So-net無料ブログ作成
検索選択

2012/11/23(金) インドネシアバリ島トランバン1日目-往路 [ダイビング インドネシアバリ島]

2012年11月23日(金)~27日(火)は、2001年8月以来、11年ぶりのバリ。
前回は初めてのバリ島で、見る景色見る景色、何とも新鮮で創作意欲(?)が駆り立てられ(暴走して)、ついには車の助手席に乗せてもらい、移動中も一眼で景色を撮りまくり!!当時はまだフィルムカメラだったので、重いカメラに望遠付けて、よくやったよな~。
でも、今回も地上写真は欠かせません。比べてみると、またちょっと面白いことも色々わかって来るし・・・。
_2012bali00100.jpg
道路脇の神像もスケールアップしている


出発は、羽田発11月23日AM1:00の深夜直行便。帰りも深夜になるので、今回は羽田に車を置いていくことに。諸事情により、やや早めの19時出発。最近はカーナビなんぞという文明の利器が発達し、日々変わる道路事情もなんのその・・・、のはずだったのだが、目的地に羽田の国際空港が無い??いや、あることにはあるが、僕が記憶している場所とはなんとなくずれているような・・・。こ、これって、昔の場所(地図が更新されていない)?指定すると国内線ターミナルに行っちゃう。確か新しい国際ターミナルは今は懐かしき学生時代、よくドライブに行った羽田空港の辺りのはず。「ま、仕方がないか、いいや無理やり位置を指定しちゃえ」ってんで、羽田線ルートを設定するという荒業に。行ってみりゃ分るだろうと、その辺は適当に。う~ん、これじゃ文明の利器もそれほど役に立っていないような・・・。

高速に乗り、5号から環状へ。時間的に合流がかなり混んでいたが、時間はたっぷりあるのでのんびりと。あれ、今、八重洲線は通れないんだよね。外回りで京橋経由。考えてみれば、この辺りは高速の真ん中に橋脚が立っている、何ともすごい作り。これじゃ作り直すのは不可能と言われて、そく納得出来ちゃう。とか何とか言っているうちに、昔懐かしいルートで羽田空港周辺に到着。微妙に道が変わっているが、入り口はどこだ?標識があるから取り敢えずそれに従って行きゃあ良いよね。あれ、あれ、・・・、あ、ここだ、ここだ。なに!なんでこんなに車がいるんだ?今8:30ってところだよね。こんなに空港に用がある人がいるの?みんな暇だね~。あ、僕らもか。まあいいや、そのうち入れるだろう。ものは考えようで、ここで9時からのドラマ(Dr.X)が見られるかも。
パイロンの右側を高級そうな車が通って行くよ。金持ち用の何か裏ワザがあるのか?いや、単に、我慢できないだけのようだね。あきらめた人が外に出ていくための通路らしい。確かに、今日みたいに連休前だと、必然性のない人には遠慮してもらった方がいいかな。
なんだかんだ言って、ちょろちょろ進んでいるよ。まだ20分程だけど、もうゲートがすぐ目の前じゃないか、もうすぐ入れるよ。でも、これじゃ車の中でドラマ見るのは無理だな(どっちが大事なんだ?)。
開いているゲートは2か所。入庫可能になるのは、出庫車が数台出てからのようだ。1回に入れるのは3-4台みたい。シグナルが青になるや否や、隣のゲートとボタン競争。まごまごしていると、どんどん抜かされちゃうことに。これは気合入れなきゃ。「よし、勝った?」っていうか、まあ、1回に数台は入れるわけだから、先頭に居れば入れるのは当たり前だね。
ここの駐車場は7階建てのはずだが、どうやら一番上は閉鎖されているようだ。この混雑するときなんだから、これは痛いね。さてさて、案内板はどうなっているかな。うん、空きがあるのは1階のみだ。え、消えた?どこにも空きが無い?そうはいっても中に行けばどこかあいているはず。確か一番いいのは2回だったはずだから、とにかく2階に上がっちゃう。ほら、結構空車の列があるじゃないか。やっぱりこれだけ大きいから、タイムラグとかでそれなりに空きはあるんだよ。じゃ、ここ・・・。だめだ、先に取られた!!それじゃ、少し進んでここならどうだ。おお、やったね!!入り口の目の前の通路、ラッキー。作戦成功だ。まだ時間があるから、荷物はこのままにして先に食事に行っちゃおう。
あれ、壁?通路が無い・・・。いや、連絡通路は3階だから??って、いい経験です。

