So-net無料ブログ作成

2010/5/4(火)~5(水) フィリピンセブ島リロアンダイビング最終日 [ダイビング フィリピンセブ島]

毎回、最終日はちょっとハードです。
というのは、早めにダイビングを終え、翌日午前便に間に合うように、夜中にセブ空港まで移動する必要があるからです。

しかし、今回は更にハードな2日間となってしまいました。
4日、ダイビングを終了し、機材を洗い終え、ノンビリとしながらこの写真を撮っていたときには、こんなことになるなんて考えもしませんでした。
_100504_183423cebu-e.jpg
自分の影が長く砂浜に映し出されている、リロアンの夕暮れ時(18:34)です。

それでは、あらためて、4日朝からスタートです。
現地時間6:16(日本時間7:16)。夜が明けました。
対岸に見えているのが、今日潜る予定のネグロス島です。
トロパラのダイビングボート2隻が出発を待っています。
_100504_071636cebu-e.jpg
スタッフは既に出発準備を始めています。
_100504_071647cebu-e.jpg
さすがに、客はまだ誰も出てきていませんね。
_100504_071723cebu-e.jpg
 
時間は一気に飛びます。
現在、現地時間18:18です。すでに機材を洗い終え、ノンビリと散歩中です。
左の真っ黒なのがクマ。まだ生まれて数ヶ月(だったと思う)です。
右がロッシです。ロッシはもうかなりのおばあちゃんです。
_100504_181814cebu-e.jpg
 
18:20。西の空に太陽がだいぶ傾いています。
_100504_182054cebu-e.jpg
 
18:23。2匹揃ってガルーダ父さんの帰りを待っています。
実はこの2匹、食事時以外は仲が良いんです。
_100504_182327cebu-e.jpg
 
こちらでは道路が整備されていない為、砂浜は重要な通行路です。
18:29。ケンタが散歩から帰って来ます。
_100504_182932cebu-e.jpg
 
18:31。リロアン周辺に潜りに行っていたボートが帰って来ました。
_100504_183110cebu-e.jpg
もう西の空は日が沈みかけています。
_100504_183140cebu-e.jpg
18:33。リロアン周辺に行っていた第3のボートも戻って来ました。
_100504_183251cebu-e.jpg
 
18:36。もう日が暮れます。リロアンの海もしばらく見納めです。
_100504_183637cebu-e.jpg
 
前日の夕食は、オーナーの原さんの誕生日に加え、ケンタの100本,ジュンイチの700本記念をかね、ちょっとしたパーティーでしたが、本日はほとんどの人が帰路に着くので、まったりした時間を過ごします。

明日は、3:00にはこちらを出発してセブ空港に向かう予定なので、適当な時間で切り上げ、機材を荷造りして就寝。明日に備えます。
僕は荷造り後、最後にウミウシ談義で少し盛り上がってから、1時間ほど遅れて就寝しました。

翌2:00に目を覚まし、出発の準備。2:30には車に乗っていました。
実際の出発予定は3:00なので、ここでもおやじ時間でちょっと早め?

さすがにこの時間は空いていますから、6:00頃には空港へ到着。
帰りの車内ではほとんど寝ていますから、時間が短く感じます。
まだ、空港は動き出しておらず、数人が検査場が開くのを待っているだけです。
それでも程なく荷物検査が始まり、チェックインもほぼ先頭で終えました。
この後、空港使用料を払い出国審査へと進むのですが、まだ係員が来ていません。少しして、空港使用料窓口だけは開きましたが、その先はまだです。
2番目に並び待つことしばし、順番を待つ列だけがドンドン長くなっていきます。
突然、現地のスタッフが僕のカバンを持って行き、秤にかけています。どうやら大き目のカバンなので目をつけられたようです。重量は7kgで問題なく通過。中はカメラとパソコンですからどうしようもないんですけどね。

やっと出国審査官が準備完了し、審査開始。
免税店でお土産のチョコを買い。待合室へ入ります。
免税店のPCも手荷物検査の機械も動いておらず、全て手作業になっており、一人一人荷物を開けて調べています。
なにかと時間がかかりましたが、待合室で出発を待つだけとなりました。
さ、後は数時間で日本に帰ります・・・。

なにやら様子がおかしいです。飛行機に乗ったクルーが引き返してきます。
7:30出発予定なのに、ボーディングがなかなか始まりません。
と、放送が・・・。
「故障修理中のため、出発が10:30に・・・」。
え~~!!!
「皆様には軽食をお出ししますので・・・」。
いったい何が出てくるんでしょう。
ダンキンドーナッツと飲み物が用意され、まずは子供、女性の順に。
しかし、途中からはもう滅茶苦茶、最後の方はスタッフが喜んで食べています。
コーヒー用のお湯も用意されたのですが、最初はまだ温まっていないし、2台持って来て1台はコンセントにすら刺さっていないという、なかなか大胆なセッティング。
トイレ(特に女性用)は大渋滞。すごいことになっているようです。
_100505_094205cebu-t.jpg
 
しばらくして、出発時間が9:30になるという朗報がありました。
が、見ていると、またまたクルーが戻ってきます。
今度は再度12:30へと時間変更。は~、そろそろ疲れてきました。
・・・・・・・。
 
_100505_123717cebu-t.jpgあ、放送です、何か進展があったのでしょうか。
「再度出発時間の変更を・・・、14:30・・・、皆様方には向かいのホテルにて昼食をご用意・・・」
ついに待合室を追い出されてしまいました。

民族大移動の開始です。
1列に並んで向かいにあるホテルに移動します。
途中、中へ入る人たちとすれ違いになるのですが、あちらの人たちも「いったい何事が」といった眼で見ています。

当然、ゴールデンウィークの最終日ですから人数も半端ではありません。
ホテルの食堂に入りきる訳もなく、廊下に延々と丸テーブルを並べ、バイキング形式の昼食が用意されました。
ちょっと出遅れると、食べる物がほとんどなくなるのは仕方がありませんね。
鮨もあったのですが、初めの方の人が大量に持っていってしまい、二度と出てきませんでした。
_100505_115038cebu-t.jpg
ドーナッツの木も一度枯れたら二度と咲くことはありません。
_100505_115843cebu-t.jpg
 
もう13:30です。何か進展はあったのでしょうか。

と、このとき「皆さんお待たせしました、再入場が始まります」。
やったー、どうにか今日中に日本に帰れそうです。
またまた、民族大移動。今度は並んでいる人たちを追い越し、一気に中へ進みます。
待合室は、先ほどとは逆にある2番。もう何処でも良いです。
情報によると、荷室が開かないとかロックしないとかの故障が直らず、マニラから代替機を飛ばしてきたということらしいです。
無事日本に帰れる目処が立ったので、細かいことはもうどうでも良いです。

結局、昼過ぎに帰る予定が、成田には20:00到着になりました。
もうほとんど最終便に近く、他に人は見当たりません。
83辺りのゲートに着き、一団となって人が移動していきます。
連絡モノレールに乗り、空港第二ビルに入り、また集団が移動開始です。
先頭が右へ進むと、皆続いて流れ込むのですが、あれ、流れが乱れましたよ。
ここは左へ行くところだったようです。何処からともなく笑いが漏れています。

最後はこんな落ちでしたが、10時過ぎには自宅に無事到着。
色々ありましたが、これも旅の楽しみの一つ、後になれば楽しい思い出です。
次は何時いけるんでしょうね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。