So-net無料ブログ作成
検索選択

2012/11/23(金) インドネシアバリ島トランバン1日目-1本目沈船 [ダイビング インドネシアバリ島]

2012年11月23日(金) インドネシアバリ島トランバンDiving
1日目1本目(No617) 沈船 13:45-14:48(63min)
  Max.27.1m Av.14.0m 晴れ、流れ 透明度15-20m

今回の一枚はこれ、「シンジュアナゴ」
沈船脇の水深8m程の所。元気よく食事中。詳細はまたあとで・・・。
_121123_152637bali.jpg
カメラ準備良し(これが一番大事)。後は、と、大丈夫だね。車に乗り込み、10年(正確には11年)振りのトランバン。まずは沈船ポイントへ。道路は間違いなく太くなっている。
走ること2分、え、もう到着?近いね。確かクラブハウスがあったはず。あれ、広い駐車場?何か雰囲気がかなり違う。ここでウェットに着替えるらしい。フィンとマスクとカメラだけ持ってあっちへ行けって?
最初に出迎えてくれたのは、彼、
_121123_141722bali.jpg
り、立派。だが、これって野生?野良豚?噂によると、明日の夜は・・・。
そんなはずないよね、「あるわきゃないだろ、そんなこと」

右手に海岸が見える。少し歩くと、砂利の海岸に竹と木で作った見覚えのある台が。でも、こんな場所だったっけ?と辺りを見回すと、左手の先の方に、見覚えのある木が。さびれた塀の脇に数本、確かに生えている。
_010805n_01.jpg
これは当時の沈船ポイント。ほぼ真正面に沈船があり、海水浴場にもなっていた。ダイバーから見ると、海水浴客は何とも珍しい動物に見えることも。いや、中々見とれてしまう場合も・・・。こらこら、そんなことは今関係ないだろ。問題はこの写真の右端の木。これが見えたんだね。
どうやら当時のリゾートはもうなくなって、クブの海岸側に新しくダイビング施設ができたらしい。ということは、ここから沈船までは、この距離を移動して行くってことか。

フィンとマスクだけ持って、ゴロタを歩いて入る。正直に言うと、やっぱりかなり歩きにくく、足もとられて、それなりに痛い思いも・・・。これも年のせい?ばかりとは思いたくないが・・・。
それでも重機材とカメラは自動的(?)に搬入されるんだから、かなり楽ちん。久々の海外ビーチだね。

今回、カメラはマクロセッティング。つまり、ほぼマニュアル。オリンパスの場合、ストロボを強制発光にし、シャッタースピードを制限すると1/180秒に固定できるため、絞り優先でマニュアル操作と同じになる。なぜこんなことをするかというと、1つしかないダイヤルが、こうすると自動的に絞り用になってくれる。細かいなって?そんなことはない、ダイビングを始めて13年、何回潜っても、毎回新しい教訓や思いもよらない新事実が。いつもいつも、落とし穴が沢山。今回だって、何回も落ちるんだよ~orz。
マスクにも新兵器”老眼用アダプター”を装着。さあ、実力は如何に。(ここまで書けば、予想はできると思うが、いやそれ以上に・・・)

何はともあれ出発。ビーチだけにエントリー直後はかなり明るい。水深2m。最初の遭遇は「モンツキハギ」。これだけはっきりと特徴があれば、迷わないで済む。こういう奴が普通に居るんだから、南の島に来たって実感が湧いてくる。
_121123_144203bali.jpg

水深4m。まだまだ明るい。うん、トラギス?ヨツメか?いや、尾鰭が黄色っぽいから、こっちによくいる「イエローテールグラブフィッシュ」辺りみたいだな。どちらにしても普通種だけど、撮るだけ撮っておくか。なんて軽く考えていたが、こういう浅はかな判断で痛い目を見るんだよ。こいつは「ワヌケトラギスの雌」。過去の写真でまともなものもないし、雌に至ってはお初!今回はたまたま撮ったから良いようなものの、過去の反省が活かされていないんじゃ・・・。再確認するよ、”撮れるものは撮る”。大事だね。
_121123_144400bali.jpg

