So-net無料ブログ作成
検索選択
魚図鑑TOPICS ブログトップ
前の7件 | -

IOPベンケイハゼ物語 [魚図鑑TOPICS]

ある時、ふとしたことからベンケイハゼの棲家を発見しました。

この棲家は、穴の中にまたいくつもの穴があるという、かなり豪華な作りです。
入り口のホール、左右上下に各個室への入り口と、外から見ただけでも5LDK以上は確実です。
ただ、一人でここを占領しているわけではなく同居人(?)も多いようで、ルームシェアリングと経済観念も発達しているようです。

奴の棲家が向かって右の穴で、下がヒメセミエビ、最近上にウツボが間借りを始めたようです。
と思っていたのですが、実は、これ全てが奴の住処のようなのです。

初めの頃は右の穴に逃げ込むところを目撃しました。
しかし、今日は左の穴の中で奴を発見しました。

_081004_125427L.jpg

だいたい、こいつらは向こうを向いたこの態勢か、逆にこちらを向いた下の態勢のどちらかでこちらを窺っています。

_081004_125443L.jpg

今回も、穴の中で方向を変えこちらをジックリと窺っているようです。
と、そのときでした、

続きを読む


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黄金崎・土肥ガンガゼストーリー [魚図鑑TOPICS]

2008/9/13-14 黄金・土肥 3部作第三弾です。

今回は、どちらかと言うと嫌われ者にスポットを当てて見ました。
(他にあまり見る物がなかっただけです・・・)

ガンガゼと言えば、もちろん「ウニ」です。
普段は岩陰に集まってもじもじしているのですが、辺りが暗くなるとうじゃうじゃと出てきます。
近づくと、凶器を振り回して威嚇します。
初めのころは、なんていやな奴らだと毛嫌いしたものです。

でも色々調べてみると、まずは食用になります(食えるとは思わなかった)。
あの威嚇も条件反射で、ただ針を動かしているだけらしいです(伸びるのかと思っていました)。
で、他にも色々面白い(一部の人だけかも)ことが、

1.走ります。
_060505_084922.JPG
この写真は、セブ島のオスロブと言う泥地で撮ったものですが、傾斜の真ん中の何も無いところにガンガゼが集まっています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黄金崎イロケロ劇場 [魚図鑑TOPICS]

2008/9/13-14 黄金・土肥 3部作第二弾です。

今回の主役はイロケロ。
台風13号のうねりが強く入る黄金崎での奮闘記です。


STAGE1 発見

砂地に半分埋まる1本のロープに、代わる代わる人が寄っていきます。
中には、大きなカメラを構えた人も。どうやら目玉が居るようです。
P9132843.JPG
これか?
なんだ?こいつは???

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黄金崎ネジネジ劇場 [魚図鑑TOPICS]

西伊豆安良里黄金崎は、毎年ハゼ天国です。
特に9月以降は擦れまくって、人を全然怖がりません。
これまでにも、カメラを向けると踊りまくる個体もいました。
そんな風景をちょっと追って見ましょう。

お、居ましたよ、ネジリンボウ発見です。
距離は約1.5m。透明度が悪いので画質は今一ですがご了承を。
_080913_112013.jpg

あ、もう一つ、落ちはありません。悪しからず。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

食物連鎖とはいえ・・・ [魚図鑑TOPICS]

図鑑を充実させる為、撮ってきた写真から魚だけをトリミングします。

先日(8/17)の川奈の写真を加工中、こんな写真が・・・
isdi_isidai_080817_093851.jpg
確かに、僕らの目の前で岩を突っつき何かを獲っている様子でした。
その時は特に気にも留めず、「ああ、食事中か」程度でしたし、後で写真を見ても、何か獲ったんだな程度にしか感じていませんでした。

でも、写真を整理するためトリミングして調整していると・・・、

あれ、これ魚の形してないか?


お魚図鑑TOPICS Vol.17 タツノ〇〇〇編(東伊豆川奈) [魚図鑑TOPICS]

17回目は、”2008/06/7”の東伊豆川奈から、タツノ〇〇〇編。
(その日、気になった種類をピックアップ。名前を調べる過程やそれに決めた理由等、個人的に調べたもので、かなりご都合主義なので、必ずしもあっているとは限りません。悪しからず。)

久々、お魚ネタです。
なぜ今頃になって?
実は、ここしばらくお留守になっていた図鑑の整理を始めたところ・・・。

Photo1 クロガネイソギンチャク
_isgt_kurogane.jpg
透明度が悪く、あまり被写体が見つからないため、何気なく撮った一枚です。
問題は右端の赤丸の中、その時は全然分からなかったのですが、なにやら生き物のようなシルエットが・・・。

続きを読む


お魚図鑑TOPICS Vol.16 ムチカラマツ類につく奴ら編(東伊豆IOP) [魚図鑑TOPICS]

伊豆でお魚図鑑新規参入(個人的な初写真)種は難しすぎます。
よって、その日、気になった種類をピックアップ
名前を調べる過程やそれに決めた理由等、個人的に調べたもので、かなりご都合主義なので、必ずしもあっているとは限りません。悪しからず。
16回目は、”2008/06/14”の東伊豆IOPから、ムチカラマツ類につく奴ら編。
今回は甲殻類です。簡単に言えばエビとカニ。だいたいはムチカラマツにしがみついています。

Photo1 ビシャモンエビ 学:Miropandalus hardingi 漢:毘沙門蝦or海老

18883252008/6/14(土) IOPビーチ、クエ穴前で撮影

水深は25m。クエ穴の先の崖の一番下、1本だけ生えた(?)ムチカラマツにペアで。
特徴は、「体は通常緑褐色または淡緑色(宿主の色により変異あり)。」こいつらは緑褐色です。ほとんどがこの色のような気がします。やはり伊豆の海は暗いからでしょうかね。
「頭胸甲から腹にかけ明黄色の帯状斑紋が数個。眼や胸脚、尾扇の周縁は明黄色。」この配色は、緑に明黄色のビラビラがでている宿主への擬態でしょうね。
「頭胸甲と腹節の背面にそれぞれ2大突起。」他の種類と区別する大きな点です。
「雌雄体系に差が大きく通常、雌が大。」この写真では、上に居るのが雌で、下が雄でしょうか?
初めは二匹居ると思わず、この写真は下の奴にピントが合っています。この後撮った写真は、上の奴を撮ってるんですよ。そういや、説明では2匹いるといっていたような・・・。

続きを読む


前の7件 | - 魚図鑑TOPICS ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。