So-net無料ブログ作成

2011/8/12-17 レンベへの旅2日目3(ダイビング3本目) [ダイビング インドネシアレンベ]

2011/8/12-17は、インドネシアのレンベ。マクロ三昧ダイビング12部作予定。

2日目(8/13土) ダイビング3本目 AER BAJO3(水温27℃,Max23m,66分)

ついに本命出現。これこそ本家、”ミミックオクトパス”。
_110813_162406lmb-uw.jpg

で、浮かれていたら、これだけじゃすまない。”ヘアリー”が。
_110813_160336lmb-uw.jpg

それだけじゃない!!こんなのまで、”ツノカサゴ”
_110813_163134lmb-uw.jpg

いったいどれだけ出て来るんだ[雷]

あまりに当たりすぎて他が霞んじゃいそうだが、一気に。まずは”ムラサメハゼ”の黄色個体。
_110813_155141lmb-uw.jpg

こいつは”ヒラベラ”。ハゲヒラベラと似ているが、こいつら属が違うんだ。初物だけど霞んじゃっている。
_110813_155219lmb-uw.jpg

ここでは普通種の”メイタイシガキフグ”。「なに見てんだよ」とこいつかなり挑戦的。
_110813_155639lmb-uw.jpg

こいつもここでは常連。”イッポンテグリ”。普段ならもう少し扱いが良いんだけど・・・。
_110813_155725lmb-uw.jpg
少し配色が違うそっくりさんが居るらしいが、ネット上でもかなり混同されているようで、正確な情報がわからない。過去の写真も調べたが、怪しいのはあるが決定的なものは見当たらず、当分は全部こいつってことで。

ここで出てきたのがこいつ、”ヘアリーカエルアンコウ”。まだモジャモジャには程遠いのが残念。
_110813_155915lmb-uw.jpg
家で調べると、こういう種類は存在していないことが判明。実はThe”カエルアンコウ”の環境対応らしい。そういわれると、以前大瀬でややモジャモジャ君を見た記憶が。

3本目でカメラの設定が落ち着いてきたせいか、まともな写真が増えてきた。普通の”トサカリュウグウウミウシ”も写りが良いのでつい載せたくなっちゃう。
_110813_155948lmb-uw.jpg

レンベはウミウシも多い。これは”レンゲウミウシ”。伊豆でも見られるそうだが、あっちではお目にかかっていない。
_110813_160547lmb-uw.jpg
似たような種類にムラサキシボリウミウシやスミレウミウシなどがあり随分迷ったが、結局縁の黄色と白の縞模様でこいつにした。ネット上ではかなり混乱しているようだ。

何の変哲もない”ヒトスジタマガシラ”だが、これだけはっきり写っているのは初めて。
_110813_160827lmb-uw.jpg
光の当たり具合なのだろうが、玉虫色に輝いているのがなんとも・・・。

”コウライトラギス”だと思う。もっと違う種類かと思ったのだが、結局こいつに落ち着いた。
_110813_160936lmb-uw.jpg
赤道直下で、伊豆での超常連が見られるというのも何か変な気がするが。

”ニシキフフライウオ”。これからも出て来るとは思うが、実は結構そこらじゅうで見られている。
_110813_161216lmb-uw.jpg
今回に限り、興味の対象外という悲しい状況に。

”ヒメテングハギ”の幼魚。実は初物だが、成魚は水族館で見たことがある。
_110813_161416lmb-uw.jpg
小さくてフラフラ泳いでいた割にはちゃんと写っているので、少しはカメラに慣れてきたのかな。

南方常連のエイ、”ヤッコエイ”。少し遠めだったが、これだけ写るのは透明度とレンズの明るさだろう。やはりF2の効果は絶大。
_110813_161816lmb-uw.jpg

折角見つけた”ミミックオクトパス”なので、しばらくご堪能を。
_110813_162349lmb-uw.jpg
_110813_162416lmb-uw.jpg
_110813_162436lmb-uw.jpg
色々変化するので有名になったが、一説では変装が下手だから見つかりやすいという声も。だいたい、擬態するっていうのは、敵から隠れるのと同時に餌を捕るための手段でもあるらしく、昼行性である証しらしい。夜行性なら外観は気にならないかららしいが、本来タコって夜行性って感じなんだけど。

かわいい”セミホウボウ”。この少し前には成魚にも遭遇したが写真は没。やっぱり小さい方が可愛い。ただ、環境のせいか、伊豆のものに比べて体色に青色が殆ど見られず地味。
_110813_162629lmb-uw.jpg

”ホソフウライ”ってことにしてみた。もともとこいつの分類は今一つはっきりしていない。カミソリウオの幼魚とされたりしているが、分類上は存在しているようだ。細くて透明が合言葉だが、はたして…。
_110813_163022lmb-uw.jpg

”イロカエルアンコウ”。こいつも今回は冷遇されている奴。他があまりにも多すぎてね。
_110813_163128lmb-uw.jpg

”ツノカサゴ”は本来稀種のはずなのだが、ここではかなりの確率で見つかる。生息や産卵場所になっている可能性が高いのでは?この時も大小(親子?)のペアで発見。
_110813_163254lmb-uw.jpg

”オオウミウマ”かな?今までも、タカクラタツやクロウミウマとの違いが分かりづらく保留してきたが、今回少し研究してみた。
_110813_163430lmb-uw.jpg
頭部の冠状突起の明瞭さにはやや疑問が残るが、顎の下や眼の上の棘の角度や、イバラタツほどではないトゲトゲ感が気になり一応オオウミウマってことで(かなり不安)。

藻場の中に隠れていた”シロブチハタ”の幼魚。
_110813_163909lmb-uw.jpg

藻場で藻にまみれていた”タイワンガザミ”。ガザミのメスと酷似するらしいが、背中の模様とかはこんな感じ?
_110813_164137lmb-uw.jpg

”サツマカサゴだろうと思うが、”ニライカサゴ”の可能性も。見慣れたサツマとは少しイメージが違う気もするんだが。
_110813_164510lmb-uw.jpg

”モルッカンカーディナルフィッシュ”。ネットの紹介ページに載っているような一枚が撮れたので。
_110813_164546lmb-uw.jpg

”キヘリモンガラ”。初めにも書いたが、ここでは常連。
_110813_164559lmb-uw.jpg

”シルバーラインカーディナルフィッシュ”。こいつも本に載せられそうなカット。50mmF2の威力か。
_110813_164719lmb-uw.jpg

”モヨウフグ”の若魚。初めは何かわからなかったが、調べていくうちにモヨウフグだとわかった。これだけ黒色斑点がはっきりしているとイメージがかなり違う。
_110813_164959lmb-uw.jpg

他にも、ブラックバンデッドデモイゼル,キリンミノカサゴ,スミレスズメダイ,オオイカリナマコ,シマヒメヤマノカミ,ハゲヒラベラ,ハナミノカサゴ,サザナミフグ等、まだまだ色々いたのだが、あまりのヒットの多さに除外。
3本目でレンベの凄さが爆発。このペースだと明日以降はどうなるんだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。