So-net無料ブログ作成

2011/8/12-17 レンベへの旅5日目3(帰路) [ダイビング インドネシアレンベ]

2011/8/12-17は、インドネシアのレンベ。マクロ三昧ダイビング12部作予定。あれ、13部作?
最後の一部は2日にまたがり東京への帰路。あ~あ、ついに終わっちゃうんだ。

昨晩判明したTシャツ60→16事件、この朝、さっそく買いに。黒はサイズがなく赤。
002.jpg
”critters@lembeh”、模様はミミック。これは自分のだよ。

最終日もいい天気、帰っちゃうのがもったいないよね。
_110816_100601lmb-ld.jpg
今度はいつ来れるかな・・・。

ところで、今日帰るのは僕たちだけらしい。
ちょっと早めに出てきて船着き場でうろうろしていると、港の係なのだろう、「荷物は」と聞かれたので「部屋の前」だというと、3人で向かった。
少しすると、1人が荷物を肩の上に担いで戻って来る。お~、すげえ。
荷物を置くと、彼はまた部屋の方へ戻って行き、今度は3人が荷物を担いで階段を下りてくる。
最初の彼は2回運んだんだね。ご苦労様。

しばらくすると、フロントの担当者が、「実は、gだjklhふぇうhふぁk」
申し訳ない。彼の英語は聞き取りにくい、もう一度お願い!まあ、こっちの英語力に問題があるのも確かだが・・・。
「10時出発予定だが、もう人はそろっているので9時45分にするか。俺が空港まで送っていくよ。」
”No problem”うまく聞き取れなかったこと以外、何の問題もない。

ここから連絡船に乗る。
_110816_100610lmb-ld.jpg

スタッフが手を振って見送ってくれる。
_110816_104355lmb-ld.jpg

この辺りに見えるのが、僕らが泊まったコテージ。
_110816_104408lmb-ld.jpg

あっというまに対岸についてしまった。こうなるとあっけないものだ。
_110816_105533lmb-et.jpg

このゲートをくぐると・・・
_110816_105551lmb-et.jpg
さあ、長い帰り道の始まりだ。

こちらでは、いたるところに破損した船が放置されているのが印象的。
_110816_105631lmb-et.jpg

車で、行きに来た道を空港まで逆戻り。
帰りの運転手はかなりのおしゃべりで、隣に座ったスタッフに運転中ずっと話をしていた。よく話が尽きないものだ。
目ぼしいものはないかと窓の外を眺めていると、まずは牛。
_110816_110320lmb-ld.jpg
かなり痩せているように見えるが、これは野良牛?

これはいったい・・・(中はどうなっているんだ?コーンヘッド??)。
_110816_111551lmb-ld.jpg

これも目に付いた。学校帰りの時間らしく、お迎えのバイクも多い。
_110816_112249lmb-ld.jpg
中々個性的なランドセルだ。よく見ると女の子は2人乗っている。

家の玄関に何かオレンジ色のものが干してある。
_110816_114949lmb-ld.jpg
トウモロコシのようだ。港で嗅いだあの匂いは、これの醤油焼き?

信号はほとんど見当たらなかったが、街中でやっと一つ目。
が、信号は動いているのに警官が出て交通整理している。混んでいると信号の意味がないらしい。
こちらは2つ目。後11秒と時間が表示される。
_110816_120009lmb-ld.jpg

結構きれいな車がたくさん走っているが、中にはこんなのも。
_110816_120159lmb-ld.jpg
そういえば、バリでも見たな。

道路脇に二色の旗が立っているのだが、
_110816_121646lmb-ld.jpg
_110816_121656lmb-ld.jpg
_110816_121717lmb-ld.jpg
地域によるのか、配色に違いがある。一番多かったのは最後の白赤だが、これはインドネシア国旗が並んでいるらしいが、他の色のものは何の意味があるのだろう?

そうこうしているうちに、空港に到着。スタッフとお別れの挨拶をして中へ入る。
さっさと大きな荷物を預けてチェックインを済ませ、時間があるのでお茶することに。
小さな空港なので店も少ない。それ以上に店員は無関心?
麺類が看板に上がっている店に入り、ラーメン(?)の値段を聞くと、15000。両替した残りのルピアが一人当たり100000ほどあるので問題ない。
缶入りのポカリがあったので飛びついた。出発以来久しぶりだ。値段は20000。こっちの方が高いんだね。
_110816_130509lmb-et.jpg

まだ少々時間があるので、出発ゲート(4番)の前で腰を下ろして待つ。
眼の前のこれが出国ゲートらしいが、
_110816_134314lmb-et.jpg
来た時の混雑を考えると、これで間に合うのか?

