So-net無料ブログ作成
検索選択
コンピュータ ブログトップ

フィルムスキャナー Nikon COOLSCANⅡ [コンピュータ]

すべては、先日の白黒写真から始まりました。

我が家には、かなり以前に買った”フィルムスキャナーNikon COOLSCANⅡ”があります。
当然、汎用のフラットヘッドに比べたら比較にならないほど高性能ですが、いかんせん型が古い。
最悪なのはドライバがWinXPに未対応と言う点です。
080621.jpg
試しにアダプテックののSCSIカード(2940J)をXPマシンに入れ認識させたところ、標準ドライバで簡単に認識しました。
これにつなげた内臓のMO(230MB)も標準のドライバで、外付けのフラットヘッドスキャナー(EPSON GT-9500)は新しいドライバで問題なく認識しました(内臓SCSIのターミネーターは動作がおかしいですが・・・)。
しかし、やはり”COOLSCANⅡ”だけは認識してくれません。
値段が半端じゃない(10万円近く)ですから、簡単に買い替えなんぞ出来ません。

そこで考えたのは、専用のWin98マシンを作ると言うことです。
もともと、数台のWin98が稼動しており、そのうちの一台をスキャナ専用にしようと言う作戦です。
SCSIカードは、アダプテック製はすでにXPマシンに組み込んじゃいましたから、もう一枚あるIO-DATAの”SC-UPCIB”というカードを使います。
このカードは昔のNEC製DOS/Vマシン対応と言うちょっと変わったカードで癖があります。

まず初めに、お手製のC800が入ったマシン(これが一番用なしだった)から。
こいつのマザーボードもちょっと癖が強いので心配はしていたのですが・・・、案の定、Matroxのビデオボードとメモリが干渉してしまいました。
仕方なくもう一台のP3-933の方でセッティングすると・・・・・無事終了。
メモリの干渉もありません。
ここから今度は”COOLSCANⅡ”の設定をするのですが、ついでにIO-DATAのHPでSCSIカード用のドライバを確認すると、ありますね(実はここが落とし穴だったりして・・・)。
折角なので、両方ともダウンロードしてインストールすると、無事”COOLSCANⅡ”が起動しました。

あれ、なんか引っかかりますとよね?
ここで、SCSIカードの使用メモリを確認すると、さっきと違う?ってことは、あっちの機械でもちゃんとSCSIドライバを設定すれば動いたのでは?ということです。
もう一度C800のセッティングをやり直すと、ちゃんと動くではないですか。
まったく、早とちりはいけませんよね。

どっちの機械が速いかというと、P3-933の方がCeleron800より速く動くんですよね。
ただ、P3-933の方は他の場所でたまに使っているので入れ替えるのが面倒っていうのがあります。
結果的には、C800を専用マシンにすることにしました。
そういや、120GBのHDDがあるはずなので、アレをこのマシンに付けちゃおっかな。

ノートPC「工人舎製 SA5KX08AL」、買っちゃいました [コンピュータ]

もう一月以上前のことになるのですが、飛行機に乗ってダイビングに行く準備をしていました。
従来、カメラ用のDバックを機内持ち込み用として、カメラ,ハウジング,ライト,ストロボ,その他電池や充電機器等に加え、ノートPCSOTEC社製”WinBook WL7160”というB5+判)を1台入れていました。最近、カメラをコンデジ(C5050)からデジイチ(E410)にバージョンアップした為、ハウジングを含め全体にカメラ関係の荷物が大きくなり、これが入りきりません[もうやだ~(悲しい顔)]
PC03.JPG
そこで考えたのが、”工人舎”から出されている小型PCです。スピードが遅いと苦言を言われているようですが、僕としては省スペースと写真バックアップ及び簡単な通信機能が使えれば良いので、充分検討に値します。
大きさは文句なし、重さも半分、電池の持ちも倍以上、HDDも4倍(80GB)、これで定価が59800円ですから。難を言えば、処理速度が遅い,PCカードスロットが無く通信カードが直接使えないなどですが、この際、先に挙げた4点が重要ですし、問題点は対応方法が無いわけではないので買ってから考えることにしました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

本日の買い物1 パソコン編 [コンピュータ]

先日の写真データをカメラからPCに移したところ・・・。

空き容量 465MB/80GB

え、 1GB以下・・・。まじまずいじゃん。

ついにHDDの増設を計画。
以前のPCはIDEでHDDが割高だったが、今回は昨年導入した新型がある!!
まずはシステム確認。
予想通り、SATAⅡ300が利用可能。
これで大容量HDD(250GB以上)が安く使えるぞ。

早速本日、某有名PC量販店で物色。
内蔵のバルク(SATAⅡ320GB)が9000円位。よしよしいい値段じゃん。
一応外付けも確認・・・。
外付け(USB2,320GB)は8000円強。え、8000円強?????
中身同じなのに外付けのほうが安いじゃん
しかも外付けは20%ポイントバック???
なんじゃこりゃ?

と言うわけで、素直に外付けを買いました。

ついでと言うか、ここ来ると、つい色々買ってしまうというか・・・。
確か、プリンタのUSB切り替え機が不調 → ケーブルが長いんじゃね?短いの買ってく?
一色だけ速く減るんだよな → 一色(ライトマゼンタ)だけ買っとこうかな・・・。
マウスのケーブルがひっかかるんだよね → 強力無線タイプならちょっと位遠くても平気かな。
メモリースティックも有るといいな → 2GBが安くなってるしな
etc.etc.・・・・

し、しまった、電池も買っとけば良かった・・・


何故か長くなる・・・ [コンピュータ]

パソコンが1台増えた。

というか、ちょっとした事情で、1台ネット用が必要になった。
何でもいいので、古いのを使おうと思ったんだが・・・。
Windows98は、7月でウイルスソフトもサポート切れ。
(一部フリーソフトでは、95からサポートしているもの有り)

そこで、中古でも買って済ませようと秋葉へ。
最近は、秋葉にも駐車場が出来、2時間無料になるサービスも。
Vistaが出たおかげで、Xpの新古が安く出てないかとウロウロ。
さすがにまだVistaの安定性には不安が・・・。

しかし、中古でもXpだとそれなり。
結局、新品のeXcomputer辺りで・・・。
それでも、CeleronD352/PC5300DDR-2 512MB/DVD +-RW
電源だって400W、にWindows Xp Home付き。
これで54800円なんだから、下手に作るより安上がり。

HDDも160GB。
WindowsXpも正規のCD版なので、パーティションの切り直しは結構楽だろう。
初めからインストールし直してもいいし、
AcronisのバックアップソフトでDVDにでも落としてから、書き戻す手もある。
実際、Linax用のKnoppix(QTparted)まで用意してみた。
が、取り越し苦労。親切にシステム40GBでパーティションが切ってある。

ところでこいつ、今使っている一番新しい奴より数段性能が良い。
これをネット専用にするなんてもったいない・・・。そこで悪巧みの開始。

今使っているCeleron900(Windows98)とこいつを入れ替えちゃえ。
ここでいくつか問題が。なんせこいつは時代の流れの産物。
MOやスキャナを取り付けるためにSCSIが外と中に配線されてたり、
98用の古いソフトが入ってたり・・・。
こいつら、そのまま移行できるのか?

取り合えずデータをバックアップコピーして。

後はPⅢ933やCeleron800も巻き込んでどれが一番つぶしが利くか。
GWはこれで十分時間がつぶれそう。

そんなこんなで、気がついたらもう夜中の1時半を過ぎた。
でも、まだBackUpやってるし、後30分は終わりそうに無いな~。


コンピュータ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。