So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

20071013 富戸ヨコバマ [ダイビング 東伊豆]

2007/10/13(土) 富戸ヨコバマビーチダイビング

今日のtopは、富戸の海と温泉丸

今日の一枚はこれ、

”アカホシカクレエビ”

天気は曇りのち晴れとまあまあ、しかし、海はちょっと荒れ模様。
でも、中に入るとそこには別世界が・・・

1本目、波をかいくぐりエントリーすると、久々の透明度。
砂地で、ゴンズイ玉ならぬ、カミナリベラ玉。何やってんの?
フロートのロープ際で、カワハギygがデート中。さらに上るとニジギンポygが。
本当に、見えるっていいな~~~!!!!!

おやおや、これは今年当たり年といわれる、

”セスジミノウミウシ”ではないですか?

砂地には、ダテハゼ、ハナハゼを初め、オニハゼ等々、ハゼが。
”イトマンクロユリハゼ”と思われるペアがホバリング。チャンス!!
が、残念ながら写真はオオボケ、これは手痛いミスかも・・・。
続いて、カイメンの中のタキゲンロクダイyg。こちらもピント合わずor半切れでNG。
見えてても、何にも役に立ってない???

これもピン甘なんだけど・・・、

宿無し”オルトマンワラエビ”。台風9号の後、宿無しが多い。

そしてこれが、台風9号の威力。

水深25m程にあった、2本のトサカ十字の片割れではないかと・・・。
根元部分から剥がれて、水深20mほどの岩の上に。
もう1本は行方知れず?切れ端のようなのはあるんだけど・・・。
カイメンも根こそぎ引きちぎられたようなのが・・・。

岩の間を除きながら徐々に水深を上げると、
岩の間に赤い奴。一瞬オオアカハラを考えたが、ここは水深15m、

これは”ヨコシマカニダマシ”(ヤドカリの仲間)と見るのが妥当。
鋏足もそんな感じだし。。。

お、お、おぉ~、シマキッカイソギンチャクにいるこいつは、最近話題の・・・

”アカホシカクレエビ”。
ここでマクロを使わず何時使う!!

バッチリ!!!結構納得の写真が。(微妙に部分的に隠れるんだよね)

岩下を除く時間が・・・。これじゃ透明度関係ないんじゃ???
コウイカに、ツクワハゼやホシノハゼ、サラサエビとナガサキスズメダイ。
常連さんばかり。
お、ウツボ?小さいのは別種の可能性も・・・。

でもこいつは普通の”ウツボ”。相変わらず写りたがりが・・・。
他にも、イトヒキベラ系の幼魚やミツボシクロスズメダイyg等々。

やっと、ちょっとめずらし目が、

”ミナミハコフグyg”。なんでわざわざこんな目立つ色に???

エキジット付近の海面下に、ナンヨウツバメウオが居ると言う情報が。
が、この揺れでは・・・。

見当たるのは、”カタクチイワシ”とアオリイカの群。
これ以上見てると気分が・・・。

エキジット後、前から来る団体の中に「レガオ」発見。
何時に無く、顔が真剣??もしかして、レスキュー講習??
だからか、見事なレスキュー日和!!(いじめてゴメンネ、冗談だよ)
無事、終了したようで、オメデトウ。次回、是非、上達ぶりを披露に。

天気が今一つで、気温も上がらず、このままでは2本目が・・・。
ここは一つ温泉丸まで・・・。
この道のりさえなければ、さらに快適なんだけど・・・。

ゆっくり温まり、2本目は浅めにテトラ方面へ。

ノドグロベラygを発見。が、ヒラヒラヒラヒラと・・・。
中層を見上げると、
ムレハタタテダイ、マアジ、タカベ等々の群が。
下を見下ろすと、

ここには人の群が・・・。

お、あの魚は?大きな黒斑!!これって・・・

やっぱり、”クロホシフエダイ”?
もっと南方のイメージが強かったのに、伊豆でも普通種なんだ。

テトラ周辺は、群・群・群・・・・・・・・

”マアジ”に

”アカカマス”に

”イサキ”のシャワー
見上げると、そこには、

”タナゴ”の超大群
他にも、カイワレやタカベの群、こいつらを狙ってワラサの群等、大賑わい。
もちろん、クロホシイシモチ等のテンジクダイも沢山。
これこそ透明度upの賜物。「レナωナニ」、ワイドはバッチリ?

