So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2011/8/12-17 レンベへの旅2日目2(ダイビング2本目) [ダイビング インドネシアレンベ]

2011/8/12-17は、インドネシアのレンベ。マクロ三昧ダイビング12部作予定。

2日目(8/13土) ダイビング2本目 AER PRANG2(水温27℃,Max23m,62分)

予定では”NUDI FALLS”というポイントだったが、すでに先客がいたため急遽ポイント変更。
2本目も最初の写真は名物タコ。通称”ココナッツオクトパス”だが、和名は”メジロダコ”。初めは何の気なしにタコがいると撮った写真。あまり意識していなかったので、設定も適当でOVER気味なのが悔やまれる。
_110813_122643lmb-uw.jpg
現地では、自分の住処としてココナッツの殻を持ち歩くことで有名なのだが、日本では二枚貝の殻を持ち歩くそうだ。和名は、目の下が白いことから。実は、撮っているときはこのタコだとは気が付かなかったんだ[あせあせ(飛び散る汗)]

インドネシアやマレーシアではテンジクダイの種類が非常に多い。似たようなのも多数居て、分類も今一つこんがらがっているようだ。
_110813_120331lmb-uw.jpg
特にこの配色は曲者。モルッカンかモルッセン、ハイフィン辺りが怪しいんだが、ここは保留。

二匹ペアで泳いでいた。ちょっと見ソウシハギかと思ったのだが、やや寸詰まりだし青系の配色が見られない。このあたりのカワハギも似たようなのが多い。
_110813_120420lmb-uw.jpg
体表の黒点が気になり、写真判定で”コクテンハギ”にしてみた。ということは初物。

この顔の出し方はウミヘビ。派手な模様は”イレズミウミヘビ”。
_110813_120534lmb-uw.jpg
ピン甘。動かないんだから、もう少ししっかり撮れば良いのに。って他人事か?

「お客さん、いい品ありますぜ」。この手の使い方は、かなり商売上手?
_110813_120922lmb-uw.jpg
”オドリカクレエビ”。バックの珊瑚にこのレンズの凄さが表れている気がする。

ピンクの”イロカエルアンコウ”。今回の目的ネタの中にカエルアンコウも数種居るのだが、もっと毛深いはず。文句言うんなら撮るなって?
_110813_121111lmb-uw.jpg

コショウダイ系の幼魚は尻振りダンスが得意。小さいほど動きが激しい。チョウチョウコショウダイやアジアコショウダイの幼魚はよく見るが、こいつは配色が違う。
_110813_121209lmb-uw.jpg
実は”コロダイ”の幼魚。伊豆でも見慣れている魚の割には、このステージにはなかなかお目にかからない。というか、気にしていないだけ?

最近、きれいなものは素直に撮ろうと思っている。ホヤ類も中々侮れない。
_110813_121303lmb-uw.jpg
こいつはワモンツツボヤの親戚で”クラベリナ・ロブスタ”に近い配色。まあ、同じってことにしておこう。

”ハナツノハギ”。以前セブで一度見かけたが、あの時はすぐに逃げられてピンボケ。ここでは結構頻繁に見つかった。場所の問題か、それとも時期の問題なのか?
_110813_121530lmb-uw.jpg

砂地にこいつは付き物。”ミナミホタテウミヘビ”。”オドリカクレエビ”がクリーニングに精を出す。
_110813_122046lmb-uw.jpg
同じようなシチュエーションでダークショルダースネークイールというウミヘビが居るらしい。頭部の背面やや後方に黒い横帯があるのだが、砂から出てこないと見えない。ネットではこれと似たような写真の魚をダークショルダーとして紹介しているものも多く見る。だが、全身が出ている写真の魚を見る限り、頭部がもっと寸詰まりでイメージも異なるので、今のところこいつはミナミホタテだと信じているのだが・・・。

”ミヤコイシモチ”は、背鰭の形と黒白の線に特徴がある。
_110813_124350lmb-uw.jpg
あまり大きくなったのは見た記憶がないのだが、6cm位にはなるというので他の奴と勘違いしているのかも。

”ヒレグロコショウダイ”の幼魚。一瞬ダイダイコショウダイかもと思ったが、奴は胸鰭まで橙色。ダイダイだったら初物だったのにな~。
_110813_124451lmb-uw.jpg

”キスジキュウセン”,”タカサゴヒメジ”,”ホシカイワリ”。こういった砂地や藻場は伊豆と似ているので、魚も同じような種類が見られる。中には似て非なるものもたまにいるから、十分チェックが必要。
_110813_124953lmb-uw.jpg

ミツボシクロスズメダイ,デバスズメダイ,ミスジリュウキュウスズメダイ,フタスジリュウキュウスズメダイ
_110813_125323lmb-uw.jpg
南方では見慣れた風景。サンゴに集まるスズメダイ常連組も健在。

”トウアカクマノミ近似種(インドネシア型)”。体色がやや黒く、体側の帯が体を巻くように入る。
_110813_130028lmb-uw.jpg
セバエアネモネフィッシュに酷似し、外観からでは違いが判らないらしい。

”ホルトハウシシュリンプ”。てっきりアカホシカクレエビだと思っていたのだが、
_110813_130139lmb-uw.jpg
第3腹節の背面の模様が「白いブーメラン様形状の上部側に黄色赤色の順に縁取りがあり、下部側には赤いライン」となっていて別種。調べると、以前リロアンで撮ったのもこっちだった。

他にも、キリンミノカサゴ,ブラックバンデッドデモイゼル,ヒトスジタマガシラ,ワカヨウジ,ムカデミノウミウシ,ムラサメハゼ,ツノダシ,イボハタゴイソギンチャク等。
2本目もかなりの収穫なのだが、実は、この後さらにすごいことに。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。