向こうからかっとんで来るのは「クマドリ」。こいつ、あまりまともに撮れた記憶が無いため、見るとつい写真を撮ってしまう。そしてやっぱり、うまく撮れない。今回も全体に露出不足。相性悪いのかな?
_121123_144409bali.jpg _121123_144525bali.jpg
水深10m。徐々に暗くなってきた。いつものサンゴ礁と違い、今回は黒砂の砂地だけに印象的にもかなり暗く、魚が乱舞するという風景もここでは見られない。そんな中、中層で砂底からだいぶ離れてホバリングしている赤い魚が居る。実は、ここ、沈船方向に向かって流れが強い。ハナダイ系でよくこういう風景を見るが、この体型は・・・。なんだ、「ハワイトラギス」か。って、トラギスってこんな泳ぎ方するの?こういうのって、プランクトンを食べる種類が良く撮る行動だよね?そうなんだ、これって新発見か?

さっきちょっと触れたけれど、流れがきついんだよ。今は進行方向なので楽でいいけれど、本当にこのまま調子良く行っちゃっていいの?後が怖いな・・・。不安のせいか、やけに視界がぼやけて・・・。違うだろ、新兵器の誤作動というか、固定が弱くていつの間にかマスクが老眼仕様に。これは邪魔かも・・・。不安の矛先が違っているんじゃないか?それにしても、あまり被写体が見つからない。(実は、この認識は大間違いなのだが、それが解るのはもう少し後。海の中はそんなに薄っぺらいものじゃない、もっともっと深いんだよ。)

水深15m。黄色いちっちゃいのが居る。「クマドリカエルアンコウ」。最近は伊豆でも結構見かけるので、あまり新鮮味はない。ネタとしては、クマドリが赤なら正義の味方、茶色なら妖怪を表すとか。そうは言われても化粧じゃないしね。で、大きさは11mm。適当なことを言うな?なんでそんな正確に長さが分かるかって?まあ、ぶっちゃけ、大体なんだけれど、一応根拠はあるんだよ。今回マクロ設定というか、マジ、超マクロ設定で、小物のマクロの場合、ピントは最近接で固定。つまり、置きピンで撮ったんだ。ということは、同じ条件で定規を撮れば、ドット辺りの長さが確定できるって訳。
_121123_144743bali.jpg _121123_144920bali.jpg
ところで、砂地と言えばハゼ。こちらで最もよく見たのは「オトメハゼ」。いろんな性格の奴がいるから、中には全然引っ込まない強者もいる。お嬢さん、柄は地味だけど中々きれいなお召し物で、写真映えもいいね。
「キツネアマダイ」は、近くに寄れず、まともに撮れなかったので没。

沈船に到着。壁にぶつかるように流れがあるので、ちょっと危険かも。裏に回り込めば大丈夫だね。
水深20m。沈船の周りまでくれば色々な魚が集まってきている。よく見るのが黄色いスズメダイだが、前回来たときは「コガネスズメダイ」だったのに、今回は「ヒマワリスズメダイ」。勝手に名前を変えるとは親不孝者め。って誰が親だ?最近、魚の研究が一気に進んでいることで、分類もどんどん細かくなってきており、この2種は別種とされた。今さらだけれど、初めのころ伊豆で肌色系の大きなスズメダイが居り、お前誰だ?となった。こいつはコガネの成魚だったのだが、おまえ、南の島のと違いすぎだろう、という疑問は昔からあった。大部分の人にはどうでもいいことかもしれないが、熱帯と温帯で同じ魚が居るのは、正確には似たもので本当にそっくり同じとは考えにくいはず。なんせ変温動物なんだから。時期的なものならいざ知らず、ソラスズメダイのようにいつでもいる奴は疑問に思う。で、違いをはっきりさせるために、ヒマワリスズメダイのバッチリ写真を撮っておこうとしたのだが。やばいよ、今回のセッティング、動き回る奴とは相性最悪、ピントが合わずすべて失敗。これだけウンチクたれといて・・・。
_121123_145252bali.jpg 13590709_1811261960_186large.jpg
言い訳するつもりはないが、さっきからちょくちょく視界がぼやける。断じて年のせいではないと言いたいが、やはりかなり影響があるのかも・・・。ほら、また。って、なんのことはない、秘密兵器の動きが軽すぎた。流れのせいもあり、いつの間にかマスクの前に垂れ下がって来ている。そのたびにはっと気が付き上にあげるのだが、いつの間にかまた・・・。やっぱり違う意味で年のせい?結局、一言でいうと邪魔。入って10分もたたず、水中であっさり撤去ということにorz。やっぱり言い訳か。