エレベーターで3階へあがり、連絡通路を抜けると到着ロビー。食事するにはさらに上の上へ。ここで、ヒロコから連絡、今駐車場に着いたけど、かなりの列にちょっと困惑気味?僕らも同じような状況だったが、それほど待ったとは感じなかったので、合流待ちすることに。が、どうやら状況が悪化しているらしく、簡単には駐車場に入れそうにないらしい。彼女曰く、ちょっと見怖そうな(?)人物が、なにやらゲートの係員にいちゃもんをつけているとか・・・。え、見覚えがあるって?それは知らん顔をするべきだな。と冗談はさておき、単に、”さらに後方に付けた今回のツアー参加メンバーが、係員に状況確認しに行っていた”という図らしい。まあ、多少の誤解(?)はあったが、40分待ち程度は当たり前らしい。国内線に停めるから帰りに回ってほしいなどとの提案もあったが、これは無視。まだ時間的には十分余裕があるし、そんな面倒なことせず並んでろって。
ということで、僕らは一足先に悠々と食事に。前回ここを利用した時はまだ出来たてのころで、あの時に比べれば数段空いている。候補は「しゃぶしゃぶ」と「トンカツ」に絞られたが、今回は「トンカツ」を選択。間に合いそうにない人にはお弁当。こちらも「トンカツ」の方が良いということで、問題なく決定。

食事が終った頃、やっとみんな駐車場に入れ、無事集合。ほんの30分ほどの違いで、ずいぶん差が出たようだ。あれ、まだ一人足りないような・・・。実はとっくに着いていて、別の場所で一人寂しく待っていたらしい。可哀そうに。とにかく、全員集合。両替は?え、ゆいちゃんがもうしてある。じゃ大丈夫だねって、みんなかなりお気楽。
いつの間にか、もう搭乗手続きの時間。出国手続きもそれなりに混んでいるようなので、さっさと入っちゃおう。混雑の原因は、ランダム検査のようだね。金属探知機が、勝手に鳴るっていうやつ。どうせ鳴るならと、以前より金属探知機の感度も上げているみたいだし。
_2012bali00000.jpg
出発は134番ゲート。こんな大きな番号あったっけ?ってバスじゃん。やられたね、結局バスで行くんだ。
_2012bali00010.jpg _2012bali00020.jpg
昔ながらのタラップ乗機。これはこれで旅の気分が盛り上がる。
やっぱり、直行便はあまり大きくないんだね。連休前で、もちろん満席。
出発は25:00。バリ島へは7時間のフライトで、時差を入れると現地7:00頃の到着予定。今回は、到着後2本は潜る予定なので、しっかり寝ておく必要がある。でも、一応映画のチェックはしておかねば。日本語で見られそうなのは・・・、2本はどうにか。帰りはこの2本だな。むにゃむにゃ・・・。

・・・・お菓子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・朝食・・・・・・・・・・着いた!!
_2012bali00040.jpg
おお、なんかすごい近代的。デンパサールってこんなんだっけ?10年一昔っていうけど、本当だね。その分こっちも10年分、年を取っているってことだけど・・・。それにしても暑い!!
_2012bali00050.jpg _2012bali00060.jpg
こんなアーケードまで出来ちゃっているし、スタバもある。ただし、ルピアが無いと払えないらしい、50000くらいかな?最後の手段はカード。数百円にカードってあまり経験が無いな。

_2012bali00070.jpg
建設中。さらに空港を広げる気みたい。開発のペースが半端ない。スゲーな。

_2012bali00110.jpg
交通事情も進化している。前回は自転車や馬車なんかも結構見たけれど、今はバイクが主流かな。みんなちゃんとヘルメットをかぶっているし、この暑いのにきっちり上着を着ているぞ。(よーく見ると、実は一か所、なぜこれだけの装備なのにと思う場所が・・・。答えは帰りの回に。)

道路も何か見違える。
2001年8月                     2012年11月
2001bali0001.jpg _2012bali00080.jpg
2001bali0003.jpg _2012bali00140.jpg
2001bali0002.jpg _2012bali00170.jpg
今も町の中は進化を続けているって感じ。ほら見てよ、この上の右(↑)の写真なんか、すごくない?走っている車もほとんどがきれいだし、車のナンバーが無ければ、日本だって言ってもきっと誰も疑わないよ。

_2012bali00190.jpg _2012bali00200.jpg
_2012bali00210.jpg _2012bali00220.jpg
_2012bali00250.jpg _2012bali00260.jpg
トランバンまでは、少し道のりがある。記憶では、町と町をつなぐ道は細い一本道だったのだが、今は高速道路を思わせるような立派な道になっている。地図で見るとバイパスと書いてある。ま、その分、車も増えているってことだろうけど。う~ん、それにしてもバイクが多い。ヘルメットを見ると、文字が書かれているのが多いが、どうやら名前らしい。これって貴重品ってこと?前にも書いたけれど、感心するのは、みんなちゃんとした服装で乗っている。東南アジアではなかなか見ない風景だと思う。すごいな。

