So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

20071117 土肥通り崎 [ダイビング 西伊豆]

2007/11/17(土) 土肥通り崎ビーチダイビング

今週末は土肥で2ビーチ。
天気も良く、風もほとんど無い、11月としては暖かすぎる1日。
水温も21度と、この時期としては結構高めなのでは?
おかげで、僕らウェット族もまだまだ行ける。
1本目は54分。2本目は66分とユックリ、マッタリダイビング。
ま、多少の誤算はありましたが・・・。

まずは今日の一枚。

”ウミシダヤドリエビ”。
体長1cm未満(7mm程?)、ウミシダに見事に同化。
写真をよーく見ると、どうやら2匹居るようなのだが・・・。

それでは1本目から。

ビーチに着くなり、まず思ったのは、”青い!?”。
いつも上から見ると綺麗でも、中に入ると「えっ」てことが多い土肥。
一説によると、縦長(5m?)のプランクトンが住んでいるとか???
が、今日はちょっと違う?
ステージの上から完全に海底が。
それどころか、泳ぎ回る魚までもがクッキリ。
期待に胸を膨らませ飛び込むと、冷たく無い?
なんか、最高の条件なのでは?「ワクワク・・・」

しかしここは土肥。
やっぱり人災は避けられず、人々の行進の後が・・・。
それでもこれだけ見えてればGOOD。色々探さねば・・・。

さわりは無難なところから、

”ハコフグ”のyoung君。ロープ沿いをウロウロ。

朽ち果てた産卵礁に、羽を広げるのは、

”ミノカサゴ”のyoung。
このくらいの大きさだと、特にハナミノカサゴとの差が小さいので間違え易い。

沈船の奥はこいつらのコロニー。

”クサハゼ”。片っ端から挑戦。
近づくとすぐ引っ込む奴。ちょっと躊躇する奴。図太く居残る奴と性格も色々。

他には常連のこいつ。

”ホシノハゼ”。当たり前すぎて、いつも見逃されてる奴だね。

ここから、周囲に”奴ら”がいないか注意しながら、ケイソンへ移動。
が、居たのはクサハゼとこいつ、

どうやら”イシヨウジ”のようだが・・・、高齢の個体のようで、色がくすんでいる?

実は、深い方ばかり見ていたが、”奴ら”は浅い方にいたらしく、今回は未確認。
ずっとケイソンにいた、ビシャモンエビもさすがに何処かへ・・・。
ウミウシ類の収穫も無く、
この辺に居たというクリアクリーナーシュリンプにも会えずじまい。

あとは、カメラを向けるとすぐ移動するこいつが居たくらい。

”ヨメゴチ”。

フロート周辺や浅瀬を散策するも、特に際立った収穫も無く1本目終了。
ちょっと欲求不満気味?

いくら暖かいといっても、さすがに11月。
休憩の間にお風呂に入って・・・、「え、み、水???」
どうやら誰も気がついていなかったようです・・・。

色々位置を確認し2本目へ。
最初はこいつ?

”マゴチ”。まだ小さめの固体。

続けてこいつ

”トビヌメリ”。

今回は、ケイソン脇のクリアクリーナーシュリンプを確認し、沈船を回って通り崎先端へ回る予定。
結局、初めのクリアクリーナーシュリンプは確認できず沈船へ。

途中。目を凝らして見ていると。見つけた、”奴ら”が3匹。

”イッテンアカタチ”。
この時期になると深場から移動してくる奴ら。
目では確認できるのだが、写真を取れる距離には中々入れてくれない。

沈船へ進み、こちらの奴は1本目に確認済み。

見ての通り、”カミソリウオ”。
こいつもかなりの高齢?全身シミが・・・。

深場は早々に切り上げ、浅場へ。
泥地とゴロタの境目に、こんな奴が。

”トラフカラッパ”。
今まで見たカラッパはみんなメガネカラッパ。こいつは初。

生息水深がやや深めなのか?
じっとして動かないのだが、泥が巻き上がると急に移動開始。

かなり逃げ上手?

ささっと何かが穴へ。
続いて見つけたのはこいつ。

盛んに目を動かし・・・。

ついに現したその全身は?

”マルハナシャコ”。
体は小さいが立派にシャコ。
気をつけないと、きつい一発が?「えい、シャコパ~ンチ!!!」

道草を食いつつ、やっと通り崎先端へ。
この辺りのガンガゼ溜まりにコウワンテグリが出たらしいが・・・。
見つかったのは、まずこいつ。

”セホシサンカクハゼ”。
ここはこいつらの巣でもあるようだ。

ガンガゼの棘に隠れるように、こいつも発見。

”オシャレカクレエビ”。
南の島ではそこら中で見たが、こちらでは初めて。

他にはこんな奴も。

この吻の短さから考えると、”ホソウミヤッコ”では?