飛行機はすでに待機している。
_110816_141317lmb-ld.jpg
これでシンガポールへ、4時間の旅だ。

時間が来て出国手続きが始まる。
結構あっさり進むが、手荷物検査の段階で水の取り扱いが・・・。
本来、持ち込み禁止のはずだが、検査直前で見せても、機会を通せという。
ところが、中へ入ると、ここで飲むか放棄しろという。予想通りだが、もっと早く言えよ!!

飛行機に乗り14時に出発。うとうとしているうちに17時すぎにはシンガポールへ到着。
帰りはここで6時間ほど時間調整が必要なので、事前にトランジットホテルを予約しておいた。
場所はT2の2階、ここをあがったところ。
_110816_184532lmb-et.jpg
最大6時間で、二人部屋なら1人US$33-なので、シャワーも浴びれるしゆっくり休める。
出発便に合わせて、ちゃんと時間を計算して起こしてもくれる。

休む前に荷物を部屋に置いてお土産物を買いに行く。一番簡単なのはチョコレートかな。
_110816_190538lmb-et.jpg
チョコレートだけのお土産物屋さんがある。

ついでにT2を見学して、軽く食事。
_110816_190625lmb-et.jpg

食事は中国系の食堂。店員がやけに軽い。食べ物ははっきり言ってお勧めできないな。
ここ、シンガポールでは通貨はシンガポール$。
一応支払いはUS$で換算してくれるが、おつりはS$で帰ってくるため、少しずつ溜まっていくが、中々使える金額にならない。
食事を済ませ部屋へ戻るとまだ3時間ほど時間がある。シャワーを浴びて寝ることにする。飛行機の中はまたあとで考えよう。

22時にモーニングコールが鳴り、22時30分がチェックアウトの時間。そろそろここも出る時間だ。

フライトボードで出発便のゲートを確かめる。
”SQ638”成田行きはと・・・、あれ、見つからない?機名が違うのかと良く見るが、やっぱりない。やばい!!
ここではたと気付き、チケットで出発ゲートを確認すると、「T3のB2」。
いけない、ターミナルが違う。来るときは同じターミナルだったので気を抜いていた。

急いで”スカイトレイン(SKYTRAIN)”を探すと、ちょうどドアが閉まるところだ。
_110816_234213lmb-et.jpg
まあ、2分毎位に運航しているので、別に急がなくても大丈夫そうだ。
ただ、気を付けないと夜中の2:30-4:59は運行休止になるらしく、歩いた人によると20分はかかるらしい。
次のトレインに乗ると、数分でターミナル3に着く。外を見ていたら、大きな通りを数本またいでいる。これじゃ歩いたら大変だ。
_110816_234238lmb-et.jpg

ターミナル3は天井が高く、T2に比べ開放感がある。明るさもずいぶん違う。にしても、ここも広いな。
_110816_234253lmb-et.jpg
_110816_234652lmb-et.jpg
_110816_234701lmb-et.jpg
_110816_234905lmb-et.jpg

やっとB2ゲートを見つけた。ここも水は持って入れそうにない。中で売っているのかな?
中は広い待合室。中央にカウンターのような売店が1つ。人が大勢群がっている。
結局ここで買う以外方法がないようだ。水はS$2。US$でも同じUS$2。まあおつりは来たけど、結局使える金額にはならなかったな。

ここまで来ると、お疲れの人も多く見られ、シートに寝転がる人も。
_110817_000918lmb-et.jpg

飛行機に乗ってしまえば、7時間ほどで成田に着くので、これが本当に旅の最後。
さっき寝てしまったので、機内では時間を潰すのが大変かもしれない。
が、この考えは杞憂に終わった。
帰りの機内で映画を物色していたら、GANTSが2つある。1つは「GANTS Parfect Answer」これって完結編。
行きと帰りで、ちょうどいい感じで見ちゃった。
見終えてまだ時間があるし、予想通り眠くならないのでもう一本、「ソースコード(Source code)」
残念ながら吹き替え版(字幕は中国語なので原版では見られなかった)だったが、十分楽しめた。
見終えてそろそろ眠くなった頃に成田到着。退屈はしなかったけど、時間感覚はむちゃくちゃだ。

ついに、帰ってきちゃったよ。1週間は短いね。今度はもっと長く行きたいな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。