So-net無料ブログ作成

2012/6/4(月) フィリピンルソン島アニラオ3日目-ダイビング4本目 [ダイビング フィリピンアニラオ]

2012/6/4(月) フィリピンルソン島アニラオ3日目
4本目:DAKIEDA Point Max17m 64分
狙いはニシキテグリとサンゴモエビspのはずでしたが、あまりの初物ラッシュで、目玉のはずの2種がかすんでしまいました。
どれをメインにしようかと迷いましたが、やはり見栄えからこいつ、アカボシハナゴイ
_120604_173714anilao.jpg
初めは1匹だけだったので慎重に撮っていたら、結構群れでたくさんいるんです。とはいえ、泳ぎ回る奴はやっぱり撮りづらいですね。

このポイント、今回のダイビングでも1,2を争う熱いポイントでした。
だって、こんな浅いところにこんなに色々いるんですよ。

初物がたくさんいるのですが、やはり初めから順番に行ってみましょう。
早速ですが、昨日はおなじウミアザミにはカニが居ましたが、本日はエビ。

キセニア・シュリンプ
_120604_171355anilao.jpg
正式には”ナガレモエビsp”らしいのですが、ウミアザミ(Xenia)に見事に擬態しています。 

次はスミレナガハナダイ。左がオス、右がメスです。本来もっと深いところに居るのですが。
_120604_172031anilao.jpg _120604_172048anilao.jpg
メスは他のハナダイ系に似ていますが、各鰭の縁の青色がポイント?

ちょっと窪んだところで、キャンディーケインドワーフゴビー(左)を発見。まあ、こちらの方では比較的見ますが配色が面白いのでついつい撮ってしまいます。で、右の奴アナモリチュウコシオリエビですが、実は撮った記憶がありません。
_120604_172207anilao.jpg _120604_172214anilao.jpg
この写真、キャンディーを撮ったら、端にロボコンが・・・、実際には縁に隠れてまるで見えていなかったんです。

こいつは初物、というか目の前を通り過ぎる時、何か見覚えのないスズメダイだと思ってシャッターを切りました。写真を調べてみると、結論は”アルファスズメダイ” 。こいつももっと深めの種では?
_120604_172243anilao.jpg
特に側線が目立つのが気になって撮って見たんですよね。思いの外色味もきれいです。それにしても咄嗟に撮ったにしては、見事にバッチリ写りましたね。

続けて初物。インコハゼ属の1種(Exyrias akihito)。和名はないのですが、学名をよく見てもらうと何か気が付きませんか?天皇陛下のお名前が・・・。
_120604_172406anilao.jpg
一瞬オバケインコハゼを連想しました。調べると近似種ということらしいです。

ちょっと休憩、普通種にも目を向けてみましょう。
左:キイロイボウミウシ 右:ジュウモンジサラサハゼ
_120604_172736anilao.jpg _120604_173058anilao.jpg
う~ん、要らなかったかな?

海の中では初物、トミニサージャンフィッシュ。
_120604_173528anilao.jpg
水族館では見たことがあり、見つけたときは「トミニだトミニだ初物だ」と唱えながら追いかけていました。他の人は全然興味なかったようですけど・・・。

この辺りで、枝サンゴの広がる場所にカラフルな魚たちが乱舞していました。目的はこの珊瑚の間なのですが、それ以上に上の景色が衝撃的で、アカボシハナゴイを撮るのにしばし夢中に。なんたって、こんなに浅いところに、こんなにいるとは思いもしませんでしたからね。
他にも、ユカタハタの幼魚(左)がそーっと顔を出したり、アンボンスズメダイ(右)他色々なスズメダイが乱舞していました。
_120604_174117anilao.jpg _120604_174551-1anilao.jpg

ふと足元を見下すと、ん、こいつは、ミスジアカヒレイシモチですよね。
_120604_175723anilao.jpg
このテンジクダイ、最近こいつの幼魚の写真で色々迷ってこいつに行きついたことがあり、見つけた瞬間、「あ、こいつは」と思いました。結構大きいんのに驚きましたけど。成魚としては初物です。

やっと目的の奴らに到着。もう、終りに近いんですけどね。
左がニシキテグリ、右がサンゴモエビ属の一種です。
_120604_180116anilao.jpg _120604_180237anilao.jpg
目的という割に扱いが小さいのですが、まあ、初物というわけではないので、この展開では仕方がありませんね。

最後に、こいつ。日中はほとんど外に出てきてくれないので、この写真もかなり無理やり撮りました。
_120604_180726anilao.jpg
ホソスジナミダテンジクダイだと思うのですが、ナミダテンジクダイとの区別が今一つ。いつも迷っています。

メラネシアンアンティアス,ヒメニセモチノウオ,ウミアザミ,キンセンハゼ,ニチリンダテハゼ,ミスジアオイロウミウシ,カタボシオオモンハゼ,クロヘリイトヒキベラ,ヤライイシモチ,クロオビスズメダイ,ヒラテンジクダイ,ラボックスラス,パープルビューティーなど
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。