So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

20071104 IOP [ダイビング 東伊豆]

2007/11/04(日) IOP(伊豆海洋公園)ビーチダイビング

秋から冬場になり、北東よりの風が増えてきた。
おかげで、西の方は好条件だが、逆に東はつらいことに。
昨日も、朝のうちは良好だったが、午後からは潜水注意。
はたして今日は?

ここは送り出しの入り江。
朝のうちは潜水注意で、左エントリー、右エキジットだったが。
時間がたつにつれ、波の勢いが・・・。
午後には、こちらを使うよう指示も。

本日の一枚はこれ、

なんせ、キビナゴがすごい。

それでは1本目へ

ここ最近、IOPはカエルアンコウフィーバー。
もちろん、これも見ものなのだが、今日はこちらが。

ちょっと分かりにくいが、
見上げる先には、見事なキビナゴ流星群。

この通り、ちょっと半端じゃないぞ。

最近、白クマが黄クマに変身したという情報が。
だが、ちょっと予想外の事態。
今回、5mmツーピースにしたのでウェイトを昨日同様5kgに。
が、IOPのタンク恐るべし、これじゃ重すぎ。
クリーニング中のコブダイを撮ろうとちょっと深めに降りたら、一気にクエ穴まで。
黄クマを通り過ぎちまった・・・。

コブダイも驚いて逃げちゃったし・・・。大ドジ。

気を取り直して、今まで発見できなかった小黒クマへ。

やっと会えた、クマドリカエルアンコウ(小黒)。
今回はこれで良しとしよう。

流れ者も多い。こいつもその一つ。

ツユベラyg。
幼魚はチヤホヤされるが、成魚は・・・。

やや水深を上げ、岩の陰に隠れるこいつに対面。

ベニカエルアンコウ。伊豆では多いやつ。

向こうからゆっくりやって来たのは、

アオヤガラ。全然よける気配なし。

浅目はかなり底揺れ。
岩場に見え隠れするこいつは?
相模湾以南の分布になっているが、大きいのはこちらでは見たことが無い。

ブチススキベラの若魚。

エキジットに近づくと、揺れもさらに・・・。
それでもこいつらは元気。

キビナゴ特急通過?

エキジットは白濁し、ロープも良く見えない。
顔を上げると、エントリー側に流され気味。
根性を入れ直しキック、キック・・・。
ロープ目前まで行ってやっと見え始める。
決して楽なエキジットではないな・・・。

2本目になり、状況は改善されず、満ちた分だけ悪くなってる?
ま、でも入ってしまえば。ウェイトも1kg減らしたし・・・。

かけ上がりから砂地へ。
今話題の、ピンクのオオモンカエルアンコウを。

え、こいつ?
ピンクというかオレンジというか・・・。
確かにちょっと微妙な色。

でもこれって、疑惑の通り、オオモンじゃなくて、イロカエルアンコウ?
かなりぶつぶつが・・・。

正面顔はかなりユニーク。

次は、岩の間にいるこいつ。

ネコザメ。が、ただのネコザメじゃなく大ネコ?
なんせ、頭だけでこの大きさ。
いや、待てよ??ネコザメってもともと頭が大きいんじゃ?

岩の間をフラフラしているこいつは?

シマタレクチベラyg。
さすがにこいつはと思いきや、分布は伊豆半島以南。
こんな奴の成魚、こっちで見たこと無いぞ。

先ほど逃げた奴なのか、はたまた違う奴なのか?
確かに、去年辺りから東伊豆でもよく幼魚が目撃されたが。

IOPは、コブダイだらけ。アオブダイは何処へ?

ここで、この間からの疑問がまた。

これはカミソリウオの若魚?この間のホソフウライとの違いは?

確かに、こっちはカミソリウオのペア。

他にも、

立派なクロスジウミウシや

ハコフグとキンチャクダイの馴れ合いなどなど

最後に今日のメイン、海面を覆う、

キビナゴノ群。

群。

群~。

エキジットは安全を考え、こちら

送り出しの入り江、初体験。
浅瀬に面白そうなものは居ないかと、見ながら来たが、結局収穫なし。
確かにエキジットは楽だが・・・。

後には地獄が・・・。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

和-nagomi

ryoさん、またまたこんばんは。753です (≧▽≦)/
翌日にはI.O.Pですかっ!(`皿´)<じぇらす

このエントリー口はワタシ、知らないです。
結構、I.O.Pには行っているつもりだったんですが、知らないこと多いですねぇ。
もっちゃり群れているキビナゴってきれいですよね。
カエルアンコウズ、どれが“オオモン”でどうだと“イロ”なのかわかりませんっ!
かわいいのはわかりますが。。。Σ( ̄▽ ̄;

エグジット後の階段昇りはグロットみたいですね f^_^;)
ただでさえ、海から上がるとぐったりんぐなのに、これはキビシイ。。。
by 和-nagomi (2007-11-06 20:02) 

ryo

>753さん

写真の入り江は「送り出し」と言います。
エキジット前に、浅瀬で休むのにも使われている場所の奥です。
エントリー口から一山超えた先になります。
入り江なので波が入り込まず、楽にエントリー・エキジットできるのですが・・・。

ここでは階段の写真は一枚だけですが、実はこの写真、向こうから降りて来る場所なんです。
つまり、この前に、ず~~っと登って、登って、回って回って、ここに降りてくるというわけ。エキジット後にはちょっと応えますね。

入り口さえパスできれば、中はカエルアンコウとキビナゴの大フィーバー。
大ネコやカミソリ、これからはウミウシも増えますよね。
来月にはツリーも入るし。まだまだ海シーズンは続きますよ。
by ryo (2007-11-06 21:03) 

SAKANAKANE

黄クマの写真、見たかった・・・。
コブダイ成魚にはビックリ。
黒クマ、良い感じですね。
ブチススキベラは、結構大きかったのかな?
これはやはり、オオモンカエルアンコウでしょう。
この時期に、ネコザメが見られるんですか!?
それにしても、IOPも熱いですね~。
送り出しの入り江、私は何度も経験しています。確かにシンドイ。
by SAKANAKANE (2007-11-08 02:50) 

ryo

>SAKANAKANEさん

黄クマ、あの後潜った人に写真を見せてもらったら本当に黄色くなってました。不思議なもんですね。
このコブダイ、何匹も居るんです。去年やたらに東伊豆でも幼魚を見たので、何でこんな急にと思っていたのですが、これって完全にいついちゃったってことですかね。アオブダイの姿が消えて、かわりにこいつがのさばってました。全体の動物相も変わっちゃうのかな?ちょっと心配です。
ブチススキベラは5cmほどの小さな奴でした。
大ネコザメは、駆け上がりの中に住んでいたボスですね。しばらくどこかに遠征していたようですが、また戻ってきたようです。夏~秋の大勢の人がわずらわしかったのかも・・・。
by ryo (2007-11-09 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。