So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2010/01/20 東京タワー水族館 [水族館]

今年もこの時期がやって来ました。

海に行くには寒い(単にナンジャクなだけ[もうやだ~(悲しい顔)]
といって、何か写真を撮りたい[カメラ]

と言うことで、今年度水族館シリーズ第一弾は東京タワー。
002.jpg

この水族館、噂によると、もともとは熱帯魚販売店だったとか。
と言うか、今も販売しているという変り種[がく~(落胆した顔)]
そのせいなのでしょう、淡水魚が多く、種類も半端じゃない。
001.jpg

はっきりいって、名前調べや整理は重労働[ふらふら]
しかも撮り損ね多数。絶対に撮り直しに行く必要が・・・。

地下鉄神谷町の駅を出て左へ進む。
道路を挟んだ向い側に、ビルに鋏まれた「八幡神社」。都心らしいといえば都心らしいが・・・。
そして、左へ曲がると、上り坂。ここは「永井坂」というらしい。正面に東京タワーが見えてくる。
_100120_131208aq.jpg _100120_131431aq.jpg

結局、午前中から入って、タワーが明るく輝く時間まで入り浸った割には、今一つ満足行かない結果となったが、まあ、次回リベンジの機会を作ったということで。

まず、入り口で入場料1000円を払い、中へ入ると右手に爬虫類・両生類コーナー。
小さな水槽が並べられ、イモリやカエルが並ぶ。
_100120_132509aq.jpg
見ると噂どおり、水槽には”イベリアトゲイモリ ¥1,200”の文字。
隣は”アカハライモリ 山口県産 ¥1000”,”沖縄シリケンイモリ 1匹¥700”。
確かに売ってる[シャープダイヤル]

入り口左手は、小型熱帯魚コーナー。
ネオンテトラやグッピーは比較的なじみがあるが、やはりかなり専門的。
101.jpg
え、これ、ピラルク???小さいのはこんなのなんだ。
101_piraruku_100120_134345aq.jpg

正面の水槽は海水魚。ナポレオンやヒフキアイゴ、イセゴイなどが泳いでいる。
ここからは海水魚コーナー。
まずは3連水槽。手前から奥へ行くほど、汽水域に近づくようになっているらしい。
102.jpg
一番手前がアカマツカサやヒフキアイゴで完全な海水魚。
真ん中が浜辺などごく浅場にいるフグ類。
一番奥は汽水域に住むミドリフグやテッポウウオ、そして写真のサウスアメリカンシャーク等。
102_south-usa-sf_100120_135952aq.jpg

海水魚ゾーンでは、周囲の水槽には小型魚や、逆に大型のウツボ等。
103.jpg
真ん中の長い水槽にはサラサハタやウツボ類。
103_.jpg

ここからは淡水魚ゾーン。
初めは南北アメリカゾーン。言わずと知れたアマゾン川が中心。
と、その前に、境目にこんなオブジェ。東京タワーinエンジェルフィッシュ。
104.jpg

南北アメリカゾーン左手は海水魚ゾーンと同じ作り。
105.jpg
周囲の水槽には、左から人食い魚として有名な”ジャウー”。
105_jahu_100120_144843aq.jpg
そして、中型シクリッド類や、これまた有名な各種ピラニア。
ちょっと変り種ではデンキウナギも展示。
中央水槽には、中型のナマズやカラシン類が入れられている。

周囲の水槽は右へ進むとフラミンゴシクリッド。
106.jpg
そして、ガー類。
ここにはマンファリと呼ばれる稀種もいる。
106_cuban_100120_152718aq.jpg

南北アメリカの最後はやや大型のコロソマやボドワードというナマズ等。
107.jpg

次はヨーロッパ・アフリカゾーン。
108.jpg

ここも入り口にオブジェ?ミドリフグとヒメツバメウオが泳ぐ。
109.jpg

入って右手の水槽には肺魚類がウジャウジャと入る水槽が。
中に1匹、特に大きく目立つのがブロッチド・スネークヘッド”Congo Snakehead”。
109_congo-snakehead_100120_153608aq.jpg

オブジェ奥の水槽には、モルミルス類や小型のナマズ類が。
110.jpg

その先は小型シクリッド海の水槽になる。
111.jpg
かなりの種類のカラフルな魚がいる。
111_p-fenestratus_100120_160634aq.jpg

左側には何故か神社。
112.jpg
おみくじが引けるようになっている。

この並びはまたまた古代魚。アフリカ肺魚と古代フグのムブ。

最後は、アジア・オセアニアゾーンへ。
中央の水槽には大型のスネークヘッドやバガリウス。
113.jpg

入り口は、キッシンググラミーやガラなど小型系と中型のスネークヘッド。
その次にナイルパーチ、サーモンキャットなどやや大型魚の水槽。
114.jpg

古代魚、ポリプテルスの水槽やアロワナ,ナイフフィッシュ等アロワナ目が並ぶ。
115.jpg

左は各種スネークヘッドやバラムンディ等。
正面は小型魚、コンゴテトラやバルブ系、ローチ系やラスボラ等。
右はやや大型のコイ科。
116.jpg

これはドワーフスネークヘッド。
114_dwarf-snakehead_100120_162951aq.jpg

コイ科の小型魚、レッドテイルブラックシャーク。
116_redtail-blackshark_100120_164440aq.jpg

最後の部屋は休憩室兼用?水槽の間に自販機が。
ここの水槽には、ナイルパーチやダトニオ等、やや大型魚。
117.jpg

こんな奴も、アジアアロワナ(スーパーレッド)。¥2,500,000也。
117_ajia_100120_170646aq.jpg

こちらは休憩スペース。
左は中国系、正面はチョーザメ等、右は金魚。
118.jpg

中国系にはパーカーホ(上)やjコクレン。
118_kokuren_100120_171104aq.jpg

そして鯉が泳ぐ庭園で行き止まり。
119.jpg

詳細はHPの水族館ページに掲載予定(現在製作中)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。