So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2008/9/27(土) 海洋公園ダイビングVol.1 [ダイビング 東伊豆]

2008/9/27(土)は、東伊豆海洋公園で2ビーチダイビングです。

前日は強い西風が吹き、波も無く潮も入れ替わって透明度が上がったと言うので、期待大でしたが・・・。
夜から強い北東風が吹き、透明度がDOWN。気温も21℃と一気に低下。
さらに、風波がこれからの時期のIOPらしさを演出していました。

1本目は潮が引ききっていたので、カメラを守りつつ匍匐前進でエントリー。
中は濁りが入り、揺れもあるため、あまりいい条件とはいえませんね。
特に浅場でマクロは厳しい状況です。
そこで、今日は、お魚たちの生活をクローズアップ。
ってそんな大それたものではなく、トリミング無しの映像でも見てみようかと・・・。
一応、写真をクリックすると大きくなるものは用意しておきますね。

Photo1 ベニカエルアンコウ[Antennarius nummifer]の居る風景
_080927_094839.jpg
1の根のトップ付近、水深10m程のところですね。
大体この辺のカイメン周辺はベニケロが多いところです。
やはり潮当たりがよいので、餌が獲り易いんでしょうかね。
こいつはベニケロとしては珍しく、カイメンの上に乗り出しちゃってます。

Photo2 岩の裂け目
_080927_094937.jpg
ウニが隠れ、サラサエビが群れている普通の光景です。
ミサキウバウオがチョロチョロしていましたが、ライトが当たらず写真は撮れませんでした。
良く見ると、ヨコシマカニダマシのようなやつが、サラサエビの後ろに居ますね。

Photo3 キンギョハナダイ[Pseudanthias aquamipinnis]
_080927_095247-kingyo.jpg
親子カメラ(前ブログ参照)の子カメラ(Wide用)で撮影。でもこの透明度じゃね~。
キンギョハナダイが結構きれいに群れていたんですよ。下の方にタカノハダイも写っていますね。

Photo4 ネンブツダイ[Apogon semilineatus]
_080927_095445-nenbutu.jpg
1の根の先端、水深20m超での写真です。
ネンブツダイに混じってスズメダイも見えますが、この透明度に加え暗さもあり、ワイドにはきつい条件です。
子カメラデビューにはかなり厳しい条件でした。

Photo5 コガネスズメダイyg[Chromis analis]の居る風景
_080927_095526.jpg
別に伊豆で珍しい魚というわけではないのですが、幼魚は可愛いのでつい撮ってしまいます。
よく、ウミウチワなどの周りを泳いでいますよね。
今回はたまたま離れて泳ぎだしたので、バックを黒く抜くことが出来たのですが、いかんせん動きが・・・。
中々いい角度で治まってくれませんでした。

Photo6 マツカサウオyg[Monocentris japonica]の居る風景
_080927_100145.jpg
一時は2匹居たのですが、一匹は何処かへ行ってしまいましたね。
こちらは小さい方で、崖の中腹にある亀裂の中に棲み付いています。
以前より慣れてきたのでしょうか、明かりを当てても引っ込まずに悠々と泳いでいます。
そういえば、右上の端っこに、イソカサゴがへばり付いてますね。

Photo7 ツムブリ[Elagatis bipinnulata]の居る風景
_080927_100213.jpg
マツカサウオを撮っていると、後ろの方を高速で通り過ぎる魚が居ます。
透明度が悪いので、ハッキリ確認できる距離までは寄って来てくれないのですが、2匹ペアで結構なスピードです。
直感的にツムブリを連想したのですが、「はたしてこの辺に居るのか?」という疑問もありました。
だめもとで撮ってみた写真を加工してみると・・・。やはりツムブリですよね、ねっ、ねっ。

Photo8 シズミイソコケギンポ?[Neoclinus chihiroe]の居る風景
_080927_100422.jpg
水深27m、こんな深いところにコケギンポが?
全身が出ているコケギンポが珍しいとはいえませんが、この深さは・・・。
もしかしたら、シズミイソコケギンポ?初物?
背鰭第1,2棘間の黒点、眼上皮弁は樹枝状に3本、胸鰭基部中央に小黒点。あるぞ!!
問題は、このシルエット写真?何故こんな写真に???
そういえば、Tさんが目の前に居たような・・・。
Tさんのストロボってスレーブ発光?反応窓って前にあったっけ?
わ~~!!!だれか、まともに撮れた写真を下さい!!!

