So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2009/11/14(土) 石垣島ダイビング旅行1日目 Vol.1 [ダイビング 沖縄]

今日14(土)から16(月)まで、1年ぶりに沖縄方面へ[飛行機]
今回は5年ぶり、2度目の石垣島。

天気予報は生憎の雨模様[雨]
しかし、そこはきっちり、3日とも必要なときは太陽をGET[晴れ]

宿泊は高級ホテル、海も地上も暖かく、毎日豪勢な夕食と、思い切り堪能[わーい(嬉しい顔)]

北風が強く、マンタこそ見られなかったが、綺麗な海でマクロ三昧。言うこと無し[手(チョキ)]

それではまずは1本目、ポイントは”宮良沖の根”
やっぱり透明度が良い暖かい海は最高
_0000.jpg
透明度は良いものの、やや底揺れもあり、中々ピントが合わない[ふらふら]
もちろん、被写体が小さいってこともあるけど[サーチ(調べる)]
ハナミドリガイは、あまりのブレにNG

こちらウミシダヤドリエビは、なんとか見られるかな?
ウミシダの大きさを考えれば、おのずと大きさも予測が・・・。
_0001.jpg

こちらはスズメダイの種類が多い。にしてもこいつは偶然。
岩陰から現れたので、とりあえず写したのだが、ヒレグロスズメダイ。
今までにもあまり撮った記憶が無い。普段表に出てこない?
_0002.jpg

マルスズメダイやミナミハタタテダイ等、常連は置いておいて、
やはり、どうしても小さい奴に執着?言わずと知れたイロブダイyg。
幼魚と成魚が極端に違うのも多い中、こいつは代表格。
_0003.jpg

ところで、今回、ワイド用にコンデジを新調。こういう写真はマクロ一眼にはきつい。
イロブダイygの写真を撮るCoCo arita。
_0004.jpg

クロメガネスズメダイygとイシガキカエルウオのコラボ
つい撮ってしまうフエヤッコダイ。実は、オオフエヤッコダイを撮りたくて、こいつを見るとつい・・・。
メガネクロハギとナミダクロハギの違いは眼の下の白斑が決め手。今回はどうやらナミダの方。

見事にウミシダに擬態していたコマチコシオリエビ。
_0005.jpg

こいつらは、かなり賑やかでやたら目に付く。つい撮っちゃうんだよね。
横縞のニシキヤッコ。
_0006.jpg
縦縞のニジハギ
_0007.jpg
そして、細かい横縞のヤマブキベラ。奇抜な色だが普通種。
_0008.jpg

今回の目玉はこいつ、トウモンウミコチョウ。こいつもかなりのマクロ。
_0009.jpg

トウモンウミコチョウで苦戦したあとだったのでやや大きく感じたサキシマミノウミウシ(でもピンは今一)
_0010.jpg

その他、スミツキベラ,フチドリスズメダイ等
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。