視界もすっきりしたし、気を取り直して、沈船の脇27m。
橙色のヤギに「クダゴンベ」が2匹。当然撮影会が始まっている。お、そのポーズ良いね、決まってるよ。お兄さん慣れてるね、撮られるの嫌いじゃないんだろう。このくらいの被写体ならバッチリです。初めて宮古で見たときは、その素早さに辟易としたが、最近伊豆やアニラオではそれほど逃げ回られた記憶はない。宮古の時は何か悪い要因があったんだよ、きっと。
_121123_145703bali.jpg

回りを見回せば、「ニセモンツキスズメダイ,ミカヅキツバメウオ,ホシカイワリ,リボンドグラント,ウメイロモドキ」などなど、中層を賑わせている。こういうのもちゃんと撮っておかなくちゃと撮影を試みたが、「スミレナガハナダイ」を見てもわかるように、今回の設定ではこいつらとは相性が悪い。(設定のせいにしちゃっているよ。というか、その場で変えろよ!!)
_121123_145939bali.jpg _121123_150117bali.jpg
いや、だって、ほら「ニチリンダテハゼ」はちゃんと撮れているよ。背鰭が立っていないという苦情は受け付けない。この後の「サクラコシオリエビ」に至っては、マクロには絶好の被写体。もっときれいに撮れている。ほら、カイメンがこんなにきれいに。ところで、肝心の被写体は何処に?え~と、つまり、ロストしちゃったということ(威張れることじゃないだろ)。

まだ今回始まったばかりで、どうにも歯車がかみ合わない。気になることが多すぎて、肝心のところがおろそかになっている。もうそろそろ戻りに入るのに。帰りは沈船の浅い方へ回っていくのだが、当然来た時と逆になる。
水深16m。嫌な予感がする。来た時と逆だよね。やっぱり避けては通れそうにない。徐々に進みにくくなりだした。まだこの辺りは物影があるので、うまく隠れながら行けば、少しは楽に進めるが。
お邪魔しま~す。今日は中々良い流れで、ここは影響が少なくて良いね、「ガラスハゼ」君。偶然とはいえかなりの至近距離。うん、これ位が今回の設定だとジャストフィット。
_121123_151453bali.jpg

少し落ち着いてから行こうかな。「オウゴンニジギンポ」って、色的には好きなんで、見かけると撮りたくなるんだ。ちょっと動きが早いのが難点で、中々きれいに写ってくれないんだけどね。ほら、今回もあっち向いてるし・・・。
そうそう、前回バリのニザダイ類では、ニセカンランハギやクロハギ,オスジクロハギ等々、写りが今一つだったために色々ともめてね、今回はその辺りも考慮してキッチリ撮ったはずなんだけどなあ・・・。この写真、よく見れば眼の後ろと尾鰭付け根に暗色の縦筋があって、「クロモンツキ」だということはわかる。でもね、確実に露出不足だよね。マクロにこだわりすぎて、ストロボの角度を変えるのをさぼっているのが歴然。やばいよ。って、そろそろ進めよ。
_121123_151544bali.jpg _121123_151709bali.jpg

水深13m。だいぶ流れのあたりが強くなってきた。岩の上に居たのは「ベニゴマリュウグウウミウシ」。カメラ測定で6mm程と測れる。こだわりのマクロ設定が生きてくる被写体なのだが、何か釈然としない仕上がり。今一つシャープさに欠ける。最終的には原因はいくつかあるのだが、この時点では、「ちゃんとした画面で見れば、もう少しきれいだよ」と高をくくっており、今回最大の敗因に。あ~、もっと真剣に悩んでおけばよかったのに。
_121123_151956bali.jpg