Photo9 ヒメセミエビ[Scyllarus cultrifer]の居る風景
_080927_100601.jpg
いつもの場所です。かなり深めです。
最初、ここでベンケイハゼを見つけたのですが、最近はすぐに逃げられます。
初めのうちは結構顔を出してくれたのですが、このところ用心深くなっちゃったみたいです。
代わりと言っちゃ何ですが、ここにはヒメセミエビも棲んでいます。
こいつは簡単には逃げないので、写真が撮れます。
あれ、右上の縞々模様って?
なんだよ~、ベンケイハゼ出てきてるんじゃん。

Photo10 コクテンベンケイハゼ[Priolepis sp.]の居る風景
_080927_100703.jpg
壁に沿って上がっていくと、おや、白い筋のある物体が動きましたよ。
こんなところでベンケイハゼ発見です。この辺りには沢山居るみたいですね。
岩の間に逃げ込んだのですが、初めは頭隠して尻隠さず状態。これはコクテンベンケイハゼのようです。
しばらくすると方向を変えてこの写真の状態に。
これ以上は近づけませんでしたが、何とか写りましたね。(さらに寄ったら引っ込みました)

Photo11 サメジマオトメウミウシ[Dermatobranchus striatellus]の居る風景
_080927_100842.jpg
さっきの場所を真っ直ぐ上がってくると、棚の上に必ずこいつらが居ます。
ここがコロニーになっているようです。写真でも左の方にもう1匹写っているのが分かると思います。
毎回同じ固体であるわけは無いと思うので、それだけ沢山居るってことでしょうね。

Photo12 カザリイソギンチャクエビ[Periclimenes ornatus]の居る風景
_080927_101342.jpg
初めに言い訳しちゃいます。
ここって、1の根の上でもろに揺れてます。
ハッキリ言って体を固定するのに一苦労。
したがって、写真はこの程度です。
とてもマクロフィルターを付けて撮ろうなんて、する気になれませんでしたよ・・・。

Photo13 カミナリベラ[Stethojulis interrupta terina]の居る風景
_080927_101508.jpg
ここ最近は、こいつを砂地で見ることが多かったのですが、やはりこいつはこっちの方(岩場)が合ってますよね。
相変らず動きが早いので、写真はこんな程度です(言い訳ばっかりですね)。
ピントが下の岩に合ってますもんね。

Photo14 キビレヘビギンポ[Enneapterygius senoui]の居る風景
_080927_101712.jpg
最近(2005年6月)に、標準和名「キビレヘビギンポ」として記載されたそうです。
以前は尻鰭が黄色いヘビギンポとして”ヘビギンポsp”の名前で紹介されていたそうで、僕はそんなことも知らずに、「その辺に居るのはヘビギンポかヒメギンポで、あまり撮っても面白く無い」とずっとパスしていました。
今回たまたま出かける前にネットでこの名前を見て、こんなの居るのか?と思っていたので、いつもと雰囲気の違うこいつに出会って写真を撮ってきました。
ですから、写真を確認し、ネットをちゃんと調べて初めてこいつが別種だと気付いたわけです。
もう一枚の写真に、この種の名前の元となった黄色い臀鰭が確認できました。
良く見ると、普通のヘビギンポに比べると尾鰭の色も、頭部に青い模様が入るのも違いますよね。

水深5m程の場所は結構揺れています。
安全停止をしながら色々探すのですがあまり落ち着けないですね。
ウミウシのような違うような小さい生物を見つけたのですが、まともに写りませんでした。
もう一つ、イナヅマベラの若魚と思える奴にも遭遇しましたが、こいつは大ブレ。
まだまだ修行が足りないってことですかね。



nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 5

risingmoon

コンディションの悪い中でも押さえるところはしっかり押さえてますね~!

シズミイソコケギンポ初めて名前を聞きました。伊豆でもあまり見られない種類なのでしょうか? 写真残念でしたね>< 
ベンケイハゼも探すと見つからないのに、けどちゃっかり写っていたりして(笑)
個人的には小さめのマツカサウオに目がハートです♪

by risingmoon (2008-09-29 15:54) 

ryo

>risingmoonさん

コケギンポには遺伝子を調べると3種類あるんだそうです。
普通のコケギンポとアライソコケギンポ,シズミイソコケギンポに分類されるそうですが、外観は酷似していて見分け方も良く分かっていないようです。
一応シズミは口の中が黄色いということで、八丈では水深3m辺りから見られるそうですが、中には黄色くないのも居るという噂が。
今回は発見場所があまりに深いのでシズミの容疑(?)がかかっています。でもIOPですから、浅場から転げ落ちたとか言う落ちがあるかも・・・。

以前富戸でエビを撮ったつもりが、ミサキスジハゼが写っていたり、ベンケイハゼ(こちらは頭が切れていました)が写っていたりと、確かに予想外のところに現れる奴らですよね。

大き目のマツカサは今週はもう居ませんでした。この小さいマツカサも何時まで居て楽しませてくれるでしょうか?
by ryo (2008-09-29 17:13) 

雨の弓

海に慣れていない私に目には、お魚ちゃんたちが
海底の模様に同化して見えないことも、しばしば。。
これが自然界の景色なんですね
by 雨の弓 (2008-09-29 18:57) 

ryo

>雨の弓さん

魚たちは生きることに必死ですから、本当に上手に環境に順応します。それぞれの魚の居る環境や性質を知ってくると、段々見えるようになるんですよね。
僕も初めのころは大きい魚以外は見つけることも見ることも出来ませんでした。今もまだまだ勉強不足で、潜るたびに新しい発見があります。

by ryo (2008-09-29 22:38) 

ryo

>keisukeさん

ご訪問,nice、ありがとうございます。
by ryo (2008-10-05 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。