So-net無料ブログ作成
検索選択

2012/11/25(日) インドネシアバリ島トランバン3日目-2本目コーラルガーデン [ダイビング インドネシアバリ島]

2012年11月25日(日) インドネシアバリ島トランバンDiving
3日目2本目(No624) コーラルガーデン 10:11-11:10(59min)
 Max.32.0m Av.14.2m 晴れ 透明度15m ボート,流れ

今回のダイビングでは最初で最後のボートダイビング。
何事も経験が大事、インドネシアのボートも一度は経験しないとね。
写真の船が噂のジュクン。幅が狭くて深底で、定員は3名程度。
エントリー後、機材は水面で着ける。上がるときも機材を脱いでから、えいやっとフィンキックの勢いでよじ登る。勢い余って逆側に落ちそうになった人も・・・。
_121125_110146bali.jpg
僕は2回目。以前はもう少し船縁が高いイメージがあったけれど、それほどでもない?あと、最近は小さなラダーもあるらしい。

底が明るい!!ビーチエントリーの時は底が黒砂なので暗いが、今回は白砂のサンゴ地帯。南の島では見慣れた風景なのだが、今回に関してはこっちの方が珍しい?
当然ビーチとは違いカラフル系の魚たちが「いらっしゃいませ~」と・・・。
え、あれ、結局マクロ!?まあ、カメラセッティングがセッティングだから、やっぱりそっち行っちゃうよね。
船の下は水深8m。最初に撮ったのは結局ビーチと同じ「クロメガネスズメダイ」。でもゴロタに居る幼魚に比べれば、こっちの方がちょっとだけ成長している。成長に伴い性格環境も変えていくのが良くわかるよね。
_121125_111057bali.jpg _121125_111206bali.jpg
水深13m。この眼の縁の金色は「ゴールドスペックジョーフィッシュ」の証。写真の青さから近寄れていないことが明白。ここのは結構警戒心が強い?

水深は16mに。砂地に「ミドリリュウグウウミウシ」が落っこちている。ビーチに比べると全体に大柄?というか、大きい奴しか目立たない?隠れるところが多いもんね。
_121125_111332bali.jpg _121125_111725bali.jpg
水深20m。どんどん降りていくよ。またなんか変なのが来たよとでも言いたげに、怪訝な顔でこちらを見上げているのは「ハタタテハゼ」。白っぽい砂地はこいつらにとっては生活しやすい場所のはず。縄張り荒らすんじゃねーよって感じだね。

水深26m。一気に来たね。グレーの長細いのが砂地にニョキニョキ。しかも流れがあるので、さらにグニャグニャ。こういうのって地上で見たらかなり気味悪く感じるんだろうな。
食事中ということで、比較的警戒心は薄れているはずだが、それでも近づくと徐々に手前の奴らから引っ込んでいっちゃう。いつも思うんだけど、何かバカにされているようで気に食わない。最後に頭だけ出してキョロキョロしていたりするのも、妙に腹立たしかったり・・・。
_121125_111951bali.jpg
まあまあ近づけたほうかな。側面の白い斑点列が確認できて「シンジュアナゴ」で大丈夫だと思う。
ふと左の下の方に目線を移すと、あれ、何こいつ?「ヒレナガネジリンボウ」じゃん。シンジュアナゴを撮るのに集中していたら、こんな近くに居るのに気が付かなかったよ。こいつ自体、巣を離れて泳ぎ回っているみたいだし、こっちを気にしていなかった様子だね。
_121125_112037bali.jpg _121125_112051bali.jpg
カシャ!!わお、自分にカメラが向いたらあっという間に消えたぜ。さっきまであんなに無警戒だったのにね。

水深は32m。わ~い、「アケボノハゼ」だ。
ドロップオフの時には、巣に着いたときはオトメハゼに変身?していた(いや、先客が引っ込めた後だった)ので、ここでは初。まだやや遠いね、丁寧に丁寧に・・・。嫌な予感、何か上から大きな影が・・・。
_121125_112307bali.jpg
中々本当にバッチリというのは撮れないもんだね。

水深は一気に上がって21m。もっとも一般的かもしれない「コイボウミウシ」だが、もっとも分類しにくい奴かもしれない。結構色々な種類があるようだけれど、見分ける点が今一つ良くわからず、全てコイボウミウシとしちゃっているからね~orz
_121125_112747bali.jpg _121125_112814bali.jpg
水深20m。何の変哲もない「ヒメダテハゼ」だが、KJが何故か執拗に写真を撮っている。それじゃ僕も一枚、パシャ!!やっぱりヒメダテハゼだよね~。え、そっちが主役じゃないって?し、しまった、あいつか!!
どうやら噂のあいつが居たようなのだが、この写真からは形跡も見当たらない。あっち側に隠れているのかも・・・。いずれにしても注意力不足だ!?