ところで、この辺りの太い道は、10年前にはまさに工事の真っ最中だったところなのでは?「あれ、デジャブ??この場所には間違いなく見おぼえが。」っていうか、一度来ているんだからデジャブの訳ないだろ・・・。いや、実は、この場所については当時間違いなく写真に撮った記憶が。比較のために写真を見比べてみよう。
2001年8月                     2012年11月
2001bali0004.jpg _2012bali00270.jpg
2001bali0006.jpg _2012bali00320.jpg
やっぱり絶対ここだよね。特に下側の2枚。この橋の回りの鉄骨と、正面に見える山がすごく印象に残っていたんだ。え、山の大きさがずいぶん違うって?いやいや、これは当時(左)の写真は望遠レンズでやや遠目から、それに対し、今回(右)の写真は広角レンズで橋の近くから撮ったものだからだ。きっと、たぶん、いや、その筈・・・。
こんな発見も旅を楽しくしてくれる。やっぱり、旅はいいな。

_2012bali00330.jpg _2012bali00340.jpg
ちょっと大きめの川を超えると、周りの風景が一気にのどかに。かなり、町から離れてきた証拠。
この先の山の中腹に、バットマンがいるらしいが、バットマンって?
_2012bali00360.jpg
左手に、寺院が見えてきた。どうやらバットマンはここにいるらしいのだが・・・。結局どれがバットマンなんだか???で、帰ってきて、この場所をネットで調べても、有力な情報が無い。いったいここは何処の、なんという場所なんだ?こういう無責任な情報なら、かえって無い方がスッキリする。中途半端はやめてくれ!!う~~。。。色々調べてみたけど、もしかして「ゴアラワ寺院」???なにかスッキリしないな~。

_2012bali00370.jpg
ほ~、中々アクロバティックな。後ろの子が横乗りで、運転している子の肩に載せた長い荷物を支えている。何を運んでいるの?何か長い竹のヘラのような・・・。って、ノーヘルに横乗り?さっきまでの真面目なライダースタイルはどうなったの?どうやらあちらは市街地仕様。実際は何でも有り、こっちが本来のスタイルなんだろう。

_2012bali00390.jpg
これもインドネシアではちょくちょくお目にかかる風景。かなり乱暴だけど、一種の自販機。だって、店は閉まっているもん。屋根付きなのも頷ける。品質と、安全に配慮されている。って、そんなにたいそうなものなのか?もちろんなんだかわかるよね?この色にしても、やっぱりこれはあれだよね。あれ。にしても、これ一本で0.5L~1L位だから、走れるのは10~20kmってところ。何とも言えず面白い。ところ変われば文化も変わる。やっぱり旅っていいな。

_2012bali00400.jpg
このお店、こちらにしては結構立派。いろんなものが置いてある。さしずめ、島の雑貨屋さんっていう感じ。ところで、バリ島では地名なども含め、ほとんどが現地の言葉のまま。ローマ字表記でないとわからない僕にとってはかなり不便。でも、Canonはさすがにわかるし、COPYは完全に英語。ってことは、FOTOはやっぱりPHOTOだよね。何か新鮮。

2001年8月                     2012年11月
2001bali0007.jpg _2012bali00430.jpg
この辺りの道もかなり改善されているけれど、逆に何か寂しさを感じてしまう。人間って、贅沢だ。

_2012bali00480.jpg _2012bali00470.jpg
バリ島には猿が多い。その中でもここは観光地になっているらしい。写真にも結構たくさん写っている。とはいえ、ここの情報はついにネットでは拾えなかった。10年前の記憶にもないな~。

_2012bali00490.jpg
街中のかなり立派な道路。歩道も整備されており、標識もちゃんと立っている。で、この標識、いったい何の標識?後ろには小学生くらいの子供が2人。もしかしてこれってバス停?この絵、何か貨物車みたいだけど、大丈夫?

2001年8月                     2012年11月
2001bali0009.jpg _2012bali00500.jpg
さすがに、ここについてはだれも異論はないでしょう。ほとんど変わっていないね。少しホッとしたよ。
確かこの先は、九十九折れの山道と段々畑で有名な場所。道路の感じはほとんど変わっていないみたいで、記憶と重なる。

2001年8月                     2012年11月
2001bali0010.jpg _2012bali00540.jpg
2001bali0011.jpg _2012bali00530.jpg
それどころか、車の中から写真が撮れる位置って、やっぱり同じなんだね。いや、見事としか言いようがない。

2001年8月                     2012年11月
2001bali0012.jpg _2012bali00560.jpg
この2枚もほとんど同じ場所から撮ったものだと思うけれど、この差は季節の差かな。前回は冬の乾季、今回は夏の雨季。午後になると、雲が多くなるようで、アグン山が隠れてしまった。残念。

_2012bali00580.jpg
とうちゃ~く!!現地時間11時。空港からは3時間30分くらいかな。
さあ、昼飯食ったら行くよ。ちゃっちゃと支度して、GOGO。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。