残念ながらコウワンテグリは見つからず帰路へ。
ここで、小さな岩に黒に橙のウミシダを発見。
よ~く目を凝らすと・・・。

うん、これは?なにか居るぞ・・・。
で、大きくしたのが今日の一枚。
”ウミシダヤドリエビ”。ラッキー。

ラッパウニの裏側といえば、やっぱりこいつ。

”ゼブラガニ”。こいつは結構大物だね。

大物といえば・・・。

”ヒラメ”。度胸満点。

こんなガンガゼのところでもこいつを発見。

”オシャレカクレエビ”。結構居るんだね。

浅場ではこいつ。

”メガネカラッパ”君。

そしてさらに浅場の常連といえば。

”イソギンポ”。
相変わらずフロートの上がり場にもチョロチョロしてたし・・・。

今日は甲殻類デー?かなり色々見れたのでは。
そのわりに写真が今一なのが心残り。
次回は、もう少し満足できる写真が撮りたいな。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

和-nagomi

ryoさん、こんばんは。753です m(_ _)m
土肥って西伊豆ですよね?
ワタシはずいぶん前に一度だけボートで潜った事があります。
確かビミョウな時期だったのに“マトゥダイ”(※ネイティブっぽい発音で)
が出て、大喜びしたのが印象に残っています☆

『トラフカラッパ』ってカニですか?
こういうのは見たこと無いですっ!
『マルハナシャコ』は見事なアハ体験です(@_@)
シャコパンチって痛いんですか?
ハサミ持ちの生物には手を出しませんけど、パンチされちゃったらよけないと。。。
『オシャレカクレエビ』なかなかいなせな名前ですね (*^_^*)
久しぶりに見ました『ゼブラガニ』っ!







それにしても“カニ”の美味しい季節ですよね(<食うな)
by 和-nagomi (2007-11-19 20:48) 

ryo

753さん、いらっしゃいませ。
そう、西伊豆の土肥なんです。
研修施設があり、設備は良いんですが・・・。
ビーチは泥々です。すぐに舞い上がり視界が・・・。
湾の奥の奥にあるので、悪天候にはめっぽう強いです。

初めのころは、ここは嫌で嫌で・・・。
ですが最近は、他では見れないレア物や、
浅めで範囲が狭いのでユックリマッタリダイビング。
最近はかなりお気に入りです。

今回も、甲殻類が目白押し?
まずはカニ。
トラフカラッパは初,メガネカラッパ,ゼブラガニ・・・。
続いてエビ。
ウミシダヤドリエビ,オシャレカクレエビ。
さらにはシャコ。
お初のマルハナシャコ。
こいつは小型なのでそれほどでもないですが、
モンハナシャコやトラフシャコ、ハナシャコなどの大型種のパンチは・・・。
カメラのレンズを割られた人も。

あとはハゼも変わったのが。
結局はかなりマニアックということなのですが。

あ、そうそう、
エントリーのフロートのハシゴに、以前から籠がぶら下がっているのですが、今まであまり気にしていなかったんです。

今回、ふと見ると・・・。
よだれが出そうなものが沢山。
そこら辺から赤い脚が・・・。
by ryo (2007-11-19 22:38) 

SAKANAKANE

クサハゼは、とてもキレイですね。
ホシノハゼ、ちょっと色合いが珍しい気も・・・。
イシヨウジは、この写真だけではハッキリしませんが、別種かも知れませんね。
お風呂って、えっ、水!?誰も気付かないって・・・?
イッテンアカタチ、お目にかかりたい。
カラッパも、ナゼかまるで縁が無い。図鑑のトラフカラッパとは、随分違って見えますが、バリエーション?
マルハナシャコも、知りませんでした。
コウワンテグリは、残念でしたね。
それにしても、本当にマクロ天国で、やはり是非行ってみたいですね。でもメンバーでかなり左右されそう・・・。
by SAKANAKANE (2007-11-24 23:23) 

ryo

>SAKANAKANEさん、こんばんは。

お風呂がって話は、休憩時間に入って温まろうとしたら水だったんですよ。
フロントに言ったら、「えっ」て飛んでいきました。
帰りはちゃんとお湯がはってあったので一安心。

ホシノハゼ、イシヨウジは私も水中では違って見えたんですけどね。
結局、ホシノハゼはまだ小さい個体。
イシヨウジについては、他に該当種がない消去法で、まだ他種の可能性も残ってはいるんですが・・・。

イッテンアカタチは毎年寒くなると水深20m程に上がってきます。
遠くからは確認できるんですが、警戒心が強くてナカナカ・・・。

カラッパはメガネカラッパが多いですね。ここの所見るのはまだ若い固体で小さめ。トラフの模様が違って見えるのは、きっとまだ模様が出きってないからだと思います。メガネカラッパなんか、小さいのは模様無しですからね。ま、こいつらは普段は砂の中、ちょうど出てきたところに出くわすと見れます。居ることは居る筈なんですけどね。

マルハナシャコは僕も初めて。大きくならないらしいです。
土肥のビーチは狭くて浅い為、じっくり探し物が出来るんで面白いんですが、一般的にはあまり人気がありませんね。ビーチまで車で送迎とかちょっと面倒な面もありますしね。ビーチは講習場所っていうのが一般的な見方ですし・・・。
by ryo (2007-11-25 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。