So-net無料ブログ作成

2011/8/12-17 レンベへの旅4日目1(ダイビング9本目) [ダイビング インドネシアレンベ]

2011/8/12-17は、インドネシアのレンベ。マクロ三昧ダイビング12部作予定。あれ、13部作?

今日も6時半に起床、7時過ぎに食堂へ。
前日と同じ、卵をサニーサイドアップ+ソーセージ。出来上がりも々両側タコ足君。

4日目(8/15土) ダイビング9本目 BATU SANDAR(水温27℃,Max24m,57分)
流れが急なポイントへピグミーを探しに。ピンクと黄色がいるらしい。かなり踏んばらないときつめ。しかも小さいので写真はなかなか難しい。
基本的にピグミーは”Municella”という種類のイソバナにしか生息せず、色は2パターン。
①薄灰色か紫色:桃色か赤小塊茎(Muricella plectana)
②黄色:オレンジの小塊茎(Muricella paraplectana)

写真は①の方の”ピグミーシーホース”赤っぽいバージョン。吻の先がちょっと隠れちゃった。
_110815_093558lmb-uw.jpg
すぐ傍に黄色の奴が居るはずだったんだけど、今回は見つからず、残念。

ついに今日で潜り収め。寂しい・・・。
そういえば、どんなところで潜っているのか全然写真を撮っていなかったので参考までに。
まずはリゾートを出て右(北)へ、
_110815_085344lmb-uw.jpg
入り江の突端を抜け進む。対岸には大型の貨物船が。
_110815_085705lmb-uw.jpg
さらに進み、さっきの突端が遠くに見える。
_110815_085809lmb-uw.jpg
ここが今日1本目のポイント。
_110815_090105lmb-uw.jpg
ポイント的には陸上の風景はどこもこんなもの。レンベ島側か、対岸のスラワジの本島側かの違いくらい。

目的がピグミーだったので、流れに乗って一気に-24mまで。なので、途中の写真は無し。
最初は黄色の方(オレンジの小塊茎”Muricella paraplectana”)を探したが、見つからなかったので薄灰色~紫色(桃色か赤小塊茎”Muricella plectana”)へ移動。
_110815_093533lmb-uw.jpg
こっちの方がピントは合っているんだけど、向こう向き。

みんなが交代で撮っている間に、待ち人はこちら、”イボイソバナガニ”。口が長いのは雄。
_110815_093435lmb-uw.jpg
伊豆でも常連だが、ここは伊豆と環境が似ているからね。

だいぶ時間を使ったので、エアもデコも厳しい。しかも流れに逆らっての戻りだから結構大変。帰りもあまり見ている暇はなく、写真もほとんどない。珍しい!!
ま、それでも、いくつかは載せないとね。

こんな時でもなければまず載せないって?失礼な奴だね。”ニセネッタイスズメダイ”。
_110815_094020lmb-uw.jpg

最初は現地の英名”Spiny Blue Lobster”で呼ばれていて、てっきり別の種だと思っていたら、実は”ゴシキエビ”だったという逸話があるやつ。
_110815_094354lmb-uw.jpg
5cm程の個体なので、小さいときはこんな配色なんだね。

オレンジのマンジュウヒトデには”ヒトデヤドリエビ”。
_110815_094834lmb-uw.jpg
資料の写真ではもっとカラフルだったが、こいつはほぼ赤単色に近い。小さめの個体なので今一つなのかもしれないが、体後半は明るいように見える。

やや浅めに来ると”チンアナゴ”が首を伸ばして(?)食事中。
_110815_095415lmb-uw.jpg
ここいらの奴は警戒心が強く、少し近づくだけでどんどん引っ込んで行ってしまう。

他にはミゾレチョウチョウウオ,アカテンモチノウオ,アオヤガラ等が少し遠めに泳いでいた。最後にイソコンペイトウガニが居る場所へ。が、あえなく撃沈。どこ行っちゃったんだ?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。