覚悟を決めて、徐々に頭を出していく。ここが尾根の上にあたる場所なので、流れも半端ない。ちょっと待て、バックしていないか?目いっぱいキックしているんだぞ。確かに、だんだん脚力が衰えてきていることは否定しないが、もう一つ泣き言をいうと、今回はフィンがバンドタイプ。脱着は楽だし、持ち運びもしやすいので決して悪く言うつもりはないが、やはりフルフットに比べると水中では扱いづらい。いつものμと比べると、柔軟性やフィット感に欠け、長さが短いという問題もあり、こういう状況では推進力不足。
こういうときは、魔法のスティックに頼るしかない。万能つんつん棒の出番。匍匐前進で体力温存も大事だよね。余談だけれど、つんつん棒はステンレス製のしっかりしたものが重宝するよ。
_121123_152621bali.jpg
ちょっと見てみろよ、上の方(水深8m)では、「シンジュアナゴ」がこの時とばかりに食事会の最中(トップの写真)。流れが激しいことを物語っている。こういう時なら少しぐらいなら近づいても簡単には引っ込まない・・・はず。ちなみに、遠目ではわかりにくい白色斑点も、近づければ何とか写せる。

_121123_153338bali.jpg _121123_153829bali.jpg
水深は8m。流れがだいぶ収まってきた。場所的に厳しいところを抜けたのか、はたまた潮の満ち干の時間的なものか?とにかく楽になってくれるのは嬉しい。少し落ち着くと、ハゼ類が眼に入ってきた。
まずはネジリンボウ。紅白が眩しい「コトブキテッポウエビ」と同居している。まだ引っ込むなよ、もう少し、あっ・・・。あまり近づけなかったね。写真を確認すると、長い背鰭が垂れ下がっている。「ヒレナガネジリンボウ」だったんだね。そして、定番、ダテハゼ。背鰭の黄色い細点などから、これは「ヒメダテハゼ」君。

_121123_153954bali.jpg
水深は6m。泥の一部が青白く光る。何かいるぞ。長細いウミウシを発見。体の色や筋,触角の色などからタスジミドリガイに近い種であることはわかる。綺麗に輝く青い斑点は、ハナミドリガイでも見られたはず。結局どちらでもなく、というか、両方の親戚である「ツリディラ・バイエリ」に落ち着いた。昔はこの学名、タスジミドリガイやスイートジェリーミドリガイとも混同されていた気がしたが、本当のところはどうなんだろう。

_121123_154153bali.jpg _121123_154241bali.jpg
安全停止からエキジットにかけての水深3-5m。砂地からゴロタ底の辺りだが、結構小さな魚や色々な生物が潜んでいる。スズメダイの幼魚は同じような外観を持つものが多い。尾鰭の付け根の白帯は「メガネスズメダイ」の証。頭部や背鰭が赤色から橙色と赤みが強いのもこいつの特徴。そして、トラギス。この黒い斑紋が交互にあるのは「マダラトラギス」の特徴だ。今までろくな写真が撮れていない珍しい奴だぞ、やったー。確かに、ちゃんとした写真が撮れたことは喜ばしいことなのだが、何か釈然としない。それもそのはず、さっきから同じのがそこらじゅうに居るような・・・、いや、確かに居る。ここじゃ超普通種。今までが気にしなさすぎただけなのか?よっぽどこっちの「インディアンバガボンドバタフライフィッシュ」の方が珍しいのでは?そういう割には写真は失敗しているけど・・・。「カタボシオオモンハゼ」や「ソラスズメダイ」といった普通種は、今さらだね。

_121123_154419bali.jpg
水深3m。もうエキジット寸前。ガイドのコマンが岩の上に小さな黄色いモノを出してくれた。が、う、浮いちゃう。今回1本目のチェックダイブのようなもので、エアが減ってきてこの水深だと沈んでいるのがかなりきつい。岩にしがみつきながら見てみると、どうやらウミコチョウ系のウミウシらしいのだが、かなり小さい。カメラを構える。体がスーッと・・・。いかん、これは撮らねば。最後の意地で逆さまになってカメラを固定。またまた体がスーッて。お~い、何とかしてくれ。結局あまりまともに撮れなかったのが残念。一応「シフォプテロン・クアドリスピノーサム」というキイロウミコチョウの近似種。体長は1.5mm程と本当に小さい。

_121123_155844bali.jpg
エキジット後のお迎えは彼ら。そういえば、以前来た時もニワトリがその辺りをウロウロしていたっけ。チャック項目はいろいろあったけれど、一応無事1本目が終了。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。