg
 
トゲダルマガレイが、砂地を這っています。
本当に保護色です。一番写真が撮りにくいやつです。
一度しっかり色が出るように撮る必要がありますね。
3_4-020.jpg
 
トウアカクマノミは、砂地にポツンとあるイソギンチャクが住処です。
遠目から撮ったので色がおかしいですね。これがコンデジの限界か・・・。
3_4-021.jpg
 
ホシテンスの幼魚ですね。ヒラヒラとなかなか照準が定まりません。
3_4-022.jpg
 
3_4-023.jpg浅場のアマモ場は、魚達には天国。
右の写真はオニベラ。完全に保護色。
他にもアラレキンチャクフグやニセネッタイスズメダイ、ムナテンベラなど色々なやつが隠れています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。