お、このハゼ、背鰭に黒っぽいのが。もしかして噂のスミゾメキヌハダウミウシか?いやいや、こいつは「ツマグロサンカクハゼ」。背鰭の模様はこいつの特徴だよ。甘い甘い、そんなにうまく事は運ばないよ。
_121125_112918bali.jpg _121125_113430bali.jpg
水深15m。淡い色をしたヒトデに同じような色の「ヒトデヤドリエビ」。もちろん隠れるのが目的なのだから、ほぼ同色なのは当たり前なのだが、この色、特に写真が撮りにくい。

水深12m。ジュズエダサンゴの中は、いろんな生物の絶好の隠れ家。特に変わったハゼや甲殻類が居ることも多々ある。従って、あれば覗くのがマクロ好きの性というもの。
「やっぱり、何かハゼみたいなのが居るぞ。比較的大きめかな?あまり動かないね。地味な色だし、ハゼというよりダンゴオコゼっぽいな。まあ、あまり珍しいとは言えないけれど、バリでは初だと思うから撮っておかなきゃ・・・。」などと考えながら撮った写真。奥の方なので、あまり無理をしなかったから今一つの写りは仕方がないよね。
_121125_114044bali.jpg
後日、自宅で写真を修整していたら、「あれ、こいつ、光が当たっていないからやけに黒っぽい?」「まあ、でもダンゴオコゼだからそんなに気にしなくても・・・」「え、何か赤っぽく見えるんだけれど、他の種類っているの?」はい、その通りでした。これは「ワタゲダンゴオコゼ」、初物だよ。ってダメじゃんorz。
こういう見間違いが起こるほど、ここは絶好の隠れ家。大きな「オランウータンクラブ」や「アカツメサンゴヤドカリ」の集団などなど、まだまだ色んな奴が隠れているはず。探しているときりがないから、この辺で。
_121125_114618bali.jpg _121125_114715bali.jpg

ちょっと下の方にまたまた、ニョロニョロ。水深は14mってことは、さっきの奴らとは別の集団。こっちは側面に黒い斑点があるから「チンアナゴ」。水深で棲み分けているようだ。どちらかというとこいつらの方が敏感?引っ込むのが早い気がする。
_121125_114856bali.jpg _121125_115155bali.jpg
カメラの前を青い細いのがチョロチョロ横切る。この感じはクロユリハゼ系。こいつらは集団行動が得意だが、尾っぽの黒班から「オグロクロユリハゼ」の3バカトリオ。撮影してほしいのか、グルグル回って同じところを通過していく。結構撮りやすいシチュエーションなのに、なんか今一。絞りすぎだ、へたくそ!!

水深は引き続き15m。同じく、釈然としない出来の写真。ただでさえ、デジカメで撮るとバックの色がメリハリが無くなるんだから、もう少し考えて撮れよと言いたくなる。自分の腕が悪いってことなんだけどねorz。被写体は、ここでは非常に多い「クビアカハゼ」と「コシジロテッポウエビ」のコラボレーション
_121125_115301bali.jpg _121125_115335bali.jpg
真ん中の奴を狙っていたのだが、むしろ主役は右端の奴?一応3匹とも同じ種類ではないかと考えられ、中央の奴が「アカネハナゴイの雄」なので、後の2匹は雌ではないかと。実は、こいつ、雄ばかりがスポットライトを浴びて、雌はほとんど紹介されず、さらに困ったことに他のハナダイ達とそっくりなんだよね・・・。

小さな透明な魚がチョロチョロしている。赤い点がやけに目に付く。これって「ネオンテンジクダイ」じゃないか?こんなところで?いや待てよ、勝手なイメージでもっと切り立った崖やオーバーハングに居るように思っていたが、あれって水族館で見た印象が強いだけってこと?
_121125_115402bali.jpg _121125_115716bali.jpg
水深は12m。目の前を通り過ぎて行ったのは「ムスメハギ」。実は次の写真と順番が逆になっているので、「キツネアマダイ」を追いかけていた時に目の前を通り過ぎ、つい反応して撮ったもの。なぜかって?この形のカワハギ類って、模様違いで結構いろんな種類が居て、見逃している気がするんだよね。

最後は、今噂に出た「キツネアマダイ」。海底から50cm程のところをフラフラとしているのだが、近づくと逃げて、ちょっと行くと止まる。また近づくと・・・。たまにいるこっちを観察するようなタイプ。どうしてもやや離れた位置からの撮影になるため、光量調整が微妙。今回ただでさえ失敗続きで、こういう被写体が一番ミスが多かったんだよね。
_121125_115709bali.jpg
ついに最後までちゃんと設定を決められなかった・・・。写真的には非常に悔しさが残る一本。あ~あ、自己嫌悪・・・orz

そろそろビーチに到着。すれ違うボートのボートマン同士が大声で何か話している。
突然、ボートに有った木製のラダーを海へ、ポーン!!
え、なんで捨てちゃうの??
近くにボートはいないし、さっきのすれ違ったボートは、もう沖の方をどんどん遠ざかって行ってるし、いったい何が起こった!?
_121125_12.jpg
どうやら、ラダーは数が少なく、使い廻ししているらしいのだが、それこそ捨てちゃったら大変!!
でも全て計算通り(?)、最終的には流れに乗って行き付くらしい。それにしてもかなり大雑把。あまりに自然にごく普通に、なんて大それたことを・・・。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。