戻り道はまたまたマクロへ。
ここでも透明度の恩恵が、少しぐらいなら離れても・・・。
でも、結局は置いていかれるの?

最初は、

”フウライチョウチョウウオyg”。クリーニングされ気持ち良さそう。

次は、これ、

”カザリイソギンチャクエビ”。やや地味だが、これだけ全身が撮れるのは稀。
ここでもマクロの恩恵全開。

そしてこれ、

”スジコウイカ”。半切れだが迫力満点。

さらに、

”イセエビ”でエビに締めくくり?

こいつは?

”テンクロスジギンポ”。
あれ、これって人工の家?瓶が並べてあるぞ。

しっかり入ってるし・・・。

写真はこれで打ち止め、

”ミノカサゴyg”。成魚と違ったスリムな体と、淡い青がポイント?

エキジットは相変わらずカタクチイワシとアオリイカが占領。
ここに来て、海も落ち着き始め、太陽まで顔を出しポカポカと。
きっと、誰かの緊張が取れたから?
(またいじめちゃった?早くこっちにおいで)

最後に、台風の爪跡を。

文字通り、「落石注意」の看板が落石で・・・。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

jyoji-san

海はいいですね・?その向こうに何かがあると思うと希望がわきます。
by jyoji-san (2007-10-15 07:26) 

ryo

>amaguriさん
nice及びコメントありがとうございます。
海、本当に良いですよね。
これは富戸の港を漁協の前から撮った写真です。
右手に見える舟は温泉丸といって、舟に温泉が引いてあります。
奥の堤防の脇の船は、城ヶ崎の遊覧船です。
その向こうにダイビングスポットがあり、これは、そこに潜りに行ったときの写真です。
よろしければ、海の中の写真も楽しんでいってください。
by ryo (2007-10-15 15:11) 

SAKANAKANE

透明度に恵まれたようで、良かったですね。
ヨコシマカニダマシは、見た覚えが有りませんデス。
アカホシカクレエビは、本当にキレイに撮れましたね。ここまで良いと、全身見えていたら完璧だったのにと、更に欲が出てしまいますよね。
このウツボは、コケウツボですよね。
えっ、クロホシフエダイって普通種なんですか?
タナゴの超大群はスゴイですね~。カイワレの群れも、まだ見てない。
カザリイソギンチャクエビは、肉眼でも、こんなにちゃんと見れた事は無いかな。
スジコウイカは、確かに良い感じですね。
最後の写真、これほど説得力の有る「落石注意」の看板もないと思うが、逆に、無くても充分に分かるかな。
by SAKANAKANE (2007-10-16 23:19) 

ryo

>SAKANAKANEさん

私もヨコシマカニダマシは初めてです。いつもオオアカハラばかりで・・・。
ウツボ?コケウツボ?確かに、口の形は閉まらないような・・・。

そうなんです。クロホシフエダイ、実は伊豆でも結構見られるんだそうです。
初め見たとき、え、これって?絶対撮らねば状態。
しかし、よく図鑑を調べてみると、南日本以南。伊豆でも15~20cmクラスは浅瀬でも良く見られるようです。成魚は55cmだから、きっともっと沖ですね。

今回、本当に透明度に恵まれ、テトラ周辺は魚の群だらけ。ワイド派にはまたとない景観でしたね。私の場合はどっちかと言うとマクロ派、景色は目に焼き付けて・・・。

最後の写真、説得力以上に、岩が転がったままというのが・・・。かなり不気味です。
by ryo (2007-10-